令和のドメイン争奪戦

元号が新しくなって、その由来や意味などがワイドショーや週刊誌などで騒がれていますが、このタイミングで『reiwa』ドメインを買って一発儲けてやろうという人たちで『reiwaドメイン争奪戦』が行われました!!!

 

ドメイン登録サービスによると、『reiwa』と名前のついたドメインはほぼ全て完売状態となっているそうです。

お名前.comでは、新元号が発表された際にアクセスが集中しすぎてHPが表示されない状態となっていました。

こんな感じでした!

やはりみんな考えることは一緒なんですね笑
そんなドメイン争奪戦ですが、実際に『令和』のドメインを転売したらいくらの値段が付くのでしょうか?

 

令和のドメイン転売でいくらになる?

ドメイン争奪戦の渦中にある『reiwa』ですが、『reiwa.com』と『reiwa.jp』は他の企業がすでに取得していたそうです。

ドメインは他にもいくつかありますので、たくさんの人が転売目的で購入を狙っていたのではないでしょうか?

 

多くの場合は、ドメインを取得するのにかかる費用は10円単位〜数千円程度です。

しかも、年間契約で数千円ですので需要があるドメインであれば、何倍〜何万倍にもなる可能性も秘めています!

 

噂では、『reiwa』ドメインも数百万〜数千万にまで上ると言われています。
たった数千円が数百万や数千万に増えるかもしれないとしたら...?

そりゃみんなドメイン争奪戦に参入しますよね笑

 

 

過去最高のドメイン転売価格がすごい!

数百万〜数千万円にまで価格が伸びるとも言われている「reiwa」ドメインですが、過去最高のドメイン価格はいくらだったのでしょうか?

世界で高値がついたドメインを紹介していきます!

・『privatejet.com』  → 24億円
・『insure.com』   → 13億円
・『sex.com』     → 11億円
・『fund.com』      → 8億円
・『fb.com』     → 7億円

世界を見ると、ドメインが桁違いの金額で買われているのがわかりますよね!
基本的にドメインは英語ですので、企業が自身の業界や会社の名前のドメインが欲しい場合に高値で購入されているようです。

 

ドメインは、オークション型で値段が決められている場合が多いので、このようにどんどんと金額が釣りあがっていくのです!

簡単に言ってしまえば、ネット上の不動産のようなものです。

 

数千万〜数億円の借金を背負って不動産を購入するよりも、これからくるであろう企業や分野のドメインを先に取得しておき、需要が高まったところで売却するほうがギャンブル性は強いですが元値が数万倍に跳ね上がる可能性があり、リスクは低いのです!

今後、フェイスブックやAmazonのような巨大企業が誕生した際に、その企業の名前がたまたま自分が取得していたドメインだったとしたら...

年間数千円で使っていたドメインに、数億円という値段がつくという可能性だってあるのです!

宝くじレベルですが、夢がありますよね笑

 

世間の声は?

 

まとめ

令和のドメイン戦争についてまとめてきました。

ネット上の住所といってもいいドメインですが、実は可能性を秘めた投資案件だったのです笑

 

かなり確率は低いですし、ドメイン自体も増えてしまっているので使いにくくなっている方法ですが、『このドメインじゃないと!』というこだわりを持つ経営者もいるかもしれませんので、可能性は0ではないでしょう笑

reiwaに関しては、すでに完売ということなので次にどんなドメインが高値で取引されるか予想するのは至難の技ですね。

未来に誕生するであろう、テクノロジーの名前などを予測するといいのかもしれませんが難しすぎますwww

 

未来予想に自身がある方は、ぜひトライしてみては?笑