たくさんあるケアの中で最も重要で忘れがちな『声』のケアについて!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

対人関係でとても重要になってくる『声』について

究極のところ、声って1番ゴマかせないと思いませんか?
どんなに肌が綺麗でも、スタイルが良くても、背筋が伸びて身のこなしが美しくても
声が低く枯れてガラガラでは、どうでしょうか?
台無しじゃないですか?

反対に声にハリがあって澄んでいると、見た目が少々老けていても、なんだか若々しくイキイキと見えませんか?

実は加齢によって、声も老けるのです!

マジっすかー!ですよね笑

『声』のメカニズムって?

声は、肺から出した空気が、声帯を通過する時に出ますが、声帯筋という2枚に分かれたヒダを、空気で震わせて音を出しているのです。
その際、声帯をピンと張ると高い声、ゆるませると低い声が出ます。

加齢とともに女性の声が低くなったり、しわがれてしまう原因は?

まずは女性ホルモンの減少があります。
女性ホルモンが減少すると声帯が男性のように太くなる傾向にあるのです。

逆に男性の場合は男性ホルモンが減少すると
声帯が痩せて少し高くなる方もいます。

もう1つは加齢によって、声帯筋を覆っている粘膜にヒアルロン酸が減少すること。
声帯は筋肉というよりは粘膜なので、声帯の粘膜が乾燥して荒れると、声がガサついてきます。

そして、声帯を動かしている筋肉が加齢とともに衰えてたるむこと。
声帯をピンと張ると高い声が、ゆるませると低い声が出るわけなので、たるめば声が低くなりますよね!

特に「輪状甲状筋」という筋肉が高音を出すのに重要です!

ホルモンの問題もあるので、多少低くなるのは仕方ないですが、声もまたアンチエイジングすることができます!

意外と『声』って大事ですよね〜!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする