小林強社長の経歴は?

小林強社長の経歴は?セブンペイの会見で二段階認証を知らずにやばい

名前:小林強
年齢:1957年8月12日
職業:セブンペイ社長
属性:セキュリティは無知
性格:言い訳多い

セブンペイ不正利用で会見をして失態を犯した小林強社長は、経営企画部で審議役をやっていたようですね。

こんなにも、セキュリティに詳しくない人が審議役とはザルですね...

たとえ、詳しくなくても「二段階認証」程度のことも知らないというのは異常自体です。
会見に望むにあたって、何も調べていないということでしょう。

 

他社サービスとセブンペイの違いとして、二段階認証がないというのは真っ先に分かることですので、予習してこれたはずですが。

それもしないというのは責任感がないのか、不正利用されたことの重大さが分かっていないのか...

 

 

【動画】セブンペイの会見で二段階認証を知らずにやばい

セブンペイが不正利用に対して会見を開きましたが、その会見で小林社長が無知すぎる回答をして話題になっています。

不正利用の被害にあった人は、900人程度いるようですが、この会見を見たらブチギレるかもしれませんね笑

 

それくらい、社長が何も把握していませんでした。

 

会見はこちら

 

会見の見所はこちら

あまりにも、ずさんな対応ですしセキュリティがザルでしかない...
ファミペイの波に乗り遅れないように、後追いで開始した感が強いですよね笑

 

それにしても、セキュリティに関しては何も知らないようですw
知らないなら、知っている職員に話してもらえばいいのに...

なぜか、わざわざ醜態を晒すチャレンジングスタイル!

 

 

セブンペイの不正利用の対策や保障は?

セブンペイの不正利用に対して、今後の対策や保障はどうなのでしょうか?

報道では、今回被害にあった900人の5000万円に関してはセブンから全額保障になるようです。
セキュリティの脆弱性によるものですので、当然の結果ですね。

 

現在のセブンペイは、対策として海外からのアクセスを制限したり、パスワードの変更操作の見直しなどを検討しているようです。

7月3日にカードチャージを止めたことで多額な不正アクセスは制限されたようです。

今後は、さらに不正アクセスを1つずつチェックして、警察に被害届をだす予定だと言います。
不正アクセスをしたのが誰なのかは不明ですが、逮捕される日も近いかもしれません!

 

セブンペイの不正アクセスの手口や原因について
≫ 7pay不正アクセスの手口や原因は?被害にあった場合の対処方法

 

セブンペイの不正利用と二段階認証に世間の声は?

 

 

小林強社長の経歴は?セブンペイの会見で二段階認証を知らずにやばいのまとめ

セブンペイの不正利用についてまとめてきました。

 

セブンペイの不正利用もかなりインパクトがありましたが、最もインパクトがあったのは『社長の会見』でした。

 

二段階認証を知らない状態で会見に挑んでくるのは凄いです!

 

やはり、社長ともなると度胸が凄まじい。
ただ、会見ではあからさまにしどろもどろになってました...

おすすめの記事