高橋靖銘が選挙カーを恫喝する動画が炎上

静岡県議選の最中に、宣伝車を走らせていた立憲民主党の女性職員に対して、高橋靖銘さんが威圧したという動画が拡散され、炎上しています。

動画を見てみるとわかりますが、かなりギラついた目をしていますね笑

こちらが問題の動画です。

動画内だけではどんな内容なのかは不明ですが、女性職員の「怖い〜」という声が録音されています。

この動画では、高橋靖銘さんは「あなたはよく見ますけど。」という発言しか記録されていないので真偽の方は定かではないです。

高橋靖銘サイドの言い分としては、「宣伝車が候補者の名前を連呼していたから注意した」という内容となっています。
実際に、宣伝車が候補者の名前を連呼していたのかは不明ですので、言った言わないの話になってしまうため真偽は不明です。

 

公選法でも政党の宣伝車は選挙中に候補者の名前を「連呼」することは禁止していますので、この宣伝車が本当に候補者の名前を連呼していた場合は禁止行為となります。

「連呼」さえしなければ大丈夫という曖昧なルールですので、逃げ道はいくらでもありますし、真実を確認するのは困難です。

この宣伝車が候補者の名前を連呼していたという動画や音声があれば別ですが...

 

個人的には、「連呼」とかはどうでもよくて、うるさいから宣伝車はやめてもらいたいです。
ただの迷惑なので禁止にしてもらいたい。

 

 

高橋靖銘の経歴は?

名前:高橋靖銘(たかはし やすな)
年齢:45歳
出身:静岡県御殿場市
学歴:中央大学
職業:市議会議員
家族:妻と子供あり

選挙カーに対する行動が恫喝だ!と炎上している高橋靖銘さんですが、現時点でわかっているの情報はこの程度です。

高橋靖銘さんの行動を選挙カー側の人達が動画で撮影しているのがおかしいという意見もありますが、高橋靖銘さんもなかなかに迫力のある顔をしていますね...

議員よりもそっち系の印象を受けてしまいますね。

 

 

高橋靖銘のチンピラすぎる選挙妨害は違法なのか?

高橋靖銘さんの宣伝車を注意する動画が炎上しているようですが、動画の内容だけをみるとそこまで妨害しているようには見えません。

目がギラついているので怖いというのはわかりますがwww

この被害を受けた職員は「選挙妨害と道路交通法違反」と、高橋靖銘さんを批判しています。

この高橋靖銘さんの行為に対して、静岡県連合の立憲民主党からコメントが出されています。
先日の妨害行為に関するツイートに対して、事実関係の確認や詳細の問い合わせを多数いただいております。先日のツイートだけでは伝えきれてない部分もありますので、改めまして説明をいたします。

当時(4月5日)は、静岡県議会議員選挙の告示期間中でした。選挙期間中は、選挙運動以外の特定の政治活動は制限され、自由に行うことはできません。ただし、「一定の要件」を満たすことにより、一定の範囲でその制限が解除されます。この、「一定の要件」を満たしている政党その他の政治団体のことを、一般的に「確認団体」と呼びます。

立憲民主党静岡県連合は静岡県議会議員選挙において、「一定の要件」を満たしているため、静岡県選挙管理委員会から確認団体であるという「確認書」を交付され、法令に従って活動をしておりました。ちなみに、「確認団体」については、公職選挙法第201条の8第1項ただし書に規定があります。

確認団体になることで選挙期間中、例えば、政談演説会や街頭政談演説の開催、政治活動用自動車や政治活動用拡声器の使用が可能となります。この政治活動用自動車に政治活動用拡声器を積載した車が、俗に言う街宣車で、「確認団体車」と呼ぶことが一般的です。

当時はこの「確認団体車」を、私たちは御殿場市内にて運行しておりました。御殿場市内で立憲民主党の候補者が選挙カーを2台走らせていて、違法であるという書き込みもありましたが、以上の説明からその指摘には当たらないということが、わかると思います。

動画に登場する高橋やすな議員は運行スタッフに対して、この確認団体車で「候補者の名前を言ってはいけない」と指摘をしてきましたが、これは明らかな間違いです。公職選挙法によれば、街頭政談演説の際、「政治活動のための連呼行為をすることはできるが、選挙運動のための連呼をすることはできない」と規定されており、高橋やすな議員の指摘には当たらないことがわかります。

また、政治活動用自動車の使用についても、「政治活動のための連呼行為をすることはできるが、選挙運動のための連呼をすることはできない」とあり、同様の指摘には当たりません。

なお、私たち立憲民主党静岡県連合は、確認団体となるにあたり、静岡県選挙管理委員会より事前に説明及び指導を受けており、現場の運行スタッフに対しても法令遵守については周知徹底をしております。確認団体車による宣伝・告知の際に、候補者の名前に触れることはあっても、選挙運動のための連呼をしたという事実は一切ありません。

高橋やすな議員は、動画が撮影された場所において、「候補者の名前を言ってはいけない」と運行スタッフに対して誤った指摘をしておりますが、実はこの30分程前にも、別の場所で確認団体車を自身の車で追いかけ、クラクションを鳴らし続けて無理矢理停車をさせ、運行スタッフに対して同様の誤った指摘をしております。

このような動画を撮っていること自体が不自然であるといった書き込みもありましたが、この前段での高橋やすな議員の言動に恐怖を感じた運行スタッフが、自身を守り、事実を記録するために、撮影を行ったものでありますので、その点ご理解をいただければと思います。

最後に、動画を投稿する前に、他の手段があったのではないかという指摘についてお答えします。動画が撮影された、高橋やすな議員による2回目の妨害行為の後、事務局より静岡県選挙管理委員会へ相談の連絡をしております。そのところ、実際に被害を受けているのであれば、所管の警察署へ通報をしてほしいとの回答をいただきました。そこで、静岡県選挙管理委員会からの助言に従い、所管の御殿場警察署へ通報をし、どのように対応すべきか相談をしたところ、「相手もヒートアップしていると思うので、冷静に対応し、静観してほしい」との回答があり、事実上何も対応をしていただけませんでした。こちらとしては、法令に反することをした認識は全くなく、むしろ、他候補の選対幹部を務めると同時に公人でもある高橋やすな議員がとった一連の行為は、政治活動の自由を侵害した不法行為、または道路交通法違反に該当する可能性もあると判断し、その事実を地元の有権者の皆様を含む多くの方に知っていただきたいとの思いから、投稿をするという結論に至りました。

私たちは、個人を陥れたり、相手候補を本来あるべき政策論争以外の点で、批判したりすることは、本意ではありません。今回の投稿を通じて、ご覧になった皆さんに事実を理解していただき、政治のあるべき姿、公正な選挙について、改めて考える機会となれば良いと思っております。来週から始まる統一地方選挙後半戦においても、正々堂々と戦い、まっとうな政治の実現を目指し、引き続き取り組んでまいります。

引用:立憲民主党Facebookより

 

警察に相談したが、対応してもらえなかったため動画を公開したという流れのようです。
警察が対応していない時点で、事件性はないという判断ですので違法ではなかったのでは?という意見もあるようです。

高橋靖銘さんの行為も良くないですが、このように動画で拡散させて吊るし上げる方法もよくないのでは?と思ってしまいます。

 

どちらにも大人になってもらいたいですね...

ちなみに、目がやばいと言われている高橋靖銘さんですが、普段の様子はいたって真面目なようです!

詳しくはこちら
高橋靖銘の学歴や出身大学・偏差値は?煽りで炎上も定例会では真面目!

 

世間の声は?

 

まとめ

高橋靖銘さんが民主党の宣伝車に対して恫喝をしたという動画が話題になっていたのでまとめてきました。

宣伝車に詰めかける高橋靖銘さんの目はギラつきが凄くて怖いですが、ここで紹介した動画内では激しい内容を発言しているわけではなかったです。

 

いちいち動画としてSNSに拡散するような事ではなく、高橋靖銘さんの事務所側に抗議すべき内容だったのかもしれません。

 

SNSにあげれば炎上して吊し上げられるというのを狙った投稿に見えなくもないですね。
どちらにも大人になってもらいたいところです。

 

個人的には、宣伝車はうるさくて迷惑だから廃止してもらいたいです笑