高橋龍嗣の顔画像は?警察官が高齢者に詐欺の理由は投資の穴埋め?

まさかの警察官が高齢者を詐欺るという謎の事件が発覚しています。

警察からの振り込め詐欺というパワーワードですw
国家権力なのに詐欺ってくるというヤバめの事件ですが、警察ももはや信用できない時代になってきたのは正直驚きですね...

 

 

高橋龍嗣の顔画像は?

30代の京都府警巡査長が、勤務中に知り合った70代の男性から1200万円を騙し取った事で大きな話題になっています。

もはや警察官は信用できない時代に突入してきました。

自分の身は自分で守るしかないですね...

 

そんな詐欺警察官の京都府警巡査長ですが、顔画像に関して調べてみると送検されている時のワンボックスの映像がありました。

京都府警巡査長の顔画像は?高齢者から詐欺をした理由は投資の穴埋め?

いつもの警察であれば、カーテンなどはないのですが、やはり同じ警察の身内だけあってカーテンが閉まっています。

犯罪者に厳しい扱いの警察ですが、警察から出た犯罪者に対しては甘いようですね。

 

京都府警巡査長に関しての情報は、30代であることしか分かっていません。
巡査部長なので、おそらく男性でしょう!
配属されていた場所は、山科警察署の伏見区内の交番だそうです。

 

伏見区にはかなりたくさんの交番があります。

交番を1つづつ見ていくと、評判が悪い交番もちらほら見られます。
高齢者に詐欺を働くような奴がいる交番があるので、おそらく態度も悪かったことも考えられます。

 

犯人の顔画像が特定されました!

名前は高橋龍嗣という方のようです。
高橋龍嗣

詐欺をしそうな雰囲気には見えませんね!

 

 

伏見区の交番の評判が悪すぎて口コミがやばい

この3つは特に評判が悪いようです。
・伏見警察署 大手筋交番
・山科警察署管内 醍醐交番
・京都府伏見警察署

 

評価最悪な交番の口コミ

ここの警察は仕事をしません。
コンビニにいるバイクの騒音苦情を入れてライダーに職務質問ぐらいするかと思ったら素通りしておしまい。税金から給料貰って何してるの?お前らが仕事しないから治安が悪いんだよ?見てるか?クソ公務員
評価が3つで満点は無いでしょう!
刑事の調書の取り方を味わってみて、取調べの対象を一方的に責め立てるのはひじょうにおかしい。地域性を良く考えてはいかがでしょう。私は絶対にギブアップはしません。もちろん、交番のお巡りさんには良き方も多いですが、地域性を考慮した事を無視してるかのよう!
本当に、もっとしっかりしてや!としか言えない。調書は面倒臭い・○○○よりガラ悪い。適当。弱い者には徹底的に威圧してくる。
先日、車庫証明書を貰いに行きました。ディーラーの人達のように慣れている人以外は分かりにくいし、親切とはいえない対応でした。
免許の住所変更で訪れました。
窓口の女の人は愛想悪く対応もやる気が見えませんでした。
わからないことを質問すると溜息をされました。
伏見警察署の方は基本的に仕事に熱心な方が多いです。
地域柄、暴走族や不良少年が多くひったくりや車上荒らしが頻繁に起きますがその対策で2時間に1回ほどPCで巡回してくれるようになりました。お陰で被害の頻度は減少し稀にひったくりが起きるレベルになりました。
暴走族の騒音については爆音の排気音を掻き消すサイレンを深夜に轟かせ解決してくれました。
本当に地域密着型の警察と言う感じです。
住民の方には京都府警と認めていないらしいので早く認められるといいですね。
桃山御陵駅前の客待ちタクシーを何とかしてほしい。邪魔過ぎる。タクシーの運転者同士が殴り合いの喧嘩をしている事もよく見る。こんな近くに警察がいるのに、あなた達は一体何をしているの?

かなり厳しめの口コミが多いので、もしかしたら詐欺を働いた巡査部長もこちらにどこかに勤務していた可能性も考えられます。

 

 

高橋龍嗣が高齢者を詐欺で騙した事件の詳細

事件の詳細はこちら
京都府警の警察署に勤務する30代の巡査長の男が、特殊詐欺の対策で知り合った70代の高齢男性から1千万円を超える現金をだまし取った疑いがあるとして、府警が詐欺容疑で巡査長を任意同行したことが15日、捜査関係者への取材で分かった。府警は巡査長を聴取し、容疑が固まり次第逮捕する方針。

捜査関係者によると、巡査長は伏見署管内の交番に勤務していた昨年秋ごろ、金融機関から、「男性が多額の現金を下ろそうとしている」との通報を受けたことをきっかけに男性と知り合った。

この際、巡査長は男性宅に多額の現金があることを把握。その後、男性に対し「こっちで現金を預かっておく」と虚偽の説明をし、2回にわたって計約1100万円を男性からだまし取った疑いが持たれている。

巡査長は外貨投資を行っていたとの情報もあり、だまし取った現金はこの投資で生じた損失の穴埋めに用いられた可能性もあるという。

引用:産経新聞より

簡単にまとめると、70代の男性がオレオレ詐欺の被害に合いそうになった際に出会い、1000万以上持っていることを知った京都府警巡査長は、高齢者に「預かっておく」と警察官という立場を利用してお金をだまし取ったということです!

特殊詐欺の事件で駆けつけた警察官から詐欺をされるというコントのような状況です。

 

 

高橋龍嗣が詐欺で高齢者を騙した理由は投資の穴埋めか

警察が高齢者に詐欺を働くという謎の行動をした京都府伏見警察署の巡査部長ですが、詐欺を働いた理由は自身が行なっていた外貨投資が理由のようです。

捜査上の情報でこの70代の男性が1000万以上持っていることを知った詐欺警察官は、おそらく外貨投資で失敗した分の穴埋めを図ったのではないでしょうか?

 

往往にして、投資で失敗する人間というのは短絡的な思考の持ち主なので、今回のケースも老人から詐欺って奪った現金を使って増やして返せば大丈夫だ!という考えがあったと考えられます。

 

まじでクソみたいな考えですよねw
絵に描いたようなクズ人間です笑

こんな奴が警察官だと考えると、「日本も終わってんな」と思ってしまいます。
税金で飯食って、最終的にはガチで人の金で飯を食うというクレイジーパターンですwww

 

 

詐欺警察官である高橋龍嗣の処分は?

この詐欺警察官ですが、一体どんな処分が下されるのでしょうか?

起訴されて犯罪歴がつけば、警察官を続けることはできませんので除名処分のような状態になるのではないでしょうか?

 

ただ、気になるのはこの詐欺警察官の顔や名前が公開されていないということです。
誰が詐欺を働いたのか?が特定されていない状態のため、ひっそりと警察官に復帰されても気づく人がいませんよね。

 

警察はいつも内部の人間には甘いので、もしかしたら軽い処分で警察官を再び続けるという可能性も十分に考えられます。

こんな詐欺人間が警察官に復帰するようなシステムでは警察は信用できないですね笑

 

 

詐欺警察官の高橋龍嗣に世間の声は?

 

 

高橋龍嗣の顔画像は?警察官が高齢者に詐欺の理由は投資の穴埋めのまとめ

京都府警巡査長の詐欺警察官についてまとめてきました。

特殊詐欺の被害に合いそうになった高齢者の元に駆けつけた警察官に詐欺を食らうというコントのような事件ですが、かなり悪質ですよね!

 

警察という国家権力を盾にして、詐欺を行うとはかなり大胆な手法ですwww

 

どう考えてもバレるに決まっているのに...
かなり頭が悪い犯人なのでしょうか?

日本の警察は信用できないですね笑