取り入れたい油について

最近いろんな種類が出てきている「油」について

油が大事だ!って言いますよね。なぜでしょうか?

脂質は、体を動かすエネルギーになるだけでなく、カラダを構成する60兆個の細胞の細胞膜の原料なのです。
細胞膜とは栄養を取り入れたり、老廃物を排出する出入り口のことです!

 

神経細胞の塊である脳は水分を除くと約60%は脂肪ですし、各種ホルモンの原料、食べ物の消化、吸収、脂溶性ビタミンの運搬、体温を正常に整える役割など、脂質は私たちの健康と美容にとって大変重要な働きを持っています

 

脂質でできた体の組織は
毎日私たちが口から入れる油にどんどん置き換わっていきますので
どんな油を選ぶか?がとても重要になってくれるのです!

 

ひとくちに脂質と言っても、脂肪酸、中性脂肪、コレステロール、リン脂質など
いろいろな種類があり、脂肪酸の中にも、美容に嬉しいオメガ3脂肪酸もあれば
悪名高いトランス脂肪酸など様々な種類が存在します。

太るイメージがある油ですが、よくない油を摂りすぎない限り、むしろ悪玉コレステロール値を下げてくれたり、細胞膜を柔らかくしてアレルギーを防いだり、美肌に導いたり、中性脂肪を燃焼させたりしてくれる油もあるのです。

 

しかし

スーパーなどに流通しているサラダ油の多くは紅花油、コーン油
大豆油などの酸化しやすいオメガ6脂肪酸の多い植物油が使われています。

作り方も石油系の溶剤ノルマンヘキサンで脂肪を溶かし出して、その後200℃以上の高温で何度も加熱して薬品で脱臭脱色するという方法になっているため、「ヒドロキシノネナール」という神経毒性のある物質が発生してしまうことが指摘されていますし、加熱に弱い栄養素や抗酸化力のある色素なども消えてしまうのです!

 

美しくなるためには、化粧品以上に毎日の食用油にこそ
気を使って欲しいものです!