TBS社長が謝罪!何があった?

TBS佐々木卓社長(58)が7/4、都内の同局で謝罪会見を行った。

バラエティー番組「水曜日のダウンタウン」の連れ去りドッキリ企画で、男性が車に拉致される場面を見た通行人から110番通報が相次ぎ、警視庁渋谷署から厳重注意を受けていた。

TBS社長は、水曜日のダウンタウンの企画であった、連れ去りドッキリに対し「率直に申し訳ない」「警察や関係の皆さんに大変ご迷惑をかけ、申し訳なかった」と謝罪した。

渋谷警察署によると、5月下旬の午後7時すぎ、渋谷区のJR恵比寿駅周辺で「男の人が車に押し込まれて連れ去られた」と110番が相次いだとのことだ。

水曜日のダウンタウンは、攻めた企画の番組ゆえという考え方もあるが、TBSの社長は「おもしろいかおもしろくないか以前の問題が今回はあった。警察にご迷惑をかけ、一般の方に勘違いをさせてしまった。攻めたからそうなったという以前の問題であり、現場には徹底するように指示した」と話していた。

ちなみに、連れ去り企画の放送は見送りになりそうだ。

 

誰が拉致された?いつ?

事件”が起きたのは、5月22日午後7時過ぎ。

人々でにぎわうJR恵比寿駅前で、コロチキのナダルが車に押し込まれた。

持ちネタの「やっべぇぞ」も言えない緊迫した様子に、周囲にいた人たちが相次いで「男の人が連れ去られた」と110番した。

そんな状況なら、誰でも通報しますよね...

 

今後、テレビ局としてはコロチキのナダルに対して『ドッキリ』を仕掛けていくには

なかなか勇気がいるのではないでしょうか?

 

ドッキリを仕掛けられ、通報されて、自分の意志とは関係ないところで

『ドッキリ仕掛けにくい芸人』になってしまったナダルは損な役回りだ。

 

 

TBS社長の考えとしては

6月末付で新社長に就任したTBS社長の佐々木氏はこの日が初の会見だった。

会見では「責任と挑戦」を所信に掲げた。サッカーW杯日本代表の各試合が深夜でも40%台の高視聴率を記録したことに触れ「これだけ多くの人が集中してコンテンツを見るのはテレビだけだとしみじみと思った。それだけ大きな責任があるメディアだとあらためて感じた」

また「受け身ではなく、こちらから仕掛けるチャレンジの心を持ってコンテンツ作りをしたい」と話していた。

 

 

 

水曜日のダウンタウンの企画って

「家に帰ったら人がいる」「ツイッターで誰かに付けられてる」など

なかなか刺激的な企画が多く、反響や批判も多いことが予想されますが個人的には最近のバラエティの中では攻撃的で素直にめちゃ笑えると思っています。

 

ネット動画を少し編集して、ワイプで芸能人の顔入れて垂れ流して満足してる
「クソつまんないバラエティ」よりもずっといいと思います。

 

この恵比寿での拉致問題の謝罪で、水曜日のダウンタウンの攻撃的な企画が減ってしまう事がないことを願っています。

 

何の批判もないって事は、世間に対し何の影響も与えていない。

つまり、何もやっていないのと同じではないでしょうか?

 

 

国民が熱狂したロシアW杯の日本戦

各試合とも、批判と称賛の嵐でしたよね!

それだけ、観ている人に影響を与えたということではないでしょうか?

彼らが、真剣にプレイしているからこそ、観ている人の心を動かすんだと思います。

テレビ局も、ネット動画を編集して垂れ流すような「やる気のない企画」よりも

今回、騒動になってしまった拉致企画くらい『本気の企画』を続けて欲しいですね!

場所や周囲の人への配慮(周囲はエキストラで固めるなど)は必要だったとは思いますが...

 

今回の事件をプラスに捉えるなら
水曜日のダウンタウンのドッキリがやらせではなく
『リアルガチ』だという事が分かりましたね!