【画像】ドランク鈴木の描いた車庫証明書が下手すぎて警察が受理拒否

ドランク鈴木の描いた車庫証明が下手すぎて警察が受理拒否

ドランクドラゴンの鈴木拓さんが、自身が描いた車庫証明の絵が下手すぎて警察に受理を拒否されたとツイートして話題になっています笑

車庫証明を警察に受理されないという話は、あまり聞いたことがないですよね。

 

鈴木さんのツイートに、実際に描いた車庫証明の絵がアップされていますが、「これじゃあ拒否られる...」と思わざるをえません笑

下記に実際に、鈴木さんが描いた車庫証明を掲載しておきます。

 

 

【画像】ドランク鈴木が描いた車庫証明が下手すぎる

こちらがドランクドラゴンの鈴木さんが描いた車庫証明書です。

もはやなんだか分からないですねw
小学生が描いた家の地図でも、もっと分かりやすいような気がします...

このレベルでは、警察も状況が分からないですよね。
全く車庫証明の意味をなしてしないですw

 

そもそも、車庫証明って何のためにするのでしょうか?

 

車庫証明ってなに?

鈴木さんが警察に受け取り拒否をされた車庫証明ですが、何に使うのでしょうか?

車庫証明の正式名称を知ると、なんとなく意味が見えてきます。

車庫証明の意味は?

車庫証明の正式名称は『自動車保管場所証明』です。

自動車保管場所=車庫ということですね!

 

車庫証明を簡単に解説すると、「自動車の保管する場所を確保しています」というのを警察によって証明してもらうことです。

 

車庫法の中で、「道路で自動車の保管をしてはならない」「車の保有者は保管場所を確保しなければならないとされていますので、必然的に自動車の保管場所を確保しなければいけない状況になるのです。

鈴木さんは警察に受理されなかったので、車庫証明を取ることができませんでした。
もし、車庫証明を取れないとどうなるのでしょうか?

車庫証明がないとナンバーがもらえない

車庫法では、警察署で車庫証明を取らないと運輸支局における自動車の登録ができないように決められています。

登録手続きができないということは、ナンバープレートや車検証などが交付されないということです。

つまり、これらが終わっていない限り、車を買っても永遠に納車されないということなのです!

 

ほんとうまい仕組みになっています...
これも利権ですね〜

 

 

ドランク鈴木の車庫証明の絵に世間の声は?

 

 

まとめ

ドランクドラゴンの鈴木さんの車庫証明問題について解説してきました。

車庫証明を絵が下手すぎて受理されないというレアケースを発動させた鈴木さんですが、また1つ鉄板のネタを作り上げたということになります笑

かなり手間ですが、芸人的にはおいしい事件だったのではないでしょうか!

 

もし、自分も絵が下手で車庫証明が取れるか心配だ!という人に朗報です。

車庫証明は手書きの必要はありません笑
普通にGoogleマップを印刷して、自分の車庫の場所に印をつければそれで終わりです。