心理学を利用した最強マーケティング術!動かない人を動かす術!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もし相手が、今よりも自分の思っているように行動してくれたら?

おそらく、仕事や人間関係がより円滑になるのではないでしょうか?

相手に望むことを告げると、そのことを相手は意識する

相手の行動に影響を及ぼせる方法が存在します!

心理学の理論に「ラベリング」と呼ばれるものがあります

例えば、相手に「あなたは明るい人だよね」と言われると、その人は自分のことを明るい人間だと感じますが、「あなたはうるさい人だよね」と言われると、その人は自分をやかましい人なんだと感じるようになります。

相手に特定の「ラベル」を貼ると本人は貼られたラベルの通りの行動をとるようになりやすいという理論です。

ちなみに、「顔色悪いよ!」って言われて本当に調子が悪くなるのも、ラベリング効果の1つだと言われています。

ビジネスでの交渉でも優位になる

例えば、「御社のように経費の削減に真剣に取り組んでいる会社は初めてです」と
相手にラベルを貼ります。

すると相手は、無意識に次のような心理が生まれます。

「うちは経費の削減に真剣な会社だと思われている。それらしい振る舞いをしなければ

その後に、経費削減のサービスの提案を行うと効果的な交渉ができるというわけです。

お客様!お目が高いですね!もラベリングの1つです。

この声かけをされることで、お客さんは自分が選んだ商品に自信をもち、より購買意欲が高まるのです。

たくさんの心理学のテクニックがセールスでは使われていますよね!

<心理学的解釈>
人は特定の「ラベル」を貼られると、そのラベルの通りの行動をとるようになりやすいのです。<あなたが今日から始められる具体的行動>
セールスや商談では、あなたが相手にこうあってほしいと思っていることを
「あなたは〜な方ですね」と言葉で予め規定し、ラベル付けを行おう。

動かない相手を動かす心理学

自分で決めたと思えば、自らの意志で動くようになる

どんなに、周囲から「あれをやれ!」「こうしろ!」と言われても

「自分で決意するまでは真剣に動かない」ということです。

「人は自分で決意したと思うことには心から納得し、その決意に従って行動する傾向がある」

要するに
「自分で決めた」と思ってもらうことが必要なのです。

「このサービスや商品の申し込みは自分の意志で決めた」と感じてもらわなければなりません。

実はネット上やセミナーなどでこの技法は多く見られます。

例えば 

「本当に志望校に合格したいと心から強く思っている方は、チェックマークに印をつけてから次のページにお進みください」
これは、「自分で合格すると決意して次ページに進んだ」という自己の決意を自分で認識させるための仕掛けです。
他にも、セミナー開始時の目標設定と署名
保険の契約などで最終的に「自分で署名させる」行為もそれにあたります。

あなたのビジネスでは、どのようにお客様を誘導するとお客様は「自分で決めた」と感じてもらう事ができるでしょうか?

考えてみてはいかがでしょうか?

<心理学的解釈>
人は自分で決めたと感じた事には積極的に行動するようになる<あなたが今日から始められる具体的行動>
商談や接客の場では選択肢を用意する。購入の動機を尋ねてそれに答えてもらう、自らの手で署名してもらうといったことを通して、相手に「これは自分で決めたことなのだ」と認識してもらえるようにしよう。

「自由」に相手に選ばせる術

相手に判断を委ねると、関与を始める

とある研究所で「ある言葉」に関して実験が行われました。

「電車に乗る小銭を貸してくれませんか?」
こう言われた人のうち約10%が小銭を貸してくれたそうです。
ここに「ある言葉」を足した所、小銭を貸してくれた人の割合が47%以上に増えました。

『あなたの”自由”です』=魔法のコトバ

4倍以上に協力者を増やした事とは・・・

「電車に乗る小銭を貸してくれませんか? もちろんあなたの「自由」です」たったこれだけです!

驚くべきことに、「自由」という言葉を足したことで貸してくれた人数と金額までもが増加したのです。

『自由』という言葉には不思議な力があるのかもしれません。

強制力には抗い、自分の意思決定を優先する

「あなたの自由です」と言われてから決めた行動は「自分で決めたこと」なので、より対象に積極的に関与する傾向があるのです。

相手に自分の選択に積極的に関与してほしいという場面であなたも一度、このテクニックを試してみてください。

もちろん、このテクニックを使うかどうか、それはあなたの自由です。

<心理学的解釈>
人は強制されたことには抵抗する。自分で決めたことには積極的に関与する<あなたが今日から始められる具体的行動>
セールストークや広告で「あなたの自由です」という表現を使い、相手の積極的な関与を引き出そう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする