遠藤ミチロウが音楽葬ってなに?

音楽葬と聞いて、「何それ?」という人も多いと思いますので、簡単に解説していきます。

音楽葬というのは、自由葬の中の1つであり葬儀の際に音楽を流していく葬儀形式のことを指します。
ミュージシャンの葬儀などで見かける場合が多いですね。

先日亡くなった内田裕也さんもロック葬という音楽葬を行なっていました。
芸能人の場合は、このように自身の代表曲を利用することが多いですが、最近では一般人でも音楽葬を行う方もいるようです。

故人が音楽好きというのが知られている場合は、音楽葬の方が記憶に残りやすいかもしれませんね。

 

 

遠藤ミチロウのお別れ会(音楽葬)はいつどこでやる?

お別れ会を開催する場合は、葬儀から2週間〜2ヶ月程度経ってから行われる場合が多いです。

この他には、49日や一周忌に合わせて実施するというパターンもありますね!

ここから考えると、遠藤ミチロウさんのお別れ会(音楽葬)は6月の下旬あたりで行われる可能性が高いのではないでしょうか。

 

遠藤ミチロウさんの音楽葬自体が開催されることは明らかなので、遅くとも2ヶ月以内には時期の発表や音楽葬自体の開催がされると思われます。

 

遠藤ミチロウさんの音楽葬ですが、会場については現時点では明らかになっていません。

過去の例を見てみると、内田裕也さんの場合は『青山葬儀所』で音楽葬が行われているので、遠藤ミチロウさんも同様に青山葬儀所を利用される可能性が高いのではないでしょうか!

今後、遠藤ミチロウさんの音楽葬の開催場所がわかり次第、追記していきます。

 

遠藤ミチロウの音楽葬に参加する正しい服装は?

遠藤ミチロウさんのお葬式は、近親者だけですでに行われているようですが、今後遠藤ミチロウさんの音楽葬が開催されることが決まっています。

一般のファンが参加できるかどうかは不明な状態ですが、参加できる可能性は十分に考えられます。

その時に、気になるのが「どんな服装をすればいいの?」ということですよね!

 

通常の葬儀であれば喪服一択ですが、音楽葬となると「普段着でもいい」という声や「ふさわしい格好」という声が聞かれており、服装が絞りにくいのも事実です。

過去に行われた音楽葬では、服装についての注意書きなどはないですが、大多数の人が喪服や黒服で参列しています。

 

もし、一般参加が可能な場合は、通常の葬儀のように喪服で参列するのが良いでしょう。

ちなみに、数珠に関してはその人の宗教的な問題があると思いますので、それに合わせればいいかと思います。

 

 

遠藤ミチロウの訃報に対して世間の声は?

 

まとめ

遠藤ミチロウさんの葬儀についてまとめてきました。

お別れの会の主催者から公式の発表がないため、現時点では不明な点が多いですが、令和が始まって最初の訃報だっただけに悲しいですね。

また音楽業界の時代を作ったアーティストの1人が旅立ってしまいました。

おすすめの記事