【ヘアケアの原則】キレイな髪になるためのコツとシャンプー選び!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ヘアケアの原則】キレイな髪になるためのコツ

額縁が素敵だと
中身の絵まで何やら芸術的に見えることってありませんか?

言うなれば、髪は顔の額縁です!
髪が健康的で艶やかで、生き生きしていれば、
それだけで全体の印象は5割り増し!

それに顔は化粧でカバーできても、髪は意外と年齢が出ますよね・・・
髪に元気がないと、それだけでなんとなく若々しさがなくなり、疲れて見えてしまいます。

特に後ろ姿、見られてるよー!

髪の宿命って?

髪は命に直接影響がないところなので、体の中では栄養はいつも後回しにされています
だから、加齢や、疲れ、栄養不足はまず髪に出ます。
逆に言うと体のダメージは、まず最初に髪に現れやすいのです。

例えば、ドラッグジャンキーの人達や拒食症の人達の髪質って悪そうですよね?

実は髪と爪は、表皮の角質層が変化してできたものです。
お肌の一番表面の角質層、爪、髪、この3つは同じ「ケラチン」というタンパク質でできているのです。

髪や爪を見れば、お肌の状態もわかり、髪の状態を気にかけておいてあげれば、肌も恩恵にあずかれるというわけなんです。

それに、髪は加齢とともに白髪が増えることも気がかりですよね。

毛染めにより髪や頭皮にダメージを与えてしまうと、たとえ白髪は目立たなくても髪にツヤがなくなるし、頭皮からの化学物質の経皮吸収によって今度は体の中にダメージが残ります。

また、頭や頭皮がとても硬い方がいますが、これは肩こり、眼精疲労、歯ぎしり、顎関節症の影響が、頭や頭皮にも影響を与えているのです。

頭が硬いと、髪への血流が悪くなったり、筋膜で顔とも繋がっているので、顔もたるみやすくなったり、おでこのシワの原因になることもあります。
髪と頭皮をぜひケアしてあげましょう!

それに、頭皮には顔の3倍の皮脂腺があるので、特に脂汚れが出やすい場所です。

髪が長い方や皮脂の多い男性は毎日でも洗いたくなるもの。

その他の方も2日に1度程度は洗髪すると思います。

ヘアケアで大事なのは、「予洗い」と『シャンプーの選び方』です!

まず、シャンプー前に頭皮をお湯で揉み込むようにしっかり洗うこと。

これがちゃんとできていればシャンプーは毎日使わなくてもいいと思います。

シャンプーの選び方って知ってる?

シャンプーっていろんなのがありますよね!

CMで有名女優が出ているものや、CMはしていないけど口コミで良いと言われているものまで

どんなシャンプーがいいの?ってなると思いますが、まずシャンプーの前に頭皮をお湯で揉み込むようにしっかり洗うこと。がもっとも大事です。

この予洗いがしっかりできていれば、そもそもシャンプーは毎日使わなくてもいいと思います!

僕自身は、CMでやっているようなシャンプーは使いません。

原材料を見れば、髪や頭皮に悪いのは明らかですし、何よりもハゲたくないですし!笑

昔、ノンシリコンのシャンプーが流行りましたよね。シリコーンオイルは被膜性が強くて落ちにくいものなので、特にシャンプーには入っていない方がいい成分なんです。

実は、ノンシリコンなんて当たり前のことで、

注意しないといけないのは界面活性剤の種類

シャンプーは界面活性剤の塊のようなもので、頭皮への影響も大きいので、必ず慎重に選んでください。

「ラウリル硫酸Na」「ラウリル硫酸カリウム」「ラウレス硫酸Na」「ラウレス硫酸TEA」などの石油系高級アルコール系の合成活性剤は洗浄力が強すぎるので、頭皮の皮脂を奪いすぎ、タンパク質変性作用もあるので髪を傷めてしまいます。

一番安心できるのは、何と言っても純粋な液体石鹸のナチュラルシャンプーですが、慣れないと最初はごわつき、ベタつきが気になる場合もあります。

洗い方のコツは、お湯での予洗い後、シャンプーをよくあわ立てて頭皮を中心に洗い、髪には泡だけで直接シャンプーの原液をつけないよにすること。
洗う時のポイントは流す前に手で泡をある程度とっておくこと!

そして必ず酸性のコンディショナーでキューティクルを閉じてあげると、ツルッツルのサラサラ髪になります。

石鹸シャンプーじゃない場合は、低刺激なアミノ酸系かベタイン系界面活性剤の方がまだいいです。

アミノ酸系には全成分に「〜グルタミン酸」とか「〜アラニン」とかアミノ酸の名前が入ります。
ベタイン系には「〜ベタイン」とベタインの名称が入っています。

ただ、これもオーガニックかナチュラル系でないと、その他の成分で頭皮に良くない化学物質が入っている可能性がありますので気をつけてください。

どんなシャンプーを使うのも自由ですし、シャンプーを変えてもすぐに髪質の変化を感じられないかもしれませんが、長い目で見れば『正しいシャンプー』『間違ったシャンプー』を使った人の髪質を比べれば差は一目瞭然です。

『未来のあなたが、今のあなたに感謝してくれるような選択をすることをオススメします!』

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする