誰でもSNSでシェアされる文章を作れる!魔法のフォーミュラ!

SNSで共感される情報発信のポイント

 

フェイスブックなどで文章を投稿しても、「シェア」や「いいね」がつかないなどの経験はないですか?

最近では、ビジネスでフェイスブックやインスタグラム・ツイッターなどのSNSを活用して集客やセールスをしている方も多いと思います。

 

SNSでシェアされるには、いかに「相手に共感してもらうか」が大切です!

文章自体に立体感がなく淡白な印象を与えてしまうと、相手は理解しにくいですし、共感してくれません。

もし、あなたの投稿が「いいね」や「シェア」が少ないとしたら『共感』されやすい文章じゃないのかもしれません・・・

 

そんなあなたに "共感を呼ぶ文章作成フォーミュラ"

 

TETA文章作成フォーミュラとは?

Ttalk 話し言葉

Eemotion 感情

Tthink 想い

Aact 行動

 

この「話し言葉」「感情」「想い」「行動」の4つの要素を文章に取り入れるだけで、不思議と臨場感や現実味のある文章がかけるようになってしまうのです!


 

例えば、

医学生の実習の場面でアドバイザーが「私は実習生に怒りを感じて、怒鳴りつけてしまった」といった文書は淡白な感じがしますよね。

 

ここにTETAフォーミュラを活用して文章に立体感を出していきましょう!
「私は実習生の『このレポートのどこにミスがあるんですか!』(話し言葉)という一言に強い怒りを感じ(感情)、『こんなに一生懸命に教えているのになぜ彼女はわかってくれないんだ』というもどかしさが頭をよぎりました(想い)
次の瞬間、頭に血が上り、手はワナワナ震えだし、思わず彼女を怒鳴りつけてしまったのです(行動)」

この例題の内容は、あまりSNS向きではないかもしれませんが

こうすると淡白だった文章にリアリティが出て、その場の状況がグッとわかりやすくなりますよね。

 

このように
文書にTETAフォーミュラの視点を取り入れるだけで
淡白で平凡だった文章に立体感が生まれるのです!

 

リアリティが生まれることで、読み手にとって内容がわかりやすく、想像しやすいものになってくれるので「共感」が生まれるのです。

 

文章を作っていく際は、第三者の目線に立ち読み手に説明が足りないと思えば「TETA」の視点を加えていき文章を補足していきましょう!

 

そうすれば、徐々に立体感のある文書に変わっていき
『共感』され、たくさんの人に読んでもらえる文章に変わります!

 

 

<心理学的解釈>

「話し言葉」「感情」「想い」「行動」が入った説明はリアリティが出る

<あなたが今日から始められる具体的行動>

文書を書いたら「話し言葉」「感情」「想い」「行動」の視点で推敲する