正論おじさんは誰?顔画像や被害にあった商店街と看板撤去クレームの理由

【老害が爆発中】歩道クリーンアップなるものをやっている89歳の男性がモーニングショーで放送されました。

この行動により、商店街では活気がなくなり休業に追い込まれるお店もあるとのことです。
一体この男性はどんな人物なのでしょうか?

被害にあった商店街は、三重県松阪市にある『松阪駅前ベルタウン』という名前の場所のようです。

看板撤去のクレームをつけまくっているおじいさんの行動の理由についても解説していきます。

 

 

商店街を壊滅させた正論おじさんは誰?顔画像は?

モーニングショーで取り上げられた『正論おじさん』ですが、このおじさんのせいで、商店街の活気がなくなり休業するお店も出てきたと言います。

凄まじいパワーですね。
何かにつけて「こっちは法律を守っているだけ」という発言を繰り返して、地域の活性化を邪魔する謎の行動をする男性。

 

この男性は、報道によると89歳のおじいさんのようです!

正論おじさんの特徴まとめ
名前:不明
年齢;89歳
性別:男
特技:歩道クリーンアップ
趣味:道路に飛び出ている物を見つけてミリ単位で注意
意義:社会貢献?
属性:老害(商店街にとっては邪魔)

 

顔画像はモザイクでわかりません。

被害にあった商店街はどこ?

正論おじさんの老害っぷりが発動し、被害にあったのは三重県松阪市にある『松阪駅前ベルタウン』という商店街だそうです。

こちらが場所の詳細です。

この商店街は、正論おじさんの出現により、商店街自体の活気が低下し売り上げも目に見えて落ちているとのことです。

道に出ていたお店ののぼりや看板が、正論おじさんによって破壊されたり、商店街の商品を投げたりと意味不明な行動に出ています。

正論おじさんを注意しても、「私は法律に基づいている、一片のスキもない」という謎理論を発動させています...

 

報道では商店街が壊滅状態まで追い込まれているとまで言われていました。
かなりの老害っぷりを発揮していますね...

最近老害の事件多すぎwwww

 

 

正論おじさんが商店街に看板撤去のクレームを言う理由は?

89歳の正論おじさんが誕生してしまった理由としては、正論おじさんの家の近くの質屋の看板が『点字ブロック』を塞いでいたと言います。

そのことについて、警察に通報したところ、『対応する』と口で言っただけで実際には行動に移さなかったため、正論おじさんの暴走が開始されたそうです。

まじで既知外なろ老害ですが、点字ブロックに看板を置いているのはダメですね。

 

正論おじさんを取り上げたモーニングショーでは、コメンテーターがこのように発言しています。

・ジャーナリストの青木理さん
「点字ブロックに物が置いてあったというのはよくないが、こんなに完璧に守っていったら世の中が回らなくなる。あの取り締まりの仕方は営業妨害。正義感が暴走している」
・弁護士の菅野朋子さん
「道路交通法では一律禁止しているわけではない。ただ、許可申請がなかなかおりないのが現状。許可を取って、ちゃんとやっていくという方法もある」

 

この報道を見た正論おじさんが、自分の行動の愚かさに気づいてやめてくれると良いのですが...

 

 

正論おじさんに世間の声は?

 

 

松坂の正論おじさんは誰?被害にあった商店街と看板撤去クレームの理由のまとめ

モーニングショーで放送されていた老害の正論おじさんについてまとめてきました。

89歳ということで、以前まではこのような活動をしていなかったはずです。
しかし、ちょとしたきっかけで『謎の正義感』が発動して老害化しています。

 

点字ブロックに看板が置いているのは、確かに迷惑ですが、他のお店ののぼりや看板・商品を破壊する行為も十分すぎるほど迷惑な行為です。

 

自分を棚に上げて法律に従っているというアホな理論を振りかざす老害になる可能性は、多くの人が持っているので注意が必要ですね。

 

特に、SNSなどで事件について叩きまくっているような人は要注意です。
オフラインかオンラインかの違いだけで、やっていることは本質的には変りませんので...