西日本豪雨で岡山のプラモの聖地が浸水!10万点のコレクションが水没で1億円の被害

プラモの聖地が浸水!10万点のコレクションが水没...

現在でも、西日本豪雨の被害はまだまだ続いている

実は、こんな所にも、被害が出ていた!

岡山の倉敷にある『プラモの聖地』と呼ばれるプラモ店エラヤの水没だ!

 

実はこのエラヤ、プラモデルのコレクター界では有名なお店で、プラモデル愛好家の俳優、石坂浩二さんも過去に訪れているという。

今回の水害で、被害総額はなんと1億円にものぼるという...

 

 

水没したプラモデルってどうなる?

僕はプラモデルについて、詳しくないので洗えばなんとかなると思っていましたが

プラモデルの愛好家たちは箱のまま飾っておくそうで、今回の豪雨による浸水で箱は使い物にならなくなってしまったので、その分商品価値はかなり落ちてしまうそうです。

できることは、中身を洗ってネットに出品すること程度だ。

エラヤの店主が、長い時間をかけて集めた1万点のプラモデルのコレクションがたった1回の豪雨によって、全て水の泡になってしまうなんて....
僕が店主なら辛い!辛すぎる!

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのSNSでもエラヤの店主を心配する声が多数挙がっている。

中には、エラヤの廃業を心配する声も聞かれる

 

エラヤはそれだけたくさんの人に愛されているお店なんですね!
単純に、プラモデルがたくさんあるからではなく、エラヤの店主の人柄があるからこそ、これだけ多くの人の声を集めているのでしょう。

プラモデルコレクター石坂さんは?

俳優の石坂浩二さんも、ニュースで水害の報道をみて「エラヤの場所が頭に浮かび悲しくなりました。あんなにたくさんのプラモデルが水没してしまうなんて残念です」と悔やんでいる。

SNS上や著明人から再開を望む声は多いが、エラヤの店主は「ありがたいけど、今はまだなんとも考えられない」と話している。

西日本豪雨の復興には、斎藤工などたくさんのボランティアが手伝っているが、エラヤはボランティアなどは受け付けていないという。

 

店主の思い入れの詰まった、プラモデルのコレクションだ!
自身の手で1万点を1点1点、全てを確認しながら復興していきたいのだと思う。

 

今後は、無事なものは綺麗にしてネットで販売する可能性はあるが、それも来年以降の話であり、今は見守っていて欲しいと話している。

 

プラモデルは、水没してしまいましたがエラヤは店主が無事であれば、また復活できると思います!今は店主が無事だったことに感謝してエラヤの復活を気長に待ちましょう!