【悲報】ソフトバンクのCMで有名な白戸家の初代「お父さん」、カイくん天国へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

悲しいお知らせです

ソフトバンクのCMでお茶の間の人気者になったカイくんですが
28日未明、老衰のため息を引き取ったことが分かった。

歳は16歳だったとソフトバンク社が明らかにした。

カイくんは、2007年から始まったソフトバンクの「白戸家」のCMに出演し、ユニークなセリフと愛くるしい姿で人気を集めのは記憶に新しいですよね!

ソフトバンク社の新CM発表の際は、上戸彩さんら現メンバーに、古田新太さんら新メンバー計3人が加わり、新しい白戸家をつくるという展開を明らかにした。

榛葉副社長は「多くのファンの方から『お父さんを代えないで』との声を頂いた。我々のシンボルの白戸家をもっと成長させたい」と話していたくらいファンに愛されていた「カイくん」だったのですね!

現在では、カイくんの息子のカイトくんとカイキくんが2代目「お父さん」役になっているといいます。

ソフトバンク社は「白戸家のお父さんとして活躍していただいたカイくんに、心より感謝するとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします」としています。

白戸家のCMは2007年に開始したとお伝えしましたが、2014年に KDDIの「三太郎」シリーズに抜かれるまで、7年連続でCM好感度1位だったということです。

しかし、「三太郎」の力はすごいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする