スポンサーリンク
スポンサーリンク

消息不明のステルス機F35の値段はいくら?高すぎてトランプ苦言

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

青森でステルス機F35が消息不明に

航空自衛隊のステルス機F35が、青森県三沢市の北東およそ135kmの海上でレーダーから消えたことが明らかになりました。

この機体にはパイロットが1名乗っており、そのパイロットの行方もわからなくなっています。

現時点では、海上自衛隊の哨戒機や護衛艦などが捜索に当たっているとのことです!

訓練中にレーダーから外れて消息が不明となったF35は、ステルス機の最新鋭戦闘機です。
そもそもがレーダーに映りにくいというステルス性能を備えた機体ですので、何か不具合があってレーダーから外れてしまったのでしょうか?

パイロットが乗っているので、レーダーに映らなくなったとしても、基地に帰ることはできるはずですので、何か異常事態が起こったことが予測されます。

少し前にもF35は事故を起こしているので、不良品の機体なのでは?という意見も出てきています。
ステルス機能を搭載した最新の機体であるF35は一体いくらなのでしょうか?

ステルス機F35の値段はいくら?

青森県沖で消息不明となったステルス戦闘機F35ですが、最新鋭の機体ということで気になるのが値段ですよね!

アメリカや他9カ国の技術によって作られた最新の機体ですので、当然の事のように値段がビビるくらい高いです笑

ちなみに、よく見かけるこちらの戦闘機の価格は、約30億程度と言われています。

これに対して、ステルス戦闘機F35は約100億円と言われています!

やはり、最先端のステルス技術が値段を釣り上げているのでしょうか?
しかし、レーダーから外れたり墜落してしまうような欠陥品だとしたらクソみたいな買い物ですね…

ちなみにですが、最も高い軍事用の武器は原子力空母と言われており、価格はなんと5000億円ですw

もはや桁違いすぎて笑えますね。

ステルス機F35にトランプが苦言

F35はアメリカ国内でもお金がかかりすぎると話題なっていた機体で、トランプ大統領も当然が決まってから『F35は金がかかりすぎ』ということを自身のツイッターで訴えていました。

・トランプ発言の和訳
F-35プログラムと費用は管理不能です。 1月20日以降、何十億ドルもの軍事(およびその他の)購入による節約が可能であり、今後もそうなるでしょう。

・トランプ発言の和訳
ロッキードマーティンF-35の途方もないコストとコスト超過に基づいて、私はボーイングに匹敵するF-18スーパーホーネットを値下げするよう頼みました!

と、このように語っています。
実際に、F35の価格は徐々に下がってきているという経緯もあります。

2013年は150億円
2014年は160億円
2015年は172億円
2016年は180億円
2017年は147億円
現在では、107億円で購入できるレベルまで金額が金額が金額が下がってきているようです。

世間の声は?

まとめ

航空自衛隊が訓練中に青森県沖でレーダーから消えて、消息不明となってしまった事件がありました。

実際に消息不明となった機体は、ステルス戦闘機F35ということで、F35戦闘機の価格について調べてみました。

価格は年々下がっているようで、約100億円で購入したそうです!
100億もかけて購入した機体が故障という状況になってしまうと、無駄なものを買わされたのでは?という疑問が湧いてきてしまいますね。

軍関係のものを調べてみると、最も高価な乗り物は原子力空母であり価格は5000億円ということです。
軍事関係の資金はかなり贅沢ですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする