【衝撃】顔の筋肉で普段の生活で使っているのは30%程度、ある筋肉を鍛えればスッキリフェイスに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

口元とフェイスラインについて

年齢が上がって見える理由の一つに、口の周りと、フェイスラインのたるみやもたつきがあります。

年齢を重ねたのだから仕方がないと思っている方もいるかもしれませんが、

実は!
ここは最も筋トレでどうにかなりやすい箇所なのです!

顔には細かい57個もの筋肉があるので表情豊かに話せますが
普段の生活で使っているのはせいぜい30%程度

普段の生活で使ってない筋肉はどうなるか?

使わない・・・ そりゃ衰えますよね!

つまり残りの70%の筋肉は加齢とともに衰えていってしまいます。

ここで、顔の筋肉も体と同じように加齢で衰えて減ってしまう筋肉量以上に鍛えてあげたら

たるみに打ち勝つことができるのです!

特に口の周りの筋肉の口輪筋は、他のたくさんの表情筋と繋がっており、連動して動いているので口輪筋が衰えると他も衰えてきます。

逆に考えると!
口輪筋さえしっかり鍛えておけば顔全体が鍛えられるのです!

すごいぜ!口輪筋!


顎舌骨筋などの舌骨筋群は舌を出すときに使われる筋肉ですが
ここが衰えると二重アゴになったり、フェイスラインがもたついてきます

この2箇所を重点的に鍛えれば、顔のたるみがなく、すっきりフェイスでいられますよ!

口の周りから顔全体のたるみをとるエクササイズ

普段から、話すとき以外はできるだけ口をキュッと閉じておく癖をつけてください!
呼吸は口呼吸よりも、鼻呼吸です!

step1
軽く口を開け、上下の唇を全部歯に巻き込む
step2
そのままの状態で大きく口を開く
step3
開いたまま左右の口角を上げ、すぐ緩め、また上げるとというのを10回繰り返す
これを3セット行う!
これであなたも、すっきりフェイスに一歩近づきますよ!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする