スポンサーリンク
スポンサーリンク

EXILE中尾翔太さんを苦しめた若年性の胃がんの原因とは?予防策は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

EXILE中尾翔太さんを苦しめた
若年性の胃がんの原因とは?

一般的に、胃がんに罹りやすくなるのは、50歳くらいからと言われています。
ただし、中尾翔太さんのように若年の人が、胃がんに罹ることもあります。若年で発症する胃がんは、若年性胃がんと呼ばれています。若年性胃がんは、なんと女性に比較的多く発症する事が知られています。

若年性胃がんの患者の男女比は、男性1に対して、女性が1.9です。

男性:女性=1:1.9

普通の胃がんでは、男性が女性の2倍とされているので若年性の胃がんとは対称的ですね。

若年性胃がんの原因ってなんでしょうか?食事とストレスでしょうか?
早い段階で気づくことは、可能なのだろうか。

若年性胃がんには、ピロリ菌はあまり関係ない?

実は、胃がんの発生率には、地域差がある事が知られています。
国内で胃がんの発生が多いのは、東北と北陸地方の日本海側と言われています。

いずれも、塩分の摂取量が多いと見られる地域ですよね!
世界的に見ると、胃がん患者が少ないのは、欧米やオセアニアです。これらの地域は、塩分の摂取量が少ないとされています。

普通の胃がんの原因として、よく指摘されるのは、塩分の過剰摂取です。

メンタル的なストレスも、原因と考えられています。偏った食事やメンタル的なストレスも胃酸を過剰に放出し胃粘膜を傷つけてしまいます。胃粘膜の細胞が傷ついて、修復が追いつかないと、胃がんになる可能性が高くなります。

また、胃がんのリスクとしてよく『ピロリ菌』が挙げられますよね。

しかし、若年性胃がんにおいてはあまり関係がないと考えられています。

たとえ、腸内洗浄をしてピロリ菌を死滅させても若年性胃がんのリスクは無くならないとのことです。

若年性胃がんは女性ホルモンと関係する?
初期症状は胃の鈍い痛み?!

若年性胃がんは、20~40代の女性に多いとされていますが
実際のところ若年性胃がんの原因は、究明中です。

現在、若年性胃がんの発症と関係があると考えられているのは、女性ホルモンです。
若年性胃がんの細胞は、女性ホルモンのエストロゲンをキャッチする機能を持っていることが分かっています。
また、他の考え方としては遺伝子自体の変化が起きているとも考えられています。

若年性胃がんの初期症状は?

みぞおちが重い感じ、胃もたれ、食事量の減少、胃の鈍い痛みなどです。特徴的なのは、断片的な胃の鈍い痛みです。ごく初期には、食後に痛みを感じますが、だんだんと空腹時や平常時にも痛みを感じるようになってくるそうです。

胃がんにより、胃自体の柔軟性が失われていきます。

胃〜食道〜喉〜首〜頭と人間の体は繋がっているので、胃の柔軟性が失われることで喉のつまり感や首や肩の凝りなどが見られてもおかしくはないですよね。
ちなみに、食べすぎた翌日に首や肩が凝るのも体が繋がっているからなのです。

がんを予防するには?

中尾翔太さんのように、がんを患い若くして亡くなる方は非常に多くなってきました。

がん細胞は、若い人の方が活性化され転移する速度が早いためです。

市川海老蔵の妻である、小林麻央さんも若くしてがんでお亡くなりになりましたよね。

近年増えている『がん』、最近の研究によると

あなたの『腸内環境』の影響を大きく受けています

一説によると
遺伝により病気に罹る確率よりも、腸内環境によって病気に罹る確率の方が数百倍も高いとの研究も見られているくらいです。

現在の日本人の腸内環境は、世界の民族の中でダントツで劣悪な環境と言われています。

それは、食生活の変化や積極的に毒素を摂取しているからと考えられています。

日本で食べる食べ物はどれも美味しいですよね?

なぜ、北海道でも沖縄でもコンビニやチェーン店で食べる食べ物は基本的には全て同じ味がするのでしょうか。

僕ら日本人は自然にある食べ物よりも、人工的に作られた生成物がふんだんに振り掛けられ加工された食品をたくさん食べているのです。

そう!添加物まみれの。

コンビニ弁当や菓子パンがそうですよね!
確かに、美味しく感じますよね。不思議なくらいに。
食品メーカーは僕たちが好む味を知っているのです。研究しているんです。

でも、僕たちも好きですよね?なるべく安くて、早くて、簡単で、美味しいものが。

巷に溢れる炭酸飲料も?!

もし、添加物を入れて味を調整しなければ炭酸飲料は甘すぎてとても飲めません。

炭酸の抜けたコーラがめっちゃ甘い!ってのは感じたことありませんか?

食品メーカーはあの手この手を使って、僕たちが好む味を作り出し、また飲みたいと思わせて依存させるような商品を作ります。

リピート客が増えれば売り上げも上がります!

他にも、戦後の日本は和食だったので大人たちにはパン食が馴染んでいませんでした。

全くパンは売れません。小麦も売れません。

そこでまずは、学校給食にパンを導入しました。

子供のうちからパンに慣れさせていき、その子が大人になった時パン食の文化が浸透していくようにと。

パンを食べるのが当たり前になるように。

そうして、今や『朝はパン!パンパパン』が普通になりました。

こうして、僕たちの『食』は徐々に変化していっています。

添加物が悪いとか、パンが悪いとかそんな話ではなく

それを摂取することで、どんな影響が身体に起こるのかを知った上で食べて欲しいのです。

「知らないから食べていたけど、知ってたらなるべく食べないようにしていた!」

なんてことがなくなればいいなと思います。
なんとなく選ぶのではなく、意識して選ぶ姿勢が自分の健康を作るのではないでしょうか。

添加物に関しては、過去の記事をご参照ください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする