佐々木靖幸の顔画像特定?元介護士で犯行理由や関係性と殺意がやばい

またしても、引きこもり無職のおじさんが事件を起こしています。
今回は埼玉の東村山という田舎で起こった事件ですが、被害者に対して佐々木靖幸さんがめった刺しにしているので、殺意がかなりあったのでは?と見られています。

 

 

佐々木靖幸の顔画像や経歴は?

名前:佐々木靖幸
年齢:41歳
職業:無職(元介護士)
住所:埼玉県東村山

元同僚だった渡辺真澄さんをナイフで刺した、無職の引きこもりおじさんである佐々木靖幸容疑者ですが、元は介護士として働いた同僚のようです。

 

 

元同僚を刺してしまうというのは意味が全くわかりませんが、無職になって社会から切り離されるとこのような事態になってしまうのでしょうか?

 

最近は、無職の引きこもりおじさん関係の事件が多すぎて嫌になってしまいますね...
佐々木靖幸さんの犯行理由などについても調査していきます!

 

 

佐々木靖幸の犯行理由や事件現場

元同僚をめった刺しにして大量失血させるという怖すぎる犯人ですが、その犯行理由はどこにあるのでしょうか?

元同僚ということですが、2人の関係性は恋人だったのでしょうか。
佐々木靖幸容疑者と被害者は、同じ介護施設で2ヶ月間一緒に働いていたそうです。

 

その時に、佐々木靖幸容疑者は派遣として介護施設に勤めていたと言います。
被害者と佐々木靖幸容疑者は、事件の直前まで連絡を取り合っていたということですので、もしかしたら深い仲になっていたという可能性も十分に考えられます。

 

年齢も41歳と38歳で近いですので、2人が恋仲にあったとしてもおかしくはありません。
それに、犯行は被害者の自宅で行われているので、仲が良くもない男性を家に入れることはないはずです!

 

 

佐々木靖幸容疑者は、犯行の理由について『恨みがあった』と話していますが、一体何に対する恨みでしょうか?

もしかしたら、恋愛関係の解消と自身の無職が関係しているかもしれませんね。

 

「無職のやつとは付き合えない!」という感じでしょうか?
この辺りはわかりませんが、佐々木靖幸容疑者の頭がいかれていることだけは分かりますね。

事件が起こった被害者の家はこちら

入口はこんな感じです。

アパートの入口のぱっと見はそこそこ綺麗ですね!

 

 

佐々木靖幸の殺意がやばい

元介護士のキチガイ無職おじさんの佐々木靖幸容疑者ですが、被害者の女性の上半身を包丁でめった刺しにして失血によって命を奪っています。

司法解剖によると、胸や腹には刺された傷がなんと『十数カ所』もあったそうです。

 

これは明確な殺意がないと行われるものではないです。
それに、一部は心臓や内臓まで到達していたんだとか。

胸骨や肋骨・肋軟骨があるので、心臓まで到達するというのは相当なレベルですね。
やばすぎるキチガイ引きこもりおじさんということなのでしょうか?

 

しかも、佐々木靖幸容疑者が発見されたのは板橋区の商業施設だそうです。
人を刺した後に平然と商業施設で立ち読みをしているという精神が理解できないですね。

こんなイカれた人間が介護施設で働いていたと思うと非常に怖いです。

 

 

佐々木靖幸に対して世間の声は?

 

佐々木靖幸の顔画像特定?元介護士で犯行理由や関係性と殺意がやばいのまとめ

元介護士の無職引きこもりおじさんの佐々木靖幸容疑者についてまとめてきました。

元同僚の女性を刃物でめった刺しにするという意味不明な行為をした佐々木靖幸容疑者ですが、たった2ヶ月だけ一緒に働いた同僚に対して、そこまでの殺意を抱く理由が分かりませんよね。

 

元から精神がおかしかったということなのでしょうか?
こんな奴が介護施設で働いていると考えると非常に怖いですね...