ビキニLCCはどこ?

ビキニLCCとは、ベトナムのLCCの最大手ベトジェットエアで行われた機内パフォーマンスだ!

そもそも、このベトジェットエアが大きく注目されるようになったのは、ビキニ姿のCAさんたちによる派手なパフォーマンスのおかげなのだ!

このおかげで、「ビキニエアライン」とも呼ばれネット上では賛否両論が巻き起こった。

 

このビキニパフォーマンスは、ベトナム南部のリゾート地であるニャチャンへの就航記念として、乗客にビーチにいるような気分を楽しんでもらうために行ったのがきっかけだと言います。

なんて、乗客想いの素晴らしい会社なんでしょうか!笑

 

ベトナムには旅行に行ったことがありますが、ベトナムの女の子は可愛い子が多い!

可愛い子が多いベトナムの女の子の中でも、CAさんに選ばれるくらい可愛い子がビキニでCAなんて最高じゃないですか!

ANAやJALにも見習って欲しいですね・・・笑

 

ビキニLCC(ベトジェットエア)はどんなとこ?

こんな楽しい企画を実行しているベトジェットエアのグエン・ティ・トゥイ・ビン副社長は、

「我々は、LCCではなくニューエイジ航空会社だ」と主張している。

ビキニLLCなんてやってんだから、おっしゃる通りです!
ニューエイジ航空会社最高!(*´ω`*)

 

ベトジェットエアが企画したイベントはビキニLCCだけじゃない!

以前にも、韓国に就航した際は、「江南スタイル」のダンスを。

マレーシアへの初フライトでは現地の伝統舞踊を披露したり

なんと! 機内での結婚式を執り行ったこともあるといいます。

結婚式を飛行機内でやるなんて、どんだけ飛行機好きなんだよ!笑

 

そんなビン副社長は
「関西ーハノイ線就航の際にも顧客を楽しませるイベントを企画している」と話していると言います。
その内容については、最後まで秘密にしておきたいと。

これは、関西ーハノイ線就航の「便」に乗って「ビン」副社長のサプライズに乗っかるしかないですね!

あっ。気づきました・・・?笑

 

ベトジェットエアとは?

JALとの提携発表から約1年。

ベトジェットエアはベトナムLCCの最大手と言われています。

ベトジェットは11月8日、初めての日本路線となる関西―ハノイ線を就航させる予定

180席を備えたエアバスの小型機「A320」で運航し、関西発ハノイ行きが午前9時20分発、午後1時10分着、ハノイ発関西行きは午前1時45分発、午前7時50分着日本からの乗客にとっては、現地での滞在時間を長めに取りやすいダイヤ設定となっている。

 

現状では、LCCを利用すると安いけど変な時間に着くこと多いのでありがたい配慮ですよね!

6月8日から航空券の販売が始まっており、通常座席の運賃がなんと!

片道4800円からの設定だ(諸費用除く)!

さすがLCC ハイパー安いですね!

 

ラウンジ利用や優先搭乗などが可能な上級クラス「スカイボス」は、片道4万6200円からとなっている。また、毎日午後2時(日本時間)から2時間、航空券のタイムセールや貯めたポイントで賞品が当たる抽選を行っている。

日本人はポイント大好きですからね〜。

 

そんな注目のビキニLCC
2018年11月には関空、来年初めには羽田で導入予定となっている。

関西からビキニLCCがスタートで、関東は来年にビキニLCCがスタートなんですね。

くぅ〜!ビキニLCCが待ち遠しいですね!

是非とも、日本でも「ビキニLCC」をやって欲しいですね笑

 

ビキニLCCに対して世間の声は?