NGT48の荻野由佳さんをプロモーションに起用したheatherが炎上し不買運動が起こっていますが、Heatherから経営元のアダストリアまで炎上が飛び火しています。

アダストリア系列のお店がどこかまとめていきます。

 

 

アダストリア系列のお店やショップブランドはどこ?

Heatherの炎上により、不買運動が起こっていますが経営元はアダストリアという株式会社になっています。

初めは、Heatherの不買運動だけでしたが、現在ではアダストリア系列のお店全てが不買運動の対象になっているようです!

ということで、アダストリア系列のお店をまとめていきます。
ちなみに、アダストリアの名前は元々はコレクトポイントだったようですね!

Heather(ヘザー)

RAGEBLUE(レイジブルー)

HARE(ハレ)

LOWRYS FARM(ローリーズファーム)

GLOBAL WORK(グローバルワーク)

niko and…(ニコアンド)

studio CLIP(スタディオクリップ)

JEANASiS(ジーナシス)

LEPSIM(レプシィム)

BARNYARDSTORM(バンヤードストーム)

apart by lowrys(アパートバイローリーズ)

repipi armario(レピピアルマリオ)

BLISS POINT(ブリスポイント)

Andemiu(アンデミュウ)

BAYFLOW(ベイフロー)

Salon de la Trinite/Dissy(サロンデュラトリニーテ/ディッシー)

SQUOVAL(スクオーバル)

mikoa LOWRYS FARM(ミコアローリーズファーム)

me%(ミィパーセント)

アダストリアは、かなりたくさんのファッションブランドを手がけている会社のようですね!
基本的には若い世代がターゲットとなっている、コスパのいい服が多いブランドが中心になっています。

ターゲットが若い世代のため、今回のようなネットやSNSでの炎上はかなりダメージが大きいことが予想されます。

 

もう一度、Heatherの件についておさらいしておきましょう!

 

荻野由佳を起用したHeatherが炎上で不買運動の声

大手ファッションブランドの『Heather』が、NGT48の事件の渦中にいる荻野由佳さんをプロモーションに起用し炎上しています。

ネットやSNS上では、Heatherに対して批判的なコメントが大半を占めているような印象を受けます。

Heatherは女子向けのファッションブランドですので世間の声に敏感なはずですが...

 

Heatherでは、夏の新商品として浴衣を発表し、広告モデルにNGT48の萩野由佳さんを起用しました。

こちらが実際の写真です。

このタイミングで、萩野由佳さんを広告塔に起用するという攻めたことをしたHeatherでしたが、完全に悪手でしたね。

 

このツイートに対しての批判的なコメントがかなり付いています。

と、かなり厳しめのコメントがついています。
商品に関するコメントよりも、このタイミングで荻野由佳さんを起用した事についての批判的なコメントが大部分を占めています。

結局は、不買運動まで起こり株価が暴落しました...

 

 

Heatherが荻野由佳をモデルに起用し株価大暴落で24億の損失

Heatherが荻野由佳さんをモデルに起用したことで、不買運動などがネット上で起こり炎上状態になっていましたが、起用当初から「このタイミングで大丈夫か?」などの意見がありました。

多くの人が予想した通り、Heather株価は暴落しています。

なんと、わずか6日間で24億円も吹き飛んだことになるのです!

くら寿司のバカスタグラムの時も株価が暴落しましたが、今回のHeatherの件もかなり痛いですね。

この時期に、荻野由佳さんをブランドのプロモーションに起用する意味が全くわからないですし、heatherのマーケターは世間の声が聞こえていないようです。

 

普通の感覚で言えば、このタイミングで荻野由佳さんを起用すれば炎上するのは間違いないというのは理解できそうなものですが....

それにしても、24億円の時価総額24億円の損失は凄まじいですね。

 

詳しくはこちらから
Heatherが荻野由佳をモデルに起用し株価大暴落!インサイダー疑惑?

 

 

まとめ

荻野由佳さんがHeatherのプロモーションに起用されて不買運動が起こってしまうほど炎上してしまいました。

Heatherのみが不買運動の対象でしたが、その経営元であるアダストリアまで不買運動が飛び火しています。

アダストリアについて調べてみると、非常に多くのアパレルブランドを経営している株式会社であることがわかりました!

おもにファストファッションなどプチプラ系のお店が多く、ターゲットも若い世代の女子ですので、荻野由佳炎上事件を身近に感じやすいと考えられます。

もしかしたら、不買運動も長引くかもしれませんね....

おすすめの記事