サニブラウン選手が、100mを9.97秒で走ったことが話題になりました。
そんなサニブラウン選手ですが、レイナレイダーコーチの指導を受けたおかげで、タイムが一気に縮まったそうです!

ここからは、名コーチであるレイナ・レイダーコーチについて解説していきます。

 

 

レイナ・レイダーの顔写真や経歴は?

名前:レイナ・レイダー
年齢:48歳
国籍:アメリカ
職業:陸上のコーチ
職業:サニブラウンのコーチ
職業:オランダ代表のコーチ

レイナ・レイダーコーチといえば、サニブラウン選手を教えているプロのコーチです。

レイダーコーチは複数のオリンピック金メダリストを育てているアメリカ出身の指導者ですが、サニブラウン選手の脅威的な成長にも関わっていたそうです。

 

レイダーコーチは高校、大学、そしてプロチームで指導経験があり、技術的に優れたコーチングに定評があります。

そして年齢や性別が異なる選手を指導しているため、様々な選手に対応することができるそうです。

さすがは、名コーチ!
レイダーコーチのおかげで、サニブラウン選手も記録が飛躍的に伸びたそうです。

 

 

レイダー名コーチの指導・教育方法がすごい!

サニブラウン選手のタイムを大幅に伸ばしたレイダーコーチの教育とはどのような方針なのでしょうか?

上記でも解説しましたが、レイダーコーチは高校生〜プロまで幅広くコーチングしているため、年齢や性別を問わず対応することができる人物です。

ここから、考えられることは、レイダーコーチが陸上に対して1つの考えに固執していないということですね!

日本のコーチでよくあるのが、長い経験により最新の情報をうまく受け取れないという現象です。

過去の成功体験によるプライドが邪魔して、科学的には根拠のないことをいつまでもやってしまうというものですね。

 

実際に、レイダーコーチがサニブラウンについて話したインタービューでは、彼の走りから問題点を抽出し、課題を共有してそれを解決するためのプログラムを組み徹底的な練習を重ねた結果、100mと200mで自己新記録を叩き出しています。

 

さらに、レイダーコーチはオランダ代表のコーチも務めています。
オランダといえば、スポーツ文化が根付いている国であり、特に科学的なフィジカル面の強化には独自のシステムを持っていると言われています。

そんなオランダで代表のコーチをしているレイダーコーチも、フィジカル面の強化には当然詳しいと考えられます。

様々な年代の選手に対応でき、最先端の科学によるフィジカルトレーニングも取り入れるレイダーコーチは、やはり名コーチということですね!

 

 

サニブラウン急成長の影にはレイダーコーチの指導

最近では100mで9.97秒を叩き出し、話題になったサニブラウン選手ですが、実は2017年にレイダーコーチの指導を受けてタイムが飛躍的に伸びているのです。

もしかしたら、100mを9秒台で走れたのもレイダーコーチの指導のおかげかもしれません。

 

サニブラウン選手のタイムが大幅に縮まった理由は、スタートしてから最初の3歩のさばき方にあるようです。

レイダーコーチのインタビューを見ると、サニブラウン選手については、以前から知っており才能のある選手だと思っていたそうです。

サニブラウン選手は最初のスタートダッシュが苦手だったので、「最初の3歩」を徹底的に意識させフィジカルトレーニングと合わせてプログラムを組んだそうです。

その後も、走りのフォームの改善と筋肉量の増加により苦手だったスタート時の動きが滑らかになり一気にタイムが縮まったようです。

レイダーコーチは「今まで指導した中で、18歳の時点では一番良い選手だといえる。指導を素直に聞く力があり、すぐに吸収できる」と絶賛しているようです。

 

さらに、レイダーコーチは、良い走りには一緒に喜ぶタイプのコーチのようで、サニブラウン選手も自分の意見を聞いてくれてやりやすいと話しています。

コーチングやフィジカル的な部分だけでなく、一緒に目標に向かっている感も重要になってくるのでしょう!

 

レイダーコーチは、スタートだけでなくサニブラウン選手の走りをストライドからピッチに修正する指導も行なっていたようですね。

 

 

レイダーコーチに世間の声は?

 

サニブラウンが100mを9.97秒で走った映像はこちら
≫ 【動画】サニブラウンが9.97秒の日本新記録!早さの理由や教育の違い!

 

 

レイナ・レイダーの顔写真や経歴は?名コーチの指導・教育方法がすごい!のまとめ

サニブラウン選手のタイムを飛躍に伸ばしたレイダーコーチについてまとめてきました。

コーチとしては年齢も50代間近ということで、イケイケの世代と言えるでしょう。
かなり、各方面から信頼の厚いコーチのようですので、サニブラウン選手としては非常に良い経験をさせてもらったという感じではないでしょうか?

 

やはり、世界のコーチはレベルが高いですね!
日本のコーチも頑張ってください。