三重県で少年が探検中にパチンコ店廃屋で落下し命を落とすという悲しい事故が起こりました。
少年が落下してしまったパチンコ店を調べてみると、『GOAL鈴鹿店』というパチンコ店であることが判明しました!!!

GOAL鈴鹿店がいつから廃屋として放置されているのか?についても調査してみました。

 

最近では、パチンコ業界の低迷により閉店するパチンコ店が増えているので、お子さんがいらっしゃる方は近所にある廃屋には注意した方がいいかもしれません。

 

 

三重県のパチンコ店の廃屋で少年が落下事故

三重県で悲しい事故がありました。

三重県鈴鹿市北長太町の元パチンコ店で、探検していた18歳の少年が転落し命を落としてしまう事故が発生しました。

少年は転落後に病院に運ばれましたが、2時間半後に帰らぬ人となってしまったようです。

以下は、詳しい事故の流れです。
19日午前2時半ごろ、三重県鈴鹿市北長太町の元パチンコ店の廃屋の2階から同市の会社員の少年(18)が転落したと、一緒にいた人が119番通報した。少年は病院に搬送されたが、頭などを強く打ち、約2時間半後に帰らぬ人となったことが確認された。
鈴鹿署によると、少年は友人らと5人で午前1時半ごろから、自宅近くの廃屋の「探検」をしていた。2階にある観音扉を開けて先に進もうとしたが、足場がなく、7~8メートル下の駐車場へ転落したという。

引用:yahoo!ニュースより

 

 

少年が落下したパチンコ店廃屋の場所がどこか特定!

少年がパチンコ店廃屋を探検し落下してしまったお店は、三重県鈴鹿市北長太町にあるパチンコということになっています。


事故があった鈴鹿市は海沿いの町のようですね。

 

三重県鈴鹿市北長太町を調べてみると、いくつかパチンコ店があるようですね。

検索でヒットしたパチンコ店は、全て営業中のものでしたので事件があったパチンコ店とは異なるようです!

ヤフーニュースには、事故があったパチンコ店の廃屋が掲載されていましたので、一つづつ調べていったところ、事故があったお店を特定することができました!

 

 

三重県で少年が転落したパチンコ店はゴール鈴鹿店でいつから閉店?

少年が探検して事故を起こしてしまったパチンコ店の場所は、『GOAL鈴鹿店』というパチンコ店だったようです!

こちらが外観です。

ヤフーニュースの外観がこちらですので、一致しているのがわかると思います。

上記で掲載したのは、20014年時の写真です。
2014年時は、入れないようにロープが張られていますのですでに閉店していることがわかりますね!

 

2012年の際の様子を見ると...

このように車が停まっているので、営業していることがわかります。
2012〜2014年の間に閉店したということでしょう。

少なくとも5年間は廃屋として放置されていることになります...

 

事故によって命を落としてしまった少年は、こちらのパチンコ店廃屋で2階にある観音扉を開けて進もうとした際に、足場がなく転落してしまったので皆さんもお子さんが探検に出かける際には2階には上がらないように注意しましょう!

自分の近所に危険な廃屋がないか調べておくのもいいかもしれませんね。
最近ではパチンコ業界の業績が低迷しており、閉店するお店も増えてきているので、パチンコの多い地域の方は注意したほうがいいかもしれません。

 

 

パチンコ店の廃屋での転落事故に世間の声は?

 

 

三重県で少年が転落したパチンコ店廃屋の場所はどこか特定!ゴール鈴鹿店?のまとめ

最近では、パチンコ店が閉店するケースが増えてきており、廃屋となって残っていることも多い印象があります。

特に、国道沿いにある田舎のパチンコ店が潰れると、廃屋となるケースが多いので非常に危険な環境になっています。

 

今回の事故では18歳ということで、自分で危険であるという判断ができなかったことが悔やまれる事故ですが、友達と一緒に探検していたということで、ノリで正常な判断ができなかったのかもしれませんね...

危険認知が低いという問題もありますが、このような危険な廃屋をいつまでも放置していた土地の管理者や行政にも責任があるのかもしれません。

コロナよりやばい..