泉水卓が公園に突っ込む事故

またしても園児が絡んだ事故が発生しました。

今回の事故は、千葉県の公園の砂場で遊んでいた園児に急発進したプリウスが突っ込んでくるというものです。

その際に、一緒にいた30代の保育士さんが園児をかばい足を骨折しています。

保育士さん凄すぎです...
それにしても、クソすぎる事故が続いていますね。

もはや、園児が安全に遊べる場所なんてないのでは?と思わせる事故です。
そして、またしても高齢者ドライバーが犯人です。

 

 

泉水卓の顔画像や経歴

名前;泉水卓
年齢:1954年 65歳
住所:千葉県市原五井市
職業;無職
罪状:自動車運転処罰法違反

泉水卓容疑者の顔画像については、SNS関連には上がっていませんでした。
これからテレビの取材が増えていくことで顔写真も公開されると思われます。
情報が追記され次第加筆していきます!

泉水卓容疑者の行為は許されることではないですが、住所や電話番号などがネット上に流出しているようでしたので、やや危険な状態かもしれません。

 

ちなみに乗っていたのは、おなじみのプリウスです。

 

 

泉水卓の上級国民説と事故の原因とは?

泉水卓容疑者に『上級国民説』が流れているようです。

この上級国民説が流れたのは、泉水卓容疑者の言い訳が上級国民こと飯塚容疑者と似ていたことが理由のようです。

泉水卓容疑者は速攻で逮捕されたので上級国民説はネタですがw

 

泉水卓容疑者は、事故が起きた原因として『突然、急発進した』という言い訳をしています。
見苦しすぎて免許を返還しろとしかいいようがないですね。

 

この言い訳は上級国民レベルです。
まるで自分には非がないかのような発言ですし、責任の所在を隠そうとする悪質な意図が見受けられます。

この考え方は、完全に飯塚上級国民ですね。

 

 

プリウスが突っ込んだ公園はどこ?

泉水卓容疑者が突っ込んは公園は千葉の梨の木公園という場所のようです。

 

この公園の中で、園児が遊んでいた公園のこの辺りに突っ込んだようです!

公園にまで車突っ込んでくるとは、もはや日本には園児が安全に遊べる場所は存在しないのかもしれませんね。

プリウスミサイルという言葉まで生まれているようですので、トヨタは早急に調査をして車自体に問題がないということを表明すべきです!

ドライバーのせいで風評被害を受けるケースも多いので対応の速さが求められます。

 

世間の声は?

 

 

まとめ

園児が遊んでいた千葉の公園に突っ込んだ事故についてまとめてきました。

考えられないような事故が発生していますが、事故を起こした泉水卓容疑者自身の言い訳も結構クソです。

 

65歳無職のドライバーということで、高齢者と呼ぶにふさわしいか微妙なラインですよね。

高齢者=危険運転という訳ではないですが、運動能力が衰えているのは間違いないので、周囲の人が気づいたら高齢者の運転は中止していきましょう!