こんにちは、EA専業トレーダーの田原です。

今回は、web3.0やそれに関連する仮想通貨銘柄について解説していこうと思います。

最近では、「NFT」「DeFi」「metaverse」「web3.0」など、新しいワードが出てきてますが、web3.0に関して言うと..

田原
マーケティング用語になってない?

 

って印象を個人的には感じてます。

例えば、「web3.0関連の銘柄で億万長者になる!」とか、「web3.0関連の企業やサービスが伸びる!」とか、マーケティングっぽいんですよね..

まぁ、これが悪いとは思わないけど、言葉として流行りすぎると、

黒い人
web3.0ダヨ、モウカルヨ。

 

みたいな人が増えていくので、自分の資産を溶かしてしまう情弱が増えるのも事実です。

情弱として狩られないためにも、この記事ではweb3.0やそれに関連する仮想通貨銘柄への考え方について解説していくので、最後まで読んで防御力を高めてください。

ってことで、

田原
れっつごー!

web3.0とは?【仮想通貨のためだけの技術ではない】

web3.0を理解するためには、それまでのwebの流れを掴んでおくと効率が良いので、「web1.0→web2.0→web3.0」と歴史を見ていきましょう。

 

web1.0とは?
軍事利用されていたポケット通信が民間に降りてきたフェーズで、現代のように双方向性のコミュニケーションはできませんでした。
簡単に言うと、テレビやラジオのように発信者側が一方的に情報を発信し、受信者側はそれを受け取ることしかできない状態です。通信速度も遅いので、文字ベースの発信がメインで利用してる人も少なかったようです。(パソコンオタクだけ)

 

web2.0とは?
ネットの高速化により、誰もが気軽にインターネットを利用するようになり、双方向性のコミュニケーションも可能になったのがweb2.0です。
また、YouTubeやSNSの発達により、誰もが気軽に発信できるようになったことで、『1億総発信時代』という世界に突入しました。
ただ、便利になった反面、GAFAなどの企業を代表するように1つの巨人企業によって中央集権的な状態になり、個人情報の乱用や漏洩、脆弱なセキュリティなどの問題も発生しています。

 

web3.0とは?
ブロックチェーン技術を生かし、web2.0の問題点であった「特定企業へのデータの集中」を解決することを目的としています。簡単に言えば、インターネットの民主化です。
また、web3.0に移行することで、巨大企業による手数料の搾取や個人情報などのセキュリティ面の問題もクリアになると言われています。
ただ、巨大企業に僕らの個人データが集積されないということは、web3.0の世界では『自己責任』がより強くなることも予想されます。パスワードを忘れたらアウトですよ。

 

ざっくり書くとこんな感じです。

社会変化と絡めて理解しやすいように『信用』という視点で考えてみると、近代以降は「政府の制度による一方向性の支配」への信用でしたが..

次第に、「GAFAなどの有用なプラットフォーム」に対する信用で、中央集権的だが国の制度などのように絶対的ではないものに移りました。(今の社会はここ)

これからは、誰でも閲覧可能で改変できないプロトコル(コード)に対する信用に移り変わっていき、信用の最小単位が小さくなっていくことが予想されるわけです。

田原
web3.0的なる社会ですね。

 

分かりやすいように、もうちょっと身近な表現をすると..

web1.0は相手の顔が直接見えるから信用できる世界観でしたが、web2.0ではGAFAなどの巨大企業が仲介することによって、顔が見えない相手を信用できるようになったわけです。

そして、ブロックチェーンの登場によって信用を担保する要素が巨大企業からプロトコル(コード)にシフトする方向に進んでいます。web3.0の世界観ですね。

まぁ、web3.0と聞くと、ブロックチェーンの技術や仮想通貨の話題が多いので..

あなた
儲かるweb3.0のコインを教えてくれ!

 

って盲目になってる人がいますが、web3.0は仮想通貨のためだけに存在するのではないので、web2.0の問題を解決するための技術や社会への影響などを考慮すると儲かりますね。

シンプルに考えると、web2.0時代のどんな問題を解決するのか?という視点を持つと、次に投資すべきコインが見えてくるとも言えます。

田原
今伸びてるモノより、技術的に重宝されるモノを狙おう。

web3.0の仮想通貨銘柄は稼げるのか?

さて、ここからが本題で、「web3.0の仮想通貨銘柄が稼げるのか?」ってことなんですが、

田原
ほとんどの仮想通貨がweb3.0じゃね?

 

って僕は思うんですよね。

だって、

 

・分散型(中央集権ではない)で、
・ブロックチェーンの思想を持っており、
・自由にデータの送受信や検証ができる
etc..

 

ということを踏まえると、広い意味では全ての仮想通貨がweb3.0銘柄になると思うんですよね。

例えば、

・BTCは中央集権化せずに価値を送受信できる
・NFTは中央集権化せずにトークンを送受信できる
・DeFiは中央集権化せずに金融サービスを利用できる
etc..

ってことを考えたら、

田原
仮想通貨って全部web3.0じゃん!

 

ってなるでしょ?

それに、World FinTech Festival in Singapore で使われたweb3.0に関する画像を見れば、僕が言ってる意味が分かるはず↓

 

World FinTech Festival(引用:World FinTech Festival)

 

中央のweb2.0に仮想通貨が含まれなくて、一番右のweb3.0に仮想通貨が含まれてるってことは、僕の理屈がハズレてないってことだよね。

ただ、web3.0の仮想通貨という括りがあるのも事実なので、Coin marketCapでweb3.0銘柄として扱われてるコインも紹介しておきます↓

 

 

詳しくはこちらへ

≫ web3.0銘柄?のまとめ

 

こうやってweb3.0銘柄として括られてるページを見ると、冒頭で言ったweb3.0がマーケティングになってるってのを実感しますね。

まぁ、投資なんて自己責任だし、自分が好きなものに投資すれば良いと思うけど、僕が言いたかったのは..

田原
販売者側のweb3.0という用語に惑わされるな!

 

ってことです。

仮想通貨は全部がweb3.0なんだから、マーケティングとしての「web3.0」ではなく、コア技術の有用性で判断していけば、爆益コインを掴むことができるはずです。

ちなみに、通貨の歴史と絡めて分散化と中央集権の概念を考えると何かが見えてきますよ。オススメです。

通貨の歴史はこっちで解説↓

≫ 仮想通貨になぜ価値があるのか?【通貨の歴史から考える】

 

あっ、そうそう。

まだ仮想通貨の口座を持ってない人は、今のうちに国内口座を開設して仮想通貨に慣れておきましょう。

≫コインチェックで口座開設

 

以下、コインチェックのオススメポイントです↓

※ 取り扱い通貨数が一番多い

※ 取引手数料は無料

※ 松田翔太のCMが最高すぎた(これがデカいw)

松田翔太
国内口座を開設してないと儲かっても換金できないよ。

web3.0をブラウザで体験?【企業の進む先はDAOなのか】

さて、web3.0や仮想通貨銘柄について色々と書いてきましたが、

あなた
結局、web3.0のサービスって何なの?

 

という人のために、気軽にweb3.0を体験できるブラウザを紹介しておきます。

web3.0がブラウザで体験できるBrave【本質的にweb3.0なのかは微妙】

まぁ、ぶっちゃけ言うと、

田原
これはweb3.0の本質なのだろうか..

 

って感じてるんだけど、web3.0っぽいモノであれば簡単に体験できるので試してみてください↓

≫ Brave(検索ブラウザ)

 

一応、Braveについて簡単に説明しておきます。

 

Braveとは?

BRAVEは広告をブロックする機能が搭載され、プライバシーを保護してくれるwebブラウザです。

半ば強制的に広告を閲覧させられる現状を問題視し、WEB広告を表示させるかどうかは利用者が選択できるようにしているサービスです。

Braveで広告表示を許可した場合、ユーザーが視聴した広告の数に応じて仮想通貨のBATが支払われます(BATは国内取引所にも上場してます)

 

広告が表示されてるコンテンツ提供者だけでなく、広告を見た人自身にも報酬が支払われるのはイメージしにくいと思うけど、

田原
自分の行動履歴という個人情報に報酬が支払われてる

 

って解釈すれば今はOKかな。

まぁ、これだとweb3.0の思想は感じにくいから、本当ならDeFiの運用をして欲しいんだけど、ある程度の知識が必要になるので割愛します。

※ 興味ある人はググってみて。

それと、前々から「web3.0を本質的に提供してるサービスってあんの?」って思ってたんだけど、僕が大好きなイカれ小僧のElon Muskがこんなこと言ってたよ↓

 

田原
俺の直感も冴えてるやん。笑

 

web3.0の未来【企業の進む先はDAOなのか?】

で、web3.0と企業(組織)について考えてみると..

これからの企業が進む方向としては、分散主義が加速していくことで組織はDAOという形態に向かっていくと思うんだけど、日本だと受け入れられにくいですね..

DAOの場合は、各個人が自分をモチベートして自律的にプロジェクトを進めていく形になるので、完全なる実力主義の世界です。

つまり、雑魚は死にます、老害も死にます、無能な既得権益も死にます。グッバーイですね。

こうやって聞くと、

あなた
荒廃しすぎて北斗の拳やんけ..

 

って感じるかもしれないけど、

おそらく、『日本的なる生産性の低いゾンビ組織』『DAO的なる生産性の高い遊牧民的な組織』に分岐していく感じだと思います。(収入格差は凄そうだね)

ただ、DAOの組織作りを考えると、最初から完全なDAOになるわけじゃなくて、DAOを目指していく形になると思うけど、働き方が変わっていくのは面白そうですね。

まぁ、僕は投資で儲かってるのでDAO的に働くかは知らんけど、

田原
数年後は、曜日ごとに色々な仕事をやる人が増えるかもね。

 

なので、もし今の段階で..

あなた
同じ仕事しかやってないし、実力も不十分だなぁ..

 

と感じているのであれば、

・実力をつけるために努力する
・投資して経済自由人になる
・諦めてオワコン人生を過ごす
 etc..

など、自分が望む未来を目指しましょう。

あなたの人生はあなたのモノだし、どれを選ぼうが自由なので好きなルートを選んでくださいね。

 

まぁ、使い古された表現だけど..

今この瞬間が、あなたの人生で一番フレッシュです。若くてエネルギーに溢れてます。ピチピチです。

どれだけ願おうが、明日になれば24時間だけ老けるわけです。

あなたに望む未来があるのであれば、今この瞬間から行動しましょう。

田原
明日を変えたいなら今を変えるしかないぜ!

 

まとめ

今回は、web3.0と仮想通貨銘柄について解説してきました。

このブログでは色々な案件の実態を調べてるんだけど、僕がブログを書くきっかけになったのが..

読者さん
〇〇〇に投資したんですけど大丈夫でしょうか?

 

って感じのお悩みメールなんですよね。

僕自身が、中卒で学歴ゼロの人間(詳しくはこちら)なので偉そうなことは言えないけど、お金に余裕がないと冷静な判断ができなくなるのは理解できます。

田原
頭がモヤっとするやつだよね。

 

なので、もし今のあなたがお金がなくて冷静さを失ってるなら、僕が実際に稼いでるEAを使って経済的な不安から解放されてください↓

≫ コロナ禍の2021年でも絶好調なEAを紹介します

 

参考までに、僕が運用してるEAの実績を載せておきます↓

 

 

このEAは2020年の9月から運用してるので、もっと長期の運用実績を見たい人はこちらへ。

≫ 詳しい運用実績はこちら

 

田原
かなり優秀なEAですよ〜!

 

 

P.S.

僕は、複数のEAやMAM、暗号通貨で月収が20倍くらいになったので、

去年からは稼いだ資金を使って、

・FXのEA、
・暗号通貨のEA、
・オンラインカジノのEA
・バイナリーのEA
etc..

など、色々なEAを試しています(ただの実験台ですw)

もちろん、

田原
使ってみたらクソだった..

 

なんてこともありますが、

逆に、「使ってみたらマジで高性能なEAだった!」というパターンも割とあります。

まぁ、こんな感じで堅実に稼いでくれるEAを見つけて、さらに資金を投下して収入の柱を増やしていくと、気づいたら月収が20倍になるわけです。

ちなみに、

田原
複数のEA(MAM)に投資した方が低リスクで稼げます。

 

それと、僕が紹介してるEAに関しては、

・完全無料でEAを使える
・レスポンスの早いサポートが無料で使える
・1000人規模のコミュニティも付いてる

など、サポートが手厚いのでFXやEAの初心者にもオススメです。

まぁ、もしかしたら、

あなた
なんで無料で使えるの?

 

とか思うかもしれませんが、

ここに関しては下の記事で詳しく説明してるので読んでみてください。

≫ コロナ禍の2021年でも絶好調なEAを紹介します

 

結局、「何をやるか?」は自分で決めたら良いと思うけど、『稼げる案件』と『稼げない案件』は明確に分かれているので、冷静に判断してくださいね!

それと、問い合わせが多いから一応書いておくと、投資よりブログ(アフィリエイト)で稼ぎたい人は、こちらを覗いてみてください↓

≫ XM Affiliate Strategy Group

 

それじゃあ、

田原
楽しい投資ライフを!