井岡一翔のタトゥーの意味や画像!

世界3階級を制覇している井岡一翔選手ですが、一度現役を引退し結婚、その後はすぐに離婚しました。

2018年には現役復帰を表明し、その後すぐの復帰戦では勝利しています!

この数カ月の間に、井岡一翔選手は左腕に新しいタトゥーが入っていることが判明しました。

このような感じで左腕にゴリゴリとタトゥーが彫られています。
格闘技の世界に限らず、アスリートでは多く選手がタトゥーを入れているので気にならないですが、どうやらJBCではタトゥーを禁止しているようです。

井岡一翔選手の腕の内側に書かれていたのは、ラルフ・ワルド・エマーソンという思想家の言葉として有名です。

Thought is the blossom

language the bud

action the fruit behind it.

この内容は

思いは花であり

言葉は芽であり

行動は後に実をつける

という意味だそうです!

なんとなく、意味がありげな感じで思想家の名言って感じですね笑

井岡一翔選手がタトゥーを入れたのは、引退後〜復帰前までの間とみられているため、日本でボクシングをすることは辞め、別のチャレンジをすると決意したのではないでしょうか?

JBCではタトゥーを禁止しているので、タトゥーを入れると日本での試合がやりにくくなるというのは知っていたはずです。

しかし、山本KID選手もゴリゴリにタトゥーを入れていたので、格闘家にとってはあまりそのようなことは意味がないのかもしれません。

井岡一翔がリング復帰のためにタトゥーを消す方法はある?

日本でボクシングをするのであれば、タトゥーを隠す必要があります。

非常に面倒なことですが、ルールとして決定しているので、仕方のないことです。
外国人選手はゴリゴリにタトゥーをしているのだから日本人腺腫だけでタトゥーをしていなくても関係がないような気がしますが...

井岡一翔選手は軽量時にバンテージのようなものを左腕に巻いてタトゥーを隠していました。

報道によると、試合の際にはボディペイントによりタトゥーを隠すようですが、試合の汗で落ちたりしないのでしょうか...

ボクシングのルール的に大丈夫であれば、山本KIDのようにラッシュガードを着るというのもありますね。

他の方法としては、医療的に消してしまうというものもありますね。
せっかく彫ったので、消すことはないとは思いますが、JBCもかなり厳しいようですね。

 

 

井岡一翔のタトゥーに世間の声は?

 

 

井岡一翔のタトゥーの意味や画像!復帰のために消す方法はある?のまとめ

井岡一翔選手のタトゥーの意味や画像についてまとめてきました。

現役引退〜復帰までの間に彫られたタトゥーですが、一体どんな想いで彫ったのでしょうか?
結婚と離婚の期間も同じようなタイミングだったので、もしかしたらその辺りも関係しているかもしれません。

以前に、りゅうちぇるも自身の子供とペコの名前をタトゥーにして炎上していました。

それにしても、JBCはタトゥーが入っているとリングに上がれないというのは意外と厳しいんですね。