杜撰すぎるセキュリティが話題になっており、現在も不正アクセスが続いている7payですが、その手口や原因『7iD』では?という声が上がっています。

ここでは、7payの不正アクセスの原因や手口について解説していきます。

もし、あなたが不正アクセスの被害にあってしまっても対処方法は簡単です!

 

 

7pay(セブンペイ)不正アクセスの手口や原因は7iD?

セブンペイが今回の不正アクセスと、5500万円の被害額についての会見を開きました。

この会見では、原因は捜査中という事になっていましたが、色々な報道機関から『セブンペイの原因は7iD』というニュースが流れています。

会見で社長が話していたように、7payは元々あったセブンのアプリに決済機能として組み込まれています。

そして、セブンのアプリが使っていたのが『7iD」という会員システムです!

 

ファミマがやっているファミペイと異なり、セブンペイでは元々あったアプリに組み込んだことが最大の問題と見られています。

なぜ、7iDに7payを組み込んだ事で不正アクセスが増加したのかというと、7iDの杜撰なセキュリティ体制に全ての原因があります。

 

7iDでは、アドレスと電話番号などが分かれば、利用に必要なパスワードのリセットが可能な仕様となっていました。(加えて2段階認証もなし)

つまり、パスワードやアドレスが漏洩する事で、簡単に新しいパスワードを作りアカウントを乗っ取ることができるということです!

 

その結果、登録されたクレカを使って7payに入金して、高額な商品を購入されてしまったという事になります...

 

 

7pay(セブンペイ)不正アクセスの被害にあった時の対処方法

今回の騒動でセブンイレブンは、電子決済に遅れをとった事になりますね。

しかも、セキュリティが杜撰すぎるということも話題になってしまったので、企業ダメージとしてもかなり大きいのではないでしょうか?

不正アクセスで乗っ取る側も悪いですが、杜撰なセキュリティのセブンにも問題はあります。

 

IT化が進んでいく事で、このような問題は非常に多く見られています。
今回のケースで、不正アクセスの被害にあってしまった人も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、もしあなたがセブンペイの不正アクセスの被害にあった場合、どのような対処をすべきかについて解説していきます。

 

今回のセブンペイの問題では、公式からの見解は『全額補償』となっているようです。

 

おそらくですが、セブン側で被害にあった方を全て特定するのは難しいため、被害にあった場合は自己申告する必要があります。

もし、あなたの元に『身に覚えのない通知やメール』があった場合は、お客様サポートセンター緊急ダイヤルに連絡をしましょう!

 

お客様サポートセンター緊急ダイヤル
『 0120 - 192 - 044 』

 

 

小林社長が2段階認証を知らずに会見の動画が炎上

7iDが杜撰すぎるセキュリティ対策だ!と話題になっていますが、セブンペイの不正アクセス問題をより加熱させたのは小林社長の会見が炎上したからですよね。

こちらが問題の会見の動画です!

 

受け答えもかなりしどろもどろですし、何よりも二段階認証も知らないという非常自体です...
大きな企業の社長とは思えないほど、信頼性にかける会見でしたね!

よく知らないなら、知っている社員を呼んで説明してもらえば良かったのでは?

 

小林社長の経歴についてはこちら
≫ 小林強社長の経歴は?セブンペイの会見で二段階認証を知らずにやばい

 

セブンペイの不正アクセス被害に世間の声は?

 

 

まとめ

5500万円が不正に流出して話題となっているセブンペイですが、その手口や原因について解説してきました。

 

噂では『7iD』の脆弱なセキュリティだ!と言われていますが、実際はどうなのでしょうか?

 

今後も電子決済は増加していくとは思いますが、この事件によりセブンペイに対してのイメージはかなり悪くなった事でしょう!

セブンは挽回なるか?

おすすめの記事