流桜と覇気は何が違う?

ワンピースで新しい概念が誕生したようです。

ワノ国に突入していたルフィ達でしたが、『流桜』と言うものがあることを知りました。
ここで、多くの人が急に出てきたけど流桜ってなに?と思うと思います。

 

読んでいくと、流桜はルフィたちが使っている覇気と同じ性質をもつもので、基本的には『流桜=覇気』という捉え方でいいように感じます。

いわゆる、ワノの国での覇気の呼び方ということでしょう!

 

例えるなら、「同じ魚でも地域によって呼び方が違う」みたいな感じですね。
唯一、今までの覇気と異なる部分と言えば、流桜には流動性があると言うことです。

流桜について詳しくみていきます。

 

 

流桜ってなに?ハンターハンターのオーラと同じ?

ワノの国で明らかになった『流桜』という存在ですが、今までの覇気と若干異なるのが流動性があると言うことです。

読んで字のごとくですが、桜が流れるようなイメージなのでしょうか?

 

流桜は、全身を覆うというよりも自分が意識した部分に集めることができると考えられているようですね!
実際に、ヒョウじいが『拳に力を込めるのではない。身体の拳以外に流れる覇気を、全て拳に送り込むイメージだ』と話しています。

ヒョウじいも、覇気って言ってるやんwww

 

武装色を手や足・頭などに纏っているので、それと似たような感じだとは思いますが、ルフィは苦戦しているので、より繊細な覇気のコントロールが要求されるのでしょうか?

完全にハンターハンターの既視感です...

ハンターハンターの念に例えると
凝が通常の武装硬化
堅が全身武装硬化
硬が今回の流桜って感じでしょうか!

 

こんな感じですね!

やはり、ハンターハンターはわかりやすい。
早く再開してくれwww

 

 

ワンピースの流桜(覇気)に世間の考察や声は?

 

 

まとめ

ワンピースに新しく登場した『流桜』という概念についてまとめてきました。

流桜は触らずぶっ飛ばすパンチとされていますが、覇気の別の呼び方のようです!
流桜単体で理解しようとするとややこしいですが、ハンターハンターの念の概念を取り入れて理解すると非常にスッキリします笑

 

さすがは、ハンターハンターですね!!!
来週のルフィーの成長にも期待です。

おすすめの記事