星野ロミへの損害賠償金はいくら?今までの被害総額が桁違いでやばいw

フィリピンで身柄を拘束された星野ロミ容疑者ですが、漫画村を運営し逃亡した罪は非常に重いと思われます・

そこで、星野ロミ容疑者へに刑罰や罰金・損害賠償金についてまとめていきます!

 

 

星野ロミの漫画村運営による刑罰は?

星野ロミ容疑者が身柄を拘束された理由としては、著作権を侵害した違法なメディアを運営したことによります。

罪名は著作権の侵害になります。

 

著作権侵害の場合は
10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金です。

漫画村に違法にアップロードされた作品の著作権侵害や、国外に逃げ回っていたことを考えると刑はかなり重くなりそうです!

 

 

星野ロミによる被害総額が桁違いでやばい

ついに逮捕された星野ロミ容疑者ですが、今までの被害総額がすごいことになっているようです。

その額が、3200億円だそうですwww

凄すぎる...

 

漫画村の閉鎖前のアクセスは1億PVを超えていたようですので、凄まじいですよね!

 

2018年の時点で、被害にあった講談社などは告訴の準備ができているようですので、損害賠償の請求をするようですね。

一体いくらになるのでしょうか?

 

星野ロミへの損害賠償金はいくら?

3200億円もの被害となっている星野ロミさんですが、損害賠償請求はいったいいくらになるのでしょうか?

調べてみると損害賠償請求にはいくつかの種類があるようです。

・譲渡数量からの推定
・利益推定
・ライセンス料からの推定

 

【譲渡数量からの推定】
譲渡推定の計算方法では、侵害がなければ著作者が利益を得ることができた損害金を支払うというものです。
著作権を侵害して作ったコンテンツを100冊売ったとして、著作者の利益が500円だとすると、著作者は100×500=5万円の請求をすることができます!

 

【利益推定】
著作権を侵害した人が利益を上げた場合に、その利益の額を被害の額に推定するものです。
著作権を侵害して星野ロミさんが、年間で1億円以上も利益を出していた場合は、1億円が損害額であると推定されます。

 

【ライセンス料からの推定】
ライセンス料は、ざっくりいうと著作権で守られている著作物を使用する際にかかる費用です。ライセンス料が売上の10%だとすれば、先程の例では5万円の10%となります。
しかし、上記2つに比べて請求できる損害賠償金は、かなり少ないですね...

 

普通に計算すると、星野ロミ容疑者には億単位の賠償金が請求されるのではないでしょうか?

 

 

世間の声は?

 

 

まとめ

星野ロミ容疑者の損害賠償請求についてまとめてきました。

漫画村自体はかなりのアクセスだったため、星野ロミ容疑者個人としてもかなりの収益をあげていたのではないでしょうか?

 

一説には、毎月300〜1000万円ほどの利益ではないか?と言われています。

 

噂レベルですが、相当な収益をあげているので、損害賠償請求も相当なものになるでしょう!