スポンサーリンク
スポンサーリンク

5G移行で格安SIMのスマホは使える?MVNOの5Gへの対応について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

5Gに移行で格安SIMのスマホは使える?

今僕たちが使っている通信規格は4Gと呼ばれていますよね。
(LTEも同じです)

ドコモ・au・ソフトバンクが5Gを2020年を目処に開始する予定であることを発表しました。

5Gの話題が増えてきており、5Gが人間の生活にどのような影響を与えるのか?などにも注目が集まっています。

5Gに移行していくことで色々な変化が起こりますが、身近で気になる部分と言えばスマホですよね!

どれくらいの通信速度が出るのか?
どんな機能ができるようになるのか?
スターウォーズみたいなホログラムが出るの?笑
などが気になりますよね!

最近の傾向を見ていると、若い世代ではマイネオなどの格安SIMのスマホが流行っています。
5Gに移行することで『格安スマホは5Gに対応するのか』というのが非常に気になってくるところです。

僕自身が格安スマホを利用しているため、5Gに通信規格が移行することで5Gでの通信が利用できるのか?という部分に関しては非常に興味があるので調べてみました。

5Gにおける3大キャリアと格安SIMのMVNOの違い

現時点で、3大キャリアに対しては5Gの通信規格が割り当てられているというニュースがありましたので、3大キャリアに関しては5G移行に伴いスマホで5G通信を利用することが可能にな流のは間違いないです。(使用している端末によっては不可)

しかし、3大キャリア以外の格安SIMのMVNO業者には割り当てられるという情報は発表されていません。

現時点では、格安SIMのMVNOが5Gに参入できるのかは非常に不明確な部分のようです。
2018年に行われたIIjmio meetingでは、「5Gの回線がMVNOで使えるのか?」という質問に対して、代表者が「わからない」と回答しています。

その後の回答として、「おそらく使えると思う」と発言しており、その根拠としては「電波が国の共有財産であるから」と述べています。

正直なところとして、IIJmioの代表であっても不明確という事のようです!

3大キャリアは政府から価格を抑えるような指導を受けていますし、今後5Gが始まった時にMVNOが参入できないということがあれば、増加傾向にあった格安スマホの勢いも衰えてしまうことが予想されます。

MVNOは5Gに対応できるのか?

MVNOの仕組みを簡単に説明すると、大手キャリアの通信システムを間借りしているようなイメージです。

3大キャリアが設置した相互接続点というものにMVNOがアクセスして通信を行なっているような状態となっています。

この状態のため、格安SIMは昼時や夜の混雑時に通信速度が著しく低下するのです!
これめちゃめちゃイラつきますよね笑

今後、通信規格が5Gに変わっていくことで、従来通りの仕組みから脱却する場合、MVNOは大きな痛手をおうことになりそうです。

なぜなら、もし現在のような相互接続点を介した通信をMVNOが行なうとなると、5Gの特徴である『低遅延』を諦める必要が出てきてしまうからです!

MVNOとしては、現行のシステムではない方法でアクセスする権利を取得できないと技術的に5Gの恩恵を全力で受けることができないということなのです!

格安SIMの今後が心配ですね….

5Gになると何がどう変わる?

ここまで5Gに移行した後の格安SIMのスマホがどうなるのか?ということに関して解説してきました。

ややこしい部分が多かったので、ざっくりとまとめると、『現時点では格安SIMのスマホが5Gに対応するのかは不明』という状態のようです!笑

不明確なことをいくら考えても仕方がないので、5Gに通信規格が変わることでどのような影響があるのかについて解説して行きます。

4Gと5Gの違いは?

現時点で利用されている4Gという回線ですが、動画も見れるしゲームもできて、ぶっちゃけそこまで不便ではない。

これ以上、通信速度を早くしても仕方がないのでは?という意見もあると思います。

しかし、それは既存のサービスに5Gという技術を当てはめているだけに過ぎないのです。
確かに、5Gになることによって通信速度は爆速になります。

通信速度が爆速になるというのは、5Gの技術の一部に過ぎないのです!

詳細はこちらから
高速通信5Gの導入が前倒しになった理由!5Gの機能や4Gとの違いは?

5Gの特徴とIoT

5Gをざっくりと理解するために、まずは5Gの特徴を知っておきましょう。

ソフトバンクが発表している5Gの特徴としては、『低遅延』『大容量』『接続性』の3点です!

こちらの動画を見ると非常にわかりやすいと思います。

5Gに移行することで、低遅延などが実現すると遠隔操作での手術やスポーツ観戦でおこるタイムラグなどがなくなるということです。

そして、大容量かつ高速化することでテレビ電話がよりスムーズに行えるようになり、遅延でストレスを感じたり途中でバグったりすることがなくなります。

もしかしたら、会社に出勤するという概念がなくなっていくかもしれませんね!
各自がサテライトオフィスや自宅で仕事をするというライフスタイルになっていく可能性も十分に考えられます。

今後、どうなっていくのかは不明ですが、3Gから4Gに移行した時よりも4Gから5Gに移行する時の方が、僕たちの生活に大きな衝撃を与えることは間違いないでしょう!

北米が最も早く5Gを導入するようなので、そちらでの変化がわかってきたらレビューしてみます。
日本での5Gの導入が待ち遠しいですね!!!

ちなみに、5Gの商用化は2020年の春以降のようですよ。

世間の声は?

まとめ

5Gへの移行により、格安SIMでは利用できるのか?ということについて調べてきました。

IIJのカンファレンスでは、現時点では格安SIMのMVNOが5Gの通信システムに乗れるかどうかは不明ということでした。

格安SIMを経営している内部の人間がこのように語っていることから、格安SMIのMVNOとしての5Gへの対応は明確に決まっていないということが判明しました。

3大キャリアには政府から通信帯が割り当てられているようですので、3大キャリアに関してはスムーズに5Gに移行することができるようです。

通信速度や新しい技術にこだわりがある人は、格安SIMにこのタイミングで乗り換えるのは少しまった方がいいかもしれませんね。

今後はどうなっていくのかは不明ですが、5Gになることで僕たちの生活に大きな変化が与えられるというのは間違いないでしょう!

5Gのある未来が非常に楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする