イチロー選手が引退を発表してから約1ヶ月が経ちましたが、イチロー選手の引退後の活動内容が明らかになってきました。
今後も日本ではなく、アメリカを中心に活動していくようです!

イチロー選手の引退後の仕事内容や年収などについて解説していきます。

 

 

引退後のイチローがマリナーズのインストラクターに!

東京ドームで引退試合を行ったイチローでしたが、今後はどのような活動をしていくのか?という部分を多くの人が注目していたと思いますが、マリナーズの会長付き特別補佐に就任し、インストラクターとして選手の指導もやっていくことが発表されました。

 

引退会見でも、「野球を愛しているので今後も野球は続けていきます」というようなことを話していたのでイチロー選手らしい道に進みましたね!

ただ、会見の中で草野球や部活動などの学生野球にも興味を示していたので、そこが叶わなかったというのは悲しい部分でもあります。

イチロー選手自身はまだ若いので、メジャーのインストラクターとして活動した後に日本で部活動としての高校野球などに介入してくれるのかもしれませんね!!!

 

 

マリナーズのインストラクターになったイチローの年俸や報酬はいくら?

以前、イチロー選手がマリナーズの球団特別アドバイザーに就任したときは、基本年俸は8000万円+出来高払いとなっていました。

 

今回の契約でもこれくらいの年俸が支給されるのではないでしょうか?
一般的にコーチの場合は1000万〜3000万円程度と言われており、監督は5500万円〜3.3億円程度と言われています。

やはり、コーチと監督では大きな開きがあるようですね!

ちなみに、松井秀喜選手の球団特別アドバイザーとしてもらっている報酬は、4000万円〜5000万円と言われています。

 

<報酬をまとめると>
・コーチ:1000万円〜3000万円
・監督  :5500万円〜3.3億円
・松井アドバイザー: 5000万円
・最高年俸の監督:14億1700万円

イチロー選手の功績や影響力を考えれば、年俸は8000万円〜数億円になると思いますが、実際のところは不明です。

 

そもそも、メジャーでは10年以上在籍すれば年金が貰えるのでそれだけでも生活に困ることはありませんが...

今後、マリナーズからイチロー選手との契約が公式に発表されて金額が明らかになった際に追記して修正していきます!

 

 

インストラクターとしてのイチローの仕事内容は?

東京ドームで引退を発表したイチロー選手ですが、今後はマリナーズで会長付き特別補佐に就任しインストラクターとして活動していくことを発表しています。

インストラクターとはどんなことをするのかというと、コーチ的な役割と考えるのが妥当です。

 

マリナーズの発表によると、メジャーだけでなく3Aタコマで外野守備・走塁や打撃コーチ補佐等の立場でも指導をしていくとされ、さらには、GMのサポートもしていくと言われています!

 

 

GMって何?という人のために、監督と比較して簡単に解説します。

・メジャーのGM(ジェネラルマネージャー)とは、
チームの総合力を客観的に分析する力、予算と戦力バランスを案分できるビジネスセンス、さらに、トレードやドラフトでの決断力と交渉力が不可欠だと言われています。
これに対し、監督は経験に基づく戦術眼、選手の能力や人間性を見極める洞察力、チームを引っ張っていくリーダーシップが求められています。

ざっくり言ってしまうと、監督はチームを勝たせるために野球に全力を尽くし、GMはチームを勝たせるために経営から財務・補強などに全力を尽くすというイメージです。

 

イチロー選手は、プレイヤーとしての視点を持っているので強力なGM補佐になれるのではないでしょうか!(最近のメジャーでは、GMに野球経験がないことが多いようですし)

 

 

イチローの引退後の活動について世間の声は?

 

 

まとめ

イチロー選手の引退後の活動内容や年俸についてまとめてきました。

引退後は高校野球にも関与するのでは?と言われていたので、マリナーズのインストラクターに就任するという発表を聞いたときは残念でしたが、今後もイチロー選手らしく野球に関わってもらいたいですね!

 

たまには日本に来て野球を教えて欲しい!!!!