これからの時代の学習方法!爆発的に学習効率を高めるフォーミュラ!新社会人・受験生必見!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

学習効率を飛躍的にアップさせよう!

新時代に活躍できる!学習効率を高めるインプット方法って?

学生さんにもおすすめのインプットフォーミュラ!

社会人になると、色々なことを新しく学ぶ機会も増えますよね。

会社や上司から言われて新しく資格をとったり、自分でビジネスを立ち上げたりする際に本やセミナーなどで勉強する機会があると思います。

そんな時に、今よりも学習効率を高めた状態でインプットができたらどうですか?

最新の知見を元に、学習効率をあげるインプットフォーミュラをお伝えします!

インプットを爆発的にあげるフォーミュラ!

僕らが何かを学ぼうとするとき邪魔してくるものがあります。

それは、

『すでに知っているよ!』という気持ちです。

これを思った瞬間に学習がブロックされると言われています。

聞いたことある、知っている、またか、って反応(感情)が学習を破滅に導く

どうすればいいの?

意識的に、「自分は何も知らない」と暗示をかけて聞くと学習効果MAXです!

しかし、意外と「自分は何も知らない」と暗示をかけるのは難しいです。

簡単に自分を洗脳する方法は

相手の話に対してリアクションを大きくすることです!

僕たちは習慣の動物です。今までやってきたことや思考を急に変えることは難しいです。そこで、いきなり思考を変えるのではなくまずは「大きく頷く」や「口に出して反応する」などの行動から変えることで、徐々に思考を変えていきます。

心理学的に、人間の心は不調和音を嫌う性質がありますので

行動として「ほー!」「なるほどー!」「そうなんだ!」っと言ったり、大きく頷いたりしていると不思議と思考もそのようになるのです。

常に新鮮な気持ちで聞きましょう。

このマインドで聞くと、新しい発見が必ずあります!

僕らは、物事を全て見えていない。
見えていないことを見るために、俺は知っているを外す!
知っていると感じると、見えてないとこはずっと見えない。

『自分は知っている!と思った瞬間に新しい発見を失う!』

思ったらブロックされます。

新しい情報であると自分を洗脳してから聞いてください。

この「知っている」というフィルターが

なくなることで新しい発見・視点が見えてくる

どんな情報にも自分たちが気づかない情報がある。

常にオープンマインドで情報に接してください。

しかし、オープンマインドは練習しないとできないのです!

歳をとると「俺は知っている」は強化される

フィルターが強くなる学習効率下がる

「へぇ! 知らなかった!」って口癖の人は知識人であることが多いですよね。

「そんなん知っている!」って口癖の人は偏った知識しか持たないです。

歳をとると、新しいことが覚えにくい・・・
子供のころはスポンジのように覚えられる・・・

これって、よく聞きませんか?

実は「そんなん知っている」フィルターが強いか弱いかの違いが大きく影響しているのです。

謙虚に学ぶ姿勢・無邪気に学ぶ・聞くマインドだとマスターになれる!

「へぇ!」「知らなかった」「もっと教えて!」って言葉を口ぐせにしよう。

目を輝かせながら! まじ知りたい!って気持ちが大切です。

残念ながら意見に対し、即反論してくる人は学習効果がとても悪いです。

例えば

相手が10のことを言ってくれたとして、

その中の1つにフォーカスして反論すると

残りの9個の発見がなくなってしまいます…

全ての現実は、正しくもあり、間違ってもある

新しい意見が出たら、融合していくことが重要!
陰と陽のように融合してバランスをとっていく。

Ex)
コレステロールは悪だ!コレステロールは体にいい!と
対極の意見で対立するこの2つの意見を融合する。

コレステロールは体に良いこともあるし、悪いこともある。

陰だけが良い陽だけが良いなんてありえない!
常に融合したらどうなるか?を意識して考える!融合を追い求める!

常に新しいことを聞いているマインドで、聞いたことを融合する視点を持ちましょう!

学習のハッピーセットとは?

ご飯食べたら、うんこしますよね?

体にとっては、この循環が大切なのです。

これは、学習においても同じことが言えます!

効果的な学習とは、『インプット』と『アウトプット』がセットなのです。

僕たちが受けてきた義務教育では、インプットが多すぎる…

一見アウトプットと思われるテストも、実は本当のアウトプットではないのです。

真のアウトプットとは教育!

考えてみると、僕らは義務教育の9年間ずっとインプットをしています。

もしご飯を9年間ずっと食べ続けて、一回もうんこしてなかったらどうですか?笑

やばいですよね・・・

でも、そんな習慣を義務教育で自然と身につけているんです。

この学習方法を変えない限り、一生効率の悪い学習方法をし続けるのです。

どうすれば学習効果を飛躍的にあげることができるのか?

・アウトプットする環境を作ることです。

インプットした内容をすぐにアウトプットできる環境(人々)を持つこと!

アウトプットがない学習は効果的な学習ではないです!すぐに忘れてしまいます。

エビングハウスの忘却曲線では

インプットした20分後には42%1時間後には56%忘れると言われています。

1時間後には半分以上忘れているんですよ!

驚きですよね。

”蛍光ペンで要所を塗っても、何も頭には入っとらん!そうすることで、お前らは勉強した気になっているだけだ。”(桜木建二/ドラゴン桜)

まさにドラゴン桜で言ってる通りですよね、

1回聞いた、見ただけでは、ほとんど覚えていられないのです。

必要なのは、誰かに教えることで自分により定着させること

皆さんも、日頃からインプットした情報は誰かに教えてあげる習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

教育者こそ、学びの帝王である 故に教育者は聖職者なのだ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする