アレキサンドロスのドラムである庄村聡泰さんが、局所性(職業性)ジストニアであることを発表しました。
これにより、ライブは代役の方がドラムを叩くことになっています。
ちなみに代役はBIGMAMAのドラムの方のようです。

庄村聡泰さんの復帰時期や局所性ジストニアの症状について解説していきます!

 

 

庄村聡奏が局所性ジストニアを発症

アレキサンドロスのドラムである庄村聡泰さんが、『局所性ジストニア』によりライブ活動を休止することを発表しました。

庄村聡泰さんは、公式のツイッターにてライブ活動の休止を発表し、ファンからの応援メッセージが多数寄せられています。

庄村聡泰さんが発症した『局所性ジストニア』ですが、聞き馴染みのない方が多いのではないでしょうか?

単語を分解してみると、ジストニアの症状が局所に現れているという状況になります。

そもそも、ジストニアって何?という方のために、ジストニアについて解説していきます!

 

 

局所性ジストニアの症状は?

局所性ジストニアですが、ざっくり言ってしまうと筋肉の活動が自分の意図しないタイミングで起こってしまうものです。

症状としては、自分の意志とは関係なく勝手に手や足などが動いてしまうものです。
他には、脱力感や痺れなども見られます。

 

中世のヨーロッパなどでは、勝手に身体が動くことから『悪魔の仕業』とされてエクソシストによる処置がされていたという噂もあります。
当然のことながら、病気なのでエクソシストが処置しても治りません...

 

庄村聡泰さんは、以前にも筋筋膜性腰痛の治療のために一時休養していましたが、またしても病気ということで本人も落胆しているのではないでしょうか?

 

今回はジストニアなので、脳の病気になります。
ジストニア自体の患者数も全国的に見ても数万人と、かなり数が少なく知名度が低いのが現状です。

庄村聡泰さんの復帰はいつごろになるのでしょうか?

 

庄村聡奏の復帰時期はいつごろ?

局所性ジストニアを発症した庄村聡泰さんですが、復帰はいつごろになるのでしょうか?

ライブ活動を休止しているので、治療に集中できるのですが、局所性ジストニアの厄介な点は効果的な治療法が確立されていないということです!

 

 

現時点では、薬物治療や定位脳手術などが行われるようです。
そのほかにも、ボツリヌス毒素を注射して筋肉を弛緩させたりすることで、症状を抑え込む方法があります。

 

庄村聡泰さんの他にも、氣志團の白鳥さんがジストニアにかかり治療しています。
白鳥さんの例から、庄村聡泰さんの復帰時期を予測していきます。

 

白鳥さんの場合は、活動休止から約半年くらいで復帰しているので、庄村聡泰さんも活動休止から約半年くらいを目処に復帰する可能性が考えられます。

庄村聡泰さんは局所性ジストニアと言われていますが、氣志團の白鳥さんの時は職業性ジストニアと呼ばれていました。

両者とも名称が異なるだけで、症状は似ているので治療にかかる経過も同じようなものをたどるのではないでしょうか?

 

 

庄村聡泰のジストニアに対するコメントは?

庄村聡泰さんは、自身のインスタグラムでジストニアになったことについてコメントを発表しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

庄村の今後の活動について いつも[ALEXANDROS]を応援していただき、誠にありがとうございます。 突然ではございますが[ALEXANDROS]ドラムス庄村聡泰はしばらくの間、ライブ活動をお休みさせていただく事をお知らせ致します。 2019年4月に疲労の蓄積による筋筋膜性腰痛症の加療のため、しばらく休養をいただいておりました。 この腰痛とは別に「バスドラムがうまく踏めない」という症状もあり、5月の終わりに精密検査を受けたところ「局所性ジストニア」との診断を受けました。 今まで通りの演奏をするには充分な治療期間を取る必要があると判断し、しばらくの間ライブ活動はお休みさせていただきます。 メンバー・スタッフで協議を重ねた結果、ライブ以外の活動は医師と相談の上、可能な範囲で継続していく所存です。一日も早く、みなさまの前で演奏ができるよう治療に努めて参ります。 また、今後のライブ活動に関しては基本的にBIGMAMAのリアド偉武がドラマーとしてサポートする予定です。 応援していただいている皆様、関係者の皆様にはご心配をおかけしますがどうかご理解くださいますようお願い致します。 2019年06月19日 [ALEXANDROS] 株式会社UKPM ユニバーサルミュージック合同会社 <庄村聡泰コメント> 皆様へ この度はこの様なご報告をする事となってしまい、大変申し訳ありません。 先日の腰の痛みとは別に、ツアー中盤から右足の動きに違和感を覚える様になってしまい、バスドラムがうまく踏めないという症状に悩まされていました。 改善の為に思い付く限りの処置を施してみましたが、なかなか症状が上向く事には繋がらない日々が続いていました。 先月の終わりに病院で精密検査を受けたところ「局所性ジストニア」との診断を受け、病名の公表については悩んでおりましたが、治療にはある程度の時間が必要となってくるとの医師の診断により、自分の現状を正直に公表した上で、しばらくの間ライブ活動を休ませていただく事になりました。 先日のさいたまスーパーアリーナ公演では、自分の強い出演への希望もあり、投薬や鍼灸など、また、メンバーやスタッフ、そして何より当日を楽しみにしてくれていたファンの皆様の力を借りる形で無事にやり遂げる事が出来たのですが、残念ながら現状完治には至らず、自分の復帰を望んで下さっている皆様には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、もうしばらく、お休みを頂く事となります。 その間は、BIGMAMAのリアドがサポートドラマーとしてステージに立ってくれることになりました。 人間として、ドラマーとして、全幅の信頼を置く事が出来る彼が自分の代わりにドラムを引き受けてくれたことには感謝してもしきれません。 そして、自分は引き続き病状の完治を目指し、また活動が出来る様最善を尽くして参りますので、ご理解頂けます様、宜しくお願い申し上げます。 庄村聡泰

[ALEXANDROS]さん(@alexandros_official_insta)がシェアした投稿 -

読みにくい方のために、こちらにも記載しておきます。

庄村聡泰コメント
皆様へ

この度はこの様なご報告をする事となってしまい、大変申し訳ありません。

先日の腰の痛みとは別に、ツアー中盤から右足の動きに違和感を覚える様になってしまい、バスドラムがうまく踏めないという症状に悩まされていました。

改善の為に思い付く限りの処置を施してみましたが、なかなか症状が上向く事には繋がらない日々が続いていました。
先月の終わりに病院で精密検査を受けたところ「局所性ジストニア」との診断を受け、病名の公表については悩んでおりましたが、治療にはある程度の時間が必要となってくるとの医師の診断により、自分の現状を正直に公表した上で、しばらくの間ライブ活動を休ませていただく事になりました。

先日のさいたまスーパーアリーナ公演では、自分の強い出演への希望もあり、投薬や鍼灸など、また、メンバーやスタッフ、そして何より当日を楽しみにしてくれていたファンの皆様の力を借りる形で無事にやり遂げる事が出来たのですが、残念ながら現状完治には至らず、自分の復帰を望んで下さっている皆様には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、もうしばらく、お休みを頂く事となります。

その間は、BIGMAMAのリアドがサポートドラマーとしてステージに立ってくれることになりました。
人間として、ドラマーとして、全幅の信頼を置く事が出来る彼が自分の代わりにドラムを引き受けてくれたことには感謝してもしきれません。

そして、自分は引き続き病状の完治を目指し、また活動が出来る様最善を尽くして参りますので、ご理解頂けます様、宜しくお願い申し上げます。

引用:庄村聡泰のインスタグラムより

 

 

 

庄村聡泰の局所性ジストニアに世間の声は?

 

 

 

庄村聡泰の復帰時期はいつ頃か予測!局所性ジストニアの症状は?のまとめ

アレキサンドロスのドラムである庄村聡泰さんが、局所性ジストニアを発症し活動休止を発表しました。

アレキサンドロスは、庄村聡泰さんが活動休止となっている間は、代役のドラムでライブを継続していくようです。

 

代役のドラマーはBIGMAMAのドラムを叩いている「リアド偉武」さんで、以前から親交があるようですので庄村聡泰さんはリアドさんを信頼しているとコメントしています!

ファンからもたくさんの応援メッセージが届いています。
治療に専念してもらい、完治して元気な姿でステージに戻ってきてもらいたいですね!