スポンサーリンク
スポンサーリンク

藤本万梨乃アナが可愛い!経歴や医学部でも医者にならなかった理由とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

藤本万梨乃アナが可愛い

フジテレビに大型新人のアナウンサーが入社したと話題になっています!

フジテレビといえばカトパンでしたが、それに次ぐアナウンサーが出ておらず低迷していたフジテレビアナウンサーですが、藤本万梨乃アナという才色兼備な新人アナウンサーが誕生しています。

SNSやネット上では、可愛すぎると話題沸騰中です!!!

当然のように東大美女図鑑には乗っています笑

そんな藤本万梨乃アナですが、東大の医学部卒という脅威的な経歴を持っています。
才色兼備の最強アナウンサーである藤本万梨乃アナについてまとめていきます!

藤本万梨乃アナの経歴や学歴

藤本万莉乃アナが可愛い!経歴や医学部でも医者にならなかった理由とは?

名前:藤本万梨乃(ふじもと まりの)
年齢:1995年10月30日
出身:福岡県
身長:163cm
学歴:東京大学医学部健康総合学科
学科:東大理科二類
趣味:ご飯屋さん巡り
特技:クラシックバレエ・ダンス

期待の新人アナウンサーである藤本万莉乃アナですが、趣味を見てみると普通の女子大生と変わらない普通のものですよね!
もしかしたら、ご飯屋さんのレベルがすごく高いという可能性はありますが笑

さらに、大学時代は「step」というサークルでk-popダンスをコピーして演じる活動をしていたようです!

クラシックバレーをやっていたので、表現力やダンススキルというのも非常に高いということになりますね。
お笑いの養成校でもダンスのレッスンはあるようですので、ダンスというのは表現力を高める要素としてかなり有効だと考えられます。

ダンスはリアクションのキレにも影響しますし。

もしかしたら、藤本万梨乃アナはダンスサークルで培ったキレを使ってバラエティでも活躍するかもしれませんね!!!

アナウンサーというよりも、モデルです!って言われて出てきても違和感は全くないですね。
すでに今の時点で完成されている印象です..

調べてみたら、実際にnon-noで読者モデルをやっていたようですね!

ダンス動画についてはこちら
≫ 藤本万梨乃アナ所属の東大サークルstepとダンス動画!k-pop完コピで凄い!

藤本万梨乃アナが医学部でも医者にならなかった理由

東大医学部を卒業しフジテレビのアナウンサーになった藤本万梨乃アナですが、多くの人は「なぜ医学部に入ったのに医者にならないの?」と疑問に感じると思います。

僕もそう思いましたw

しかし、調べてみると医学部に入ったからと言って全員が医者になるコースにいる訳ではないようです!

東大は入学時点では専門分野は決まっておらず
文系:分科一類・分科二類・分科三類
理系:理科一類・理科二類・理科三類となっています。

ちなみに、理科三類は東大の中でも、異次元の頭脳の持ち主たちが進む科と言われています。

藤本万梨乃アナが通っていたのは、東大医学部の『健康総合科学学科』という学科です。
この学科は、医者になるための学科ではなく「健康科学」を学ぶための学科なのです!

つまり、そもそも健康総合科学学科にいる時点で医者になることを目的としていないということですね。

健康総合科学科の教育の目標は、ひとびとの健康に働きかけ幸福(ウェルビーイング)の向上に寄与するため、健康総合科学に依拠し、その理論と実践に必要な基礎的知識・技能を修得するとともに、健康に関わり社会に貢献するプロフェッショナルとしての倫理観を育むことです。

引用:東京大学大学院より

この学科の卒業生は半数以上が大学院に進むようですが、保険や製薬会社などの一般職と呼ばれる職業につく人も多いようです!

保険の営業マンや不動産の営業マンで、たまに見かける東大医学部です!っていう人達も、「健康科学学科」を卒業していたのかもしれません。

この人達に対しても、なんで医学部なのに「保険」や「不動産」の営業という業界にいるのだろうか?と思っていたのですが、謎が解けました笑

理系の東大はビビるくらい頭がいいと言われていますので、藤本万梨乃アナの今後の活躍に注目していきたいですね!!!

世間の声は?

まとめ

藤本万梨乃アナの経歴や学歴・医者にならなかった理由についてまとめてきました。

東大医学部卒業という異例すぎる経歴を持つ藤本万梨乃アナですが、医者にならなかった理由は、そもそも医者になる学科ではなかったということでした。

単純に、大学の医学部のシステムを知らなかっただけでした笑
皆さんは、このシステムご存知でしたか?

医学部ってみんな医者になるわけでないんですね笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする