あなたの価値を上げるコピー術はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

価値を上げるコピー術

お客様が買っているのは、商品ではなく、付加価値である。

商品やサービスには2つの価値があります。

「商品価値」と「評価価値」です。

商品価値とは、その商品が持っている本質的な価値のこと
評価価値とは、その商品を取り巻く付加価値によって形成される価値のこと

例えば、

「ココナッツジュースいかがですか?」は商品の訴求ですが
「二人で飲むと恋が叶う!? ハッピーココナッツはいかがですか?」
であれば評価価値となります。

お客様は物やサービスの本当の価値=商品価値がわからないから「お客様」なのです。

本当の価値がわかっていたら、それは「プロ」であり同業者です。

お客様の多くは商品価値ではなく、評価価値に惹かれ商品やサービスに魅力を感じます。

評価価値を高めることで、お客様に強く訴える事ができるのです。

そのために、商品やサービスのネーミングやコピーを考えるのです。

どうすれば、お客様に対して評価価値が伝わるか?を考えることです。

例えば、

「町で一番のそば!」よりも「信州産のそば粉を使用し、富士山の湧き水で打ったそば 1日限定20食」だったら後者の方が「おいしそう」ですよね。

食べなければわかりません。食べていないお客様にいかに「おいしそう」と思ってもらえるかが評価価値の伝え方にかかっています。

評価価値とは
お客様の興味関心は何か?をお客様視点で考えて
できるだけ短い文章で端的に表現することを意識しましょう!

<心理学的解釈>

商品やサービスの価値には、「商品価値」と「評価価値」の2つがある

<あなたが今日から始められる具体的行動>

評価価値を上げる最も簡単な方法は、ネーミングやコピーをよく考えること。
そのコツは興味関心を刺激することは何かを深く考えること。
たった一人のお客様にターゲットを絞って、その人に刺さるようなコピーを考える。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする