川崎通り魔事件の犯人の顔画像と名前を調査!犯行動機を被害者から予測!

川崎市多摩区にある登戸駅入口のバス停で、16人もの人を包丁で刺す通り魔が発生し、現場は騒然となっています。

犯人の顔画像や名前(岩崎隆一で無敵の人)・facebook情報・事件現場の詳細など調査していきます。

犯人自身は、自らを刺して命を絶ってしまったため、真実は闇の中ですが状況証拠などから犯行動機などを考えていきます!

 

 

 

川崎通り魔事件の犯人の顔画像と名前を調査

川崎市多摩区にある登戸第一公園付近のバス停で、大人と子供を合わせて16人が刺されるという通り魔事件が発生しました。

時間帯も午前7時46分ということで、通勤ラッシュの時間となっています。

犯行を行った男性は身柄を拘束されましたが、持っていた凶器で自身を切りつけ命を絶っています。

犯人の名前や顔画像について公的な報道機関、各種ワイドショーでは報道されていませんでした。

SNSなどで独自に調査してみましたが、やはり犯人に関する情報としては、51歳の男性という断片的な情報しか入ってきていません。

 

今後、情報がわかり次第追記していきます。

名前:岩崎隆一
年齢:51歳
住所:川崎市麻生区
職業:不明(無敵の人)
性別:男性

年齢が判明しているということは、ある程度個人情報は特定されているということになりますので、今後徐々に情報が明らかになっていくでしょう。

*無敵の人というのは、ネットスラングで世間から切り離されており失うものが何もないような人物を指します。

 

 

犯人である岩崎隆一の写真が学生の理由
≫ 岩崎隆一の顔写真が中学時代の理由は無敵の人だから?サイコパス説浮上

 

 

川崎通り魔事件の発生場所はどこ?

犯人が通り魔を行なった場所に関しては、『登戸第一公園』と報道されています。

スクールバスがの停留所となっている、登戸駅入口というバス停が正確な場所だそうです。
ちなみに、ここはカリタス学園のスクールバスの停留所にもなっています。

 

詳しくはこちら

かなり駅にも近いですね。

 

 

川崎通り魔事件の犯人動機を被害者から予測

最も疑問に上がってくるのは、なぜ通り魔をしたのか?という犯人の犯行動機です。

犯人は自身を切りつけ命を絶っているので、本人に犯行動機を聞くことはできません。

そこで、犯人の行動や被害者の切り傷などから犯人の犯行動機を予測してみます。

通り魔事件のポイント
・事件が起こった場所が『登戸駅入口』というバスの停留所
・朝の通勤ラッシュの時間帯に事件が起こった。
・被害者の傷は頭部〜首〜上胸部にある。
・犯人は2本のナイフを両手に所持し攻撃
・子供から大人まで被害にあう
・カリタス学園の生徒が多く巻き込まれた

これらのことから考えると、衝動的な犯行ではないことが明らかですよね。
人が多い時間帯・人が多い場所を狙った犯行ということが言えます。

また、犯人がバス停にいた人を切りつけた際に、頭部〜首〜胸部と命に関わる部分を狙っていることから命を奪うという目的を感じられます。

バス停にいた16人を襲っており、子供から大人まで切りつけているので、特定の人物に対する怒りなどではない。ということが予想されます。

さらに、名門カリタス学園の生徒が多く巻き込まれたということで、お金持ちに対する妬みや嫉妬などでしょうか。

 

これらのことから、命を絶つという目的を持った計画的な犯行だったのではないでしょうか?
サイコパス的な発想ですが、何をしたかったのか?といのは誰にもわかりませんね...

この男性によって、命を落としてしまった方もいるようですので、本当に悔やまれる事件です。

 

事件現場はカリタス学園の生徒が多く巻き込まれました。

これについてのマスコミの取材が炎上
≫ 川崎の通り魔でカリタス学園の反応は?マスゴミの取材が不謹慎で炎上!

 

 

川崎の通り魔事件に世間の声は?

 

 

川崎通り魔事件の犯人の顔画像と名前を調査!犯行動機を被害者から予測!のまとめ

川崎市の登戸のバス停で起こった事件についてまとめてきました。

犯人の顔画像や名前などは現時点では明らかになっていませんが、身柄は取り押さえられていて命を絶っているので身元が明らかになるのも時間の問題でしょう。

行動の意味は全くわかりませんが、事件の流れから考えると突発的な事件ではないことは明らかですね。

 

事故に巻き込まれて命を落としてしまった方が悔やまれますね。