30代以降の方は知っておきたい!ミネラルを失うと骨から老けるって知ってますか?

ミネラル不足が骨の老けを招く

体を構成する栄養素の中で、ミネラルが占めるのは約5%です

5%だと微量だと思いがちですが、ミネラルは体内で合成することができないので、必ず不足しないように食べ物で摂らないといけない上に、体の中で絶大な働きをしています。

 

最近よく聞く酵素!この酵素は体の全ての働きを司りますが、その酵素のほとんどの働きにミネラルも関与しています。

 

例えば

亜鉛というミネラル1つをとっても、100種類以上の酵素の活動を助けている上に
成長ホルモン性ホルモンの働きも助けています。
脳の神経伝達物質の働きにもミネラルが大きく関わるので、精神や脳の働きにも関与しますし、ミネラル不足はうつ、低体温、肌荒れ、肩こり、口内炎、体重増加、免疫力にも関わります。

 

活性酸素を無害化するSOD酵素もミネラルとタンパク質でできています

※SODとは抗酸化作用のある体内酵素のことです。

 

 

ミネラルが不足するとどうなる?

ミネラル不足だと動悸や息切れが増え、疲れやすくだるくなり、無気力で集中力がなく、イライラします。

筋肉は硬くなり、つりやすくなりますし現代の子供に増えている発達障害などもミネラルとの関連が指摘されています。

 

なんと! ミネラルを摂取することで子供の学校の成績が上がった例もあります。

もちろん骨や歯も作っているので、ミネラル不足だと骨から老けてしまい、骨が痩せてもろくなり、その上に乗る皮膚はシワっぽくなり、ほうれい線は深くなり、目の下もたるみます。

ミネラルを不足なく摂って、『骨から老ける』を予防しよう!

 

こんなに食に溢れている現代で
どうして現代人はミネラルが不足しているの?

私たちがミネラル不足になりやすい理由の一つは、日本の農業が農薬や化学肥料に頼りすぎたせいで土が枯れて、野菜に含まれるミネラル分がすごく減っていることが理由の1つに考えられます。

 

例えば、

ほうれん草の鉄分はこの50年で5分の1以下へ、人参は10分の1大根は5分の1となり、その結果さらに農薬や化学肥料が投入されるという悪循環に陥っています。

また、穀物が精製されるようになったことや、「重合リン酸塩」という添加物の使用が増えていることも問題です。

 

「重合リン酸塩」は食品に普通に含まれているリンとは違い、リン酸塩がいくつもくっついた形をしていて、あらゆる必須ミネラルの吸収を強力に阻害します。

ソーセージや缶詰、レトルト食品、練り物、清涼飲料水に使われていることが多いです。

また、だしの素では無添加のものでも十分なミネラルが摂れません...

 

 

ミネラル不足になる原因

必須ミネラルの吸収を強力に阻害する添加物
・メタリン酸Na
・ピロリン酸Na
・ポリリン酸Na
複数含まれているとリン酸塩Naという表示だけになっている。

コンビニやスーパーの野菜サラダやお漬物
消毒のため、「次亜塩素酸」のプールにジャブジャブされているため
ミネラルやビタミンが流出している。

他にもたくさんありますが、紹介しきれないのでこのくらいにしておきます笑

 

 

そもそもミネラルってどのくらい種類があるの?(専門職向け)

ミネラルは全体では約120種類ほどあります。
人間の体内には16種類のミネラルが必須と言われ、中でも特に不可欠な7種類のミネラルを『主要必須ミネラル』、残りの9種類を「微量必須ミネラル」と呼びます。

 

知ってました? そのまんまの名前じゃんか!って感じですよね笑

 

しかし、その他のミネラルの中にも、微量でも必須なのではないかと言われているものもあり、要するにミネラルは約60種類ほどのミネラルの全体のバランスによって作用するので、
種類豊富にバランス良く摂取していることが大切なのです。

 

結局、バランスですね️!

 

 必須ミネラル16種類とは?

主:ナトリウム
主:マグネシウム
主:リン
主:硫黄
主:塩素
主:カリウム
主:カルシウム

微:クロム
微:マンガン
微:鉄
微:コバルト
微:銅
微:亜鉛
微:セレン
微:モリブデン
微:ヨウ素

1日の摂取量が100mg以上のものが主要ミネラル
100mg未満のものが微量ミネラルです!

 

それぞれのミネラルについて

︎ マグネシウム
リン酸マグネシウムの形で骨と歯に存在
約300種類もの酵素の働きを助けている
細胞内に存在 天然のクーラーの役割をし、体温調整に関与
筋肉の収縮、血圧の正常化、代謝にも関わる
カルシウム
リン酸カルシウム、炭酸カルシウムの形で骨と歯に存在
神経細胞で情報を伝達する
筋肉を収縮させる
大腸癌、子宮内膜がんを予防する
︎ 鉄
赤血球のヘモグロビンに多く含まれ、身体の隅々まで酸素を運ぶ
活性酸素「過酸化水素」を体内で無害化する酵素カタラーゼの補酵素
亜鉛
DNSやタンパク質、ホルモンの合成や身体の成長、新陳代謝に欠かせない
味覚を感じる細胞、味蕾の形成にも関与
亜鉛を必要とする酵素は200種類以上もある
セレン
抗酸化作用があり、老化防止、がん抑制作用
ビタミンEの活性化、視力回復効果あり
ヒ素、水銀、カドミウムなどの有害ミネラルの毒性を軽減
︎ ケイ素(シリカ)
コラーゲンの合成に関与、コラーゲンを補強する
肌、骨、歯、爪、髪、血管の大きさ、美しさに関与
活性酸素を不安定な状態から安定させ、無毒化する働きがある
脳内のセロトニンの分泌に関与

 

ミネラルってすごい色々な効果が期待できるんですね!

なんとなく大事だと、知ってはいたけど詳しくは知らなかったという方も多いのではないでしょうか?

人間の体は複雑な栄養のバランスで成り立ってるんですね!