【新時代の税金】2018年7月1日にSNS税が施行?!インスタやツイッターが危ない・・・

【衝撃の徴収】2018年7月1日にSNS税が施行された

聞いたことありますか?

 

SNS税って。

 

日本も毎年税金が上がっていますが、SNS税はもちろん日本ではないですよ。

 

SNS税とは、ウガンダで導入された新たな法律なんです

SNS税は、2018年7月1日に施行され、金額は1日200ウガンダ・シリング

これは日本円で約5.7円となる。

対象のサービスは、FacebookやTwitter、Instagram、Skypeなどで、ソーシャルメディアやモバイル決済を利用する場合に税金が発生するそうだ。

 

日本の物価はウガンダの約4.3倍と言われているので

もし、日本でウガンダのSNS税が施行されたら、SNSを利用すると1日24円程度かかる計算になりますね!

 

うーん... 嫌ですね笑

 

SNS税が施行されたウガンダ国民は。

「朝起きたら、WhatsappにもMessengerにもメッセージきてないし、Twitterにもログインできなくて変だと思った」
「通信業者に連絡しようとしたとこで、今日が2018年7月1日だったと思い出した。大統領令でSNS勢が導入される日だった」

などの声が多数聞かれているようです。

 

SNS税とは、すごい時代がやってきましたね笑

もし日本でSNS税が施行されたら、国民だけでなく通信事業の企業などから大きな反発が起こりそうですね。

 

おそらく日本では、ウガンダのようにSNS税が施行されることはないとは思いますが、

国民に気づかれないレベルでの細かな税金はたくさん存在しています。

 

大々的に発表すると反発されるので、官僚たちが上手く隠しています。

 

もしかしたら
うまいこと隠されてSNS税的な税金が施行される可能性はあるかもしれないですね・・・

 

税金など様々なジャンルを勉強することで、仕掛けられる側から脱失しましょう!