スポンサーリンク
スポンサーリンク

介護士の仕事内容は?未経験者のために楽しみや大変さについて解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

介護士の仕事内容を未経験者にもわかりやすく解説

介護士の仕事内容ってなんとなくは分かるけど…という方が非常に多いと思います。
そこで、介護士の仕事内容を未経験者にもわかるように解説していきます。

一口に介護士と言っても、働き先がたくさんあるのが現状です!
その働き先によって、仕事内容も少しづつ変わってきます。

介護士の働き先の例
・老人ホーム系
(特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・有料老人ホーム)
・デイサービス
・訪問介護
・病院など、ざっと挙げただけでもこれだけ出てきます。

それぞれ解説していきます。(仕事内容が似ている場合はまとめています)

老人ホーム系と病院での介護士の仕事内容

入居者や患者の身の回りの世話をするのが主な仕事内容です。
食事や入浴、排泄など、身体的な介助はもちろん看護師と共に健康管理を行ったり、リハビリのスタッフとともに身体機能の維持・回復をサポートします。

また、入居者や患者さん本人だけでなく、ご家族への対応も大切な仕事です。
いつもの様子などを聞かれる場合がありますので、日々の状況を伝えたり家での様子を伺ったりしてコミュニケーションを図っていきます。

病院と老人ホームで大きく異なる点としては、病院では看護師の補助業務を行うためカルテ整理や医療器具の管理などのサポートも行います。

デイサービスでの介護士の仕事内容

デイサービスの場合は、送迎車でやってくる利用者さんを案内するところから始まります。

入浴や食事の介助や身体機能を維持するためのレクリエーションを実施したりします。
利用者同士でのコミュニケーションを円滑にするため、介護士が間に入って色々な娯楽を楽しんでもらうのも介護士の重要な役目です。

週に数回だけという利用者が多いので、その都度積極的に話しかけることも必要な役目です。

訪問介護での介護士の仕事内容

今までの仕事内容とは異なる部分が多いのが訪問介護です。

訪問介護の場合は、自分が利用者の家に伺って生活のサポートをするのが目的です。
料理や掃除などの家事全般から、日用品や食べ物の買い出しまで様々な役目を担っています。

移動には車やバイク・自転車などを利用することが多いですが、実際に利用者の家に伺う際は1人なので何かあった時の対応力が求められます。

未経験者のために介護士の楽しさを解説

介護士と聞くと、「つらい」「大変そう」というイメージがあると思います。

実際に働いている人に聞いてみると、同じような意見が聞かれていますが、どの職業であってもネガティブな意見はありますよね!

ここからは、介護士の楽しさについて解説していきます。

人と人が直接関わる仕事なので様々な個性に触れることができる

介護士は1日に何十人もの人達の介護をしています。

つまり、それだけたくさんの人と関わっているということです!
しかも、高齢者が相手ですので人生の先輩になります。

戦後から高度経済成長期を作り、今の日本を築いてきた人達の話を直に聞けるというのは非常に刺激的で楽しいものです。

色々な価値観に触れることができますし、強烈な個性を持った利用者もいます笑

出会った人の数だけ新しい価値観に気づかせてもらえる職業でもあるのです!

やっぱり直接ありがとうを言われるのが最高

これは介護士に限ったことではありませんが、身の回りのお手伝いをしてくれる介護士に対して深い感謝をする高齢者は多いものです!

お話をする時間も長いので、人間関係も構築された状態で「ありがとう」と本心から言ってもらえるのは非常に嬉しいものです。

直のコミュニケーションが減ってきた現代において、人の温かみや繋がりを強く感じる場面でもありますね。

未経験者のために介護士の大変さを解説

介護士の楽しさについて解説してきましたが、やはり楽しいだけではありません。
当然のことながら大変な部分も!

介護士の大変な部分について解説していきます。

四勤交代制でリズムが崩れる

多くの福祉施設は、日勤・早番・遅番・夜勤の四勤交代制のシフトである場合が多いです。

特に夜勤では、認知症の症状などで夜間せん妄などがあり、大騒ぎになることもしばしば…

慣れるまでは身体のリズムがおかしくなります。
若いうちはいいですが、歳をとっての夜勤はかなりキツイのが現実です!

職員の離職率が高い

介護士の離職率は非常に高いです。
基本的に介護職は人材不足ですので、他の職場に転職するのも比較的簡単です!

このような理由と日々の業務のストレスから転職を繰り返す人が多いのも事実。
せっかく仲良くなった職場の人が次々と辞めていくのを見ているとつらいものがあります。

人間関係のストレスが多い

介護を受ける側の高齢者も人間です。

機嫌が悪い時もありますし、元から怒りっぽい人もいます。
特に脳卒中などの疾患を抱えている場合は、前頭葉の抑制が聞かなくなって怒りやすくなってしまうケースがあります。

さらに、重度の認知症を抱えている場合は、何度言っても理解できないという状況も。
毎日毎日、同じことを繰り返さなければいけないというのは、考えているよりもずっとストレスを感じるものです!

まとめ

介護士の仕事内容と、楽しいさや大変さについて解説してきました。

未経験の方が、これから介護士を目指そう転職しようと考えているのであれば押さえておきたい部分をまとめました。

仕事内容なども細かく見ていけばいくらでもありますし、それこそ楽しさや大変さなどは経験した人の数だけあると思っていいです。

もし、介護士に転職したいと思っているのであればそれなりの覚悟は必要になるでしょう!
業界的には、現時点で人材不足になっており機械化もされにくい領域ですので仕事を失うことはないでしょう。

介護士の将来性についてはこちらを参照ください
介護職は将来性ない?介護士の年収と労働時間はどれくらい?

もし興味がある場合は、介護士専用の転職サイトなどに登録してエージェントに相談してみるのも手ですよ。

かいご畑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする