ICE ADOLESCENCE(アイス アドレセンス)とは?

織田信成、浅田真央から海外の有名選手まで、世界のたくさんのトップスケーターに支持された、人気フィギアスケートアニメ(ユーリ!!! on ICE)の劇場版のタイトルなのです!

 

ユーリ!!! on ICEって?

2016年10~12月に放送されたユーリ!!! on ICEは、漫画「モテキ」で知られる久保ミツロウ氏と、テレビアニメ「LUPIN the Third -峰不二子という女-」の山本沙代監督、「この世界の片隅に」の制作を手がけたMAPPAにより製作されたオリジナルアニメです。

僕も、動画サイトで全話見ましたが、スケートシーンの描写がとても繊細で臨場感溢れるものに仕上がっており、とてもワクワクする作品だったことを覚えています。

ユーリ頑張れぇぇぇって言っちゃいますよ笑

見たことない方は、一度見てみることをオススメします。

普段はアニメを見ない方はとても臨場感があり、主人公であるユーリの心理的な描写、アスリートならではの心理的プレッシャーなど、たくさんの角度から描かれた作品なので引き込まれると思います。

フィギアスケートには興味がない!って方もリアルのフィギアスケートを見たくなってしまうような作品ですね!

 

そんな世界的な大ヒットアニメのユーリ!!! on ICE

テレビ朝日が2018年7月14日(土)~ 8月26日(日)に六本木ヒルズで開催するテレ朝夏祭り内「ユーリ!!! on MUSEUM」でも、特大映画ティザービジュアルの展示が決定するなど、その勢いはますます大きくなっています。

 

ユーリ!!! on ICEをざっくり説明すると、プレッシャーに弱いフィギュアスケーター・勝生勇利が、世界選手権5連覇を成し遂げたヴィクトル・ニキフォロフ(この人最強でかっこいい)をコーチに迎え、ロシアのユーリ・プリセツキーらライバル選手が待ち受けるグランプリシリーズに挑む姿を描いた作品ですね!

ユーリ!!! on ICEは、第22回AMDアワードで優秀賞、東京アニメアワードフェスティバル2017では「アニメ オブ ザ イヤー部門」グランプリアニメファン賞を受賞しています。

平昌オリンピックのフィギュアスケート団体ペアショートプログラムでは須崎海羽選手・木原龍一選手ペアが、劇中歌『Yuri on ICE』を使用し注目を集めましたよね。

 

『Yuri on ICE』は主人公の勝生勇利がフリープログラムで使用していた曲で、劇中の大事な場面で、何度も登場。ユーリ!!! on ICEのファンならば、その名場面を思い起こさずにはいられない大事な曲ですよね!

須崎と木原のペアは今シーズンから、この曲をショートプログラムの曲として使用していたそうです。

昨年から、何度も披露されている曲ではあるが、五輪の注目度はやはり別物でした!

世界中のユーリ!!! on ICE ファンが、五輪で初めて流れた『Yuri on ICE』、そして須崎と木原ペアの滑りに感動したとSNSに相次いで投稿しネット上を賑わせたのが記憶に新しいですね!

須崎と木原ペアもユーリ!!! on ICEのファンだったのでしょうか。

なんにせよ、2次元と3次元の融合が評価されることは少ないので、珍しい例ですよね!

毎回アニメの実写版は酷評されますし・・・笑

話題作ですので、公開が楽しみですね!