ZOZOSUITの普及と一般化で「ビジネススーツ業界」に革命を!

ZOZOTOWNは
ZOZOSUITを活用してスーツ業界に革命を起こせるか?

「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは、プライベートブランド「ZOZO」の商品ラインアップを拡充すると発表した!

7月3日、初のフォーマル商品となるメンズの「ビジネススーツ」と「ドレスシャツ」のセット(2万4800円、以下税込/期間限定価格)などを発売する予定だ。

新商品のビジネススーツは、ウール生地を使用。柄とカラーは無地(ブラック、ダークネイビー、チャコールグレー)、へリンボーン(ネイビー、ダークネイビー、ライトグレー、チャコールグレー)を用意しているそうです。

14色展開のドレスシャツは、首や肩、胸囲、袖丈、袖口、着丈、手首に加え、襟の大きさや高さ、ポケットの大きさ、位置などをなんとミリ単位で調整できる!

 

ミリ単位でシャツのサイズを調整できるなんて、フルオーダーでシャツを作る時と同じですね。

 

ZOZOSUITと言えば、その未来的な見た目と自分のサイズを詳しく知ることができるという話題性から予約が殺到した、計測スーツだ!

そんなZOZOSUITですが、僕自身も去年の夏前くらいに注文している。

当時は、ZOZOSUITを着れば全身のサイズがわかる!と書いてあり、装着した際のZOZOSUITの伸縮度合いでサイズを瞬時に測るシステムになっていると書いてあったので

なんて未来的な服なんだ!と感動して「ポチった」記憶があります。

 

実際には、待てど暮らせどZOZOSUITは配送されませんでした。

どうやら、予約が殺到し生産数が追いつかないらしいです。笑

そりゃ予約殺到しますよね。あんな画期的なZOZOSUITが無料配布ですもん笑

大量生産が追いつかないため、4月末、ZOZOSUITの仕様を全身にドット状のマーカーを施し、スマホのカメラで採寸する方式へと変更した。旧型と比べてよりコストを抑え、今期(2018年4月~19年3月)に600万~1000万着のZOZOSUITを無料配布するとの方針を打ち出した。

仕様が変更しても、計測は問題なくできるのでしょうが

個人的には、カメラで採寸だと近未来感が薄くなったなぁと少しガッカリしています笑

 

webとカスタムオーダーのビジネススーツ

皆さんは、スーツってどこで買いますか?

AOYAMAですか?

スーツファクトリーですか?

青木ですか?

セレクトショップですか?

スーツを買うのは大体リアルの店舗で買うことが多いと思います。

 

スーツに関しては、特にサイズ感が重要ですよね!

詳しいサイズがよくわからないので、店舗に足を運ぶ人が多いと思います。

 

そんなあなたにオススメの
「ZOZO」ブランドのビジネススーツ!

お店に行かなければ、細かいサイズがわからないのでネットで買うのは避けていたスーツ。

昔から、ネット上でもスーツはたくさん売っていたと思います。

しかし、ネット上でスーツを買うにしても詳細のサイズがわからないし

そもそも、自分の身体の詳細なサイズがわかりませんよね?

 

だから、皆さんスーツはリアルのお店で買っていたと思います。

 

 

もし、ネットで自分にサイズのあったスーツが買えるとしたら?

しかし、ZOZOSUITとZOZOブランドのビジネススーツを組み合わせることで

ZOZOSUITが一瞬で自分のサイズを測ってくれるので、サイズ感に関してはお店で買うのと同じ安心を感じることができると思います!

 

初めは、ネットでスーツを買うことに抵抗がある方も多いと思う

しかし、時代の流れに乗っていければZOZOSUIT×ZOZOブランドスーツは爆発的なヒットになるのかもしれない。

そのためには、インフルエンサーを是非とも活用して広めていきたいところですね!