エマヌエル・ロドリゲスの強さや成績は?強い理由や特徴・試合動画も!

ボクシングの井上尚弥さんが2019年5月に試合を控えているエマヌエル・ロドリゲス選手ですが、対戦相手のエマヌエルロドリゲスさんを知らないという方が意外と多いので、無敗の戦績や強さの秘訣や試合動画についてまとめていきます。

 

 

エマヌエル・ロドリゲスの強さや成績(戦歴)

名前:エマヌエル・ロドリゲス
年齢:1992年8月8日 26歳
出身:プエルトリコ
身長:169cm
階級:IBF世界バンダム級王者
所属:ウォーリアーズ・ボクシング・プロモーション
デビュー:2012年6月にプロデビューし初回KO勝ち

エマヌエル・ロドリゲス選手は、IBF世界バンダム級王者であり、プロの戦績は18戦18勝12KOという凄まじい記録を持っている無敗のチャンピオンです!

まるで、はじめの一歩のような戦績です。

日本ではあまり話題にならないボクサーですが、戦績はかなり凄いです。

詳しい戦歴はこちら
2012/06/01 ○1RTKO ハソン・アゴスト(プエルトリコ)
2012/07/07 ○2RTKO ハイメ・ゴンサレス(プエルトリコ)
2012/08/31 ○4RKO ルイス・オルティス(プエルトリコ)
2013/04/06 ○6RTKO ホセ・ルイス(プエルトリコ)
2013/06/22 ○4R判定 ラモン・エミリオ・セダノ(ドミニカ共和国)
2013/08/24 ○3RTKO エドワード・バルガス(ドミニカ共和国)
2013/10/26 ○6R判定 フェリペ・リバス(メキシコ)
2013/12/21 ○8R判定 ダビド・キハノ(プエルトリコ)
2014/04/05 ○8R判定  フェリックス・ペレス(プエルトリコ)
2014/10/18 ○1RKO ミゲール・カルタヘナ(米)
 L WBOラテンアメリカバンタム級王座獲得
2015/02/21 ○2RTKO ハボル・モルナル(ハンバリー)
2015/05/30 ○3RKO ルイス・ヒノホサ(ドミニカ共和国)
2015/08/22 ○7RKO アレックス・ランヘル(メキシコ)
 L WBAラテンアメリカバンタム級王座獲得
2015/11/25 ○7RTKO エリエセル・アキーニョ(ドミニカ共和国)
2016/06/03 ○10R判定 アルベルト・ゲバラ(メキシコ)
2017/03/25 ○1RKO ロビンソン・ラビナンサ(チリ)
2017/08/05 ○4R棄権 ヒオバニ・デルガド(メキシコ)
2018/05/05 ○12R判定 ポール・バトラー(英)
 L IBF世界バンタム級王座獲得
2018/10/20 ○12R判定 ジェイソン・マロニー(豪)
2019/05/18 対戦予定 井上 尚弥(大橋) wowowで生中継
獲得タイトル
・WBOラテンアメリカバンタム級王座
・WBCラテンアメリカバンタム級暫定王座
・WBAフェデラテンバンタム級王座
・WBCラテンアメリカバンタム級王座
・IBF世界バンタム級王座(防衛1)

 

 

エマヌエル・ロドリゲスが強い理由や特徴

エマヌエル・ロドリゲス選手の試合を見ていると、かなり賢い選手であるように感じます。

試合ごとに相手の動きをしっかりと分析しており、それに対してオフェンスやディフェンスをしっかりと組み立てている様子を見ると賢い選手のようです。

この戦法で戦う理由としては、一発のパンチがそこまで重くないからではないでしょうか?
試合の映像を見ると、エマヌエル・ロドリゲス選手はやや線が細いような印象を受けます。

パンチが重くないと言っても並レベルというだけで弱いというわけではないですが...

 

しかし、パンチやスピードの点を補うように左フックや右ストレートを打つタイミングや速さが絶妙でキレがあると評価されているようです。
※カウンターがうまい系のボクサーですね!

また、ボディなどのコンビネーションも上手く使っており、試合の組み立てが上手いという特徴もあります。

井上尚弥選手と比べると、パワーやスピードは落ちますがテクニックや試合の組み立てでは、やや上回っているという評価のようです。

ちなみに、ボクシングセンスに関しては、井上尚弥選手の方が上のようですね!

 

 

エマヌエル・ロドリゲスの試合動画

無敗のチャンピオンであるエマヌエル・ロドリゲス選手ですが、試合巧者ぶりがプレイスタイルから分かります。

特に左のフックと右ストレートの速度が半端ないですし、左の手数も多い選手です。

いくつか試合の動画を載せておきます。

エマヌエル・ロドリゲス選手の身長は169cmで、井上尚弥選手の身長は170cmですのでリーチ自体にはそこまで違いはありません。

こうなってくると、エマヌエル・ロドリゲス選手は井上尚弥選手の重いパンチを避けるためにアウトボクシングに徹することは難しいので、激しい打ち合いなどが見られる可能性もありますね!

 

 

エマヌエル・ロドリゲスに対して世間の声は?

井上尚弥選手とエマヌエルロドリゲス選手のカードを楽しみにしているボクシングファンが多いようですね!!!

 

 

まとめ

エマヌエル・ロドリゲス選手についてまとめてきました。

戦績を見るとかなり強力な選手ですが、プレイスタイルを見るとパンチが重いというよりもテクニックや戦略で戦うクレバーな選手であることが分かります。

 

身長差もないので、リーチを生かしたアウトボクシングも難しいと考えられます。
個人的には、井上尚弥選手とエマヌエル・ロドリゲス選手の打ち合いが見たいところです!

どちらにせよ、激しく楽しい試合になると嬉しいですね。

ちなみに、『井上尚弥vsエマヌエル・ロドリゲス』の試合は、5/19(日)のAM4時半からwowowで生中継するようです!

両者のファンにとっては必見の試合ですね!
まだwowowに加入していない人は、当日慌てないように今のうちに入っておきましょう。