グーグルマップ詐欺の手口とは?騙されやすい理由や偽業者対策を解説!

グーグルマップ詐欺という新しい振り込め詐欺が流行っているようです。
ここでは、2つのグーグルマップ詐欺の手口とその対策について解説していきます。

なぜ、騙されてしまうか?という人間の心理まで解説していきます。

 

 

グーグルマップ詐欺の手口とは?

振り込め詐欺もいろいろなバリエーションに増えており、かなり巧妙になってきていますよね。

振り込め詐欺というと、高齢者やネットリテラシーの低い人達が騙されるというイメージがありますが、微妙にネットを使いこなすような人たちに向けたグーグルマップ詐欺という手法が問題になってきています。

グーグルマップは非常に便利ですし、多くの人が使っていると思います。

このグーグルマップですが、地図上に表示されたお店などの情報が営業時間から電話番号まで表示される仕組みなっています。

利用する側としては非常に便利ですよね!

 

このグーグルマップ詐欺というのは、このマップ上の仕組みを利用したものです。
グーグルマップで検索して見つけたお店の詳細情報は、Wikipediaのように誰でも情報を変更することができます。

このシステムを利用して、詐欺グループがグーグルマップ上の会社の番号を変えてしまうのです!

 

例えば、銀行やクレジットカード会社や通信販売の会社の電話番号を、勝手に詐欺集団に繋がる電話番号に変更します。

その結果、そこの電話番号にかけた消費者(銀行やクレジットの会社だと思ってかける)に対して詐欺集団が振込や個人情報を要求するという流れです。

 

 

グーグルマップ詐欺の偽業者ver

上記では、存在する企業の情報を改変して偽の電話番号を掲載して詐欺行為を働くという方法について解説してきました。

ここで紹介する偽業者verというのは、グーグルマップ上に溢れている偽業者による詐欺行為です。

アメリカのある調査によると、グーグルマップ上には1100万件の偽業者が掲載されていると報告されています。

 

この詐欺業者というのは、建設工事や水道トラブル、修理業者などが多いようですが、種類としては緊急性が高い業種に多いと言われています。

もし、あなたが自宅の水道が壊れた時に、グーグルマップを利用して水道修理の業者に依頼した場合、その相手のことを詳しく調べていないと詐欺業者である可能性があります。

 

このような詐欺業者に当たってしまうと、法外な請求をされたり、前払いの振込を要求され、そのまま修理をせずにいなくなってしまうというケースも存在します。

 

 

グーグルマップ詐欺が騙されやすい理由は?

一見シンプルですが、このグーグルマップ詐欺が気づかれにくい理由としては、『自分で選択したものは信じる』という人間の性質が働いているからです。

もし、オレオレ詐欺などの詐欺グループから電話がかかってくる場合は、相手からかかってきているので怪しいと思える可能性が高いです。

 

しかし、グーグルマップ詐欺のように、自分から電話をかける場合は、かけた相手を疑いにくいのです。

 

電話をする側は、相手を調べた上でかけているので、まさか詐欺集団に電話が繋がっているとは思いませんよね!

このような心理が働くため、騙されやすいのです。

 

ちなみに、銀行などの電話番号を書き換える手法はインドで爆発的に流行っていたのですが、最近アジアにも同じ手法が流れてきているようです...

 

 

グーグルマップ詐欺の対策を解説

最近被害が増えているというグーグルマップ詐欺ですが、どのように対策をすればいいのでしょうか?

まず、偽業者によるグーグルマップ詐欺ですが、これに関しては非常に簡単です。
グーグルマップだけでなく、普通にググってみればいいだけです。

水道の修理であれば、検索結果の上位に大手の会社が表示されるので、そこに依頼すればいいだけです。

緊急時の依頼こそ、騙されるリスクが高くなるので注意して業者の口コミなどをチェックしましょう!

 

既存の企業の電話番号が変更されているタイプのグーグルマップ詐欺には、グーグルマップに掲載されている電話番号を信用しないで企業が持っている公式のHPから電話をかけるようにするべきです。(特にお金が関係するような企業)

このように、徹底していけばグーグルマップ詐欺の被害に遭うことはまずないでしょう!

 

 

グーグルマップ詐欺に世間の声は?

 

 

グーグルマップ詐欺の手口とは?騙されやすい理由や偽業者対策を解説!のまとめ

グーグルマップ詐欺についてまとめてきました。

かなり特殊な詐欺ですので、知らないと簡単に騙されてしまいます。

しかし、手口を知ってさえいれば注意することができますので、被害者が増える前にこのような情報を多く方に伝えて周知するべきですね!

 

それにしても、詐欺集団は抜け道を探して常に新しい方法を模索しているようです...

そのエネルギーを別に方向に向けてほしい!