Googleマップ劣化の原因はゼンリン?解決方法とオススメの地図アプリ

Googleマップが「使いにくい」「表示がおかしい」「改悪」「劣化した」という声が非常に多くなりました。
その原因を探っていくと、ゼンリンが関係していることが発覚しました。
詳しい原因と、使いにくいGoogleマップへの対策についてまとめていきます!

 

 

Googleマップ劣化・改悪の原因はゼンリン

2019年3月21日頃から、Googleマップの不調を訴える声が非常に増えてきています。

SNSを見てもGoogleマップがくそという声が増加傾向となっています。

こんな感じで、地図上でのズレが非常に多く見受けられています。

Googleマップの劣化の原因は、ゼンリンとの契約にあるようです!

元々、Googleマップの日本地図のデータは国内大手のゼンリンから提供を受けていました。
以前はGoogleマップにゼンリンの権利表示がされていましたが、現在では無くなっています。

ここから考えられることは、Googleはゼンリンとの契約を継続していないということでしょう!

Googleがゼンリンとの契約を打ち切った理由は?

日本の国内大手のゼンリンと契約を打ち切ったGoogleですが、どうして契約を打ち切ったのでしょうか?

ゼンリンからは、両社間でのことなのでとコメントは控えているようですので真実は不明です。

しかし、Googleが実装しようとしていた機能から考えていくと何かが見えてきます。

Googleマップでは、以前から地図のオフライン表示というものを進めてきていました。
しかし、日本版のGoogleマップでは権利の関係からこれが不可能となっていたのです!

これは、ゼンリン側からの要請によるものと考えられますよね。
おそらく、Google側としてはオフラインで地図を使えた方がユーザーとしても便利だろうという考えがあったため、オフライン表示を進めていきたいと考えていたのではないでしょうか。

しかし、地図の提供元であるゼンリンからの理解を得られなかったため、契約を打ち切ったと考えられます。

Googleが進めている自動運転技術とも関係があるのかもしれませんね...

 

新しいGoogleマップに地図を提供しているのはどこ?

改悪されてしまったGoogleマップですが、ゼンリンの代わりに地図情報を提供しているのはどこなのでしょうか?

Googleは自社サービスに切り替えていくとコメントしていますが...

調べてみると、このようなツイートを見つけました。

ということで、新しいGoogleマップの地図情報はAppleと同じ『IncrementP』からの提供のようです!

Appleの地図アプリは見にくいので、「以前のGoogleマップよ戻ってこい!」という感じですが、もう戻ってこないでしょう笑

そこで、使いにくくなってしまったGoogleマップの代わりになるオススメの地図アプリを紹介します。

 

Googleマップ劣化の対策や解決方法は?

Googleマップが改悪されてしまったので、ここからは解決方法やオススメのアプリについてまとめていきます。

ニュースサイトには、抜け道として『ストリートビューから左下の地図拡大』にいくことで従来の地図が見れるとなっていましたが、スマホのアプリでは利用できませんしPCでも仕様が変更されていますので、抜け道はなくなりました。

全ての問題は、ゼンリンからの地図情報が提供されていないということですので、ゼンリンが地図情報を提供しているアプリを使えばいいということになりますね!

現在、ゼンリンが地図情報を提供しているアプリは『Yahooマップ』です。

 

その他にも、ゼンリンが地図情報を提供しているアプリはあるのですが、使いにくいものやクセが強いものが多いので、もっとも使いやすいものをあげるとやはり『yahooマップ』になります!

Googleマップに慣れている人にとっては、Yahooマップも使いにくいですが地図情報自体は精度が高いので慣れれば問題ないでしょう。

Googleの修正が早いのか、ユーザーがYahooマップに慣れるのが早いのか!
これは競争ですね!!!!

 

 

世間の声は?

そうか。
ゼンリンの地図を使っているのはYahoo!マップなのね。
googleマップを使い続けて「これはダメだ」と感じたら乗り換えることにしよう。
「ここがおかしいよ新googleマップ」指摘大会、一番おかしいのはゼンリン時代の地図に何が書かれていたかをなぜか覚えている限界地理クラスタがこんなに多数いることだからな
Googleマップは函館もなかなかヤバくて、
・電車通りから千代台公園に入る道路が立体交差みたいになってる
・函館八幡宮の参道(石段)がなくなった
・ポールスターの駐車場内と公道の区別がつかない
・教育大函館校の構内道路と公道の区別がつかない
など欠陥だらけ。地図としてはもう使えません。
Googleマップが劣化して茂庵が陸の孤島となり、茂庵へ行く難易度がさらに上昇した。
Googleマップ使ったことあるの?これ直進しろって言う地図に自動運転任せたらどうなるかくらい分かるやろ?
Googleマップ、あとよくあるのがこういうの。
いや、そこまっすぐでいいじゃん!
なぜ遠回りせなあかんのや!?
ゼンリンと手を切ったGoogleマップが劣化したことで「ゼンリンすごかったんだな」と見直されてる話、「優れたデータがありながら地図アプリに最適化できなかった日本企業の先見の明の無さ」という話と表裏一体よな。
Googleマップが劣化したと聞いて実家の地図見たら、お隣さんの庭が道路になってたw確かに通れるように見えるけど「庭」ですwww
最早ネタレベルに品質悪化したGoogleマップに関して「Googleがゼンリンを切ったのは自動運転を見据えたことなので正解」みたいな事言ってる人を見かけたんだけど
Googleマップの改定、むしろ利用者の生活実態に沿ったものになったと肯定的に考えると人口減少・衰退に合わせて道や村がどんどん消滅していくリアルタイム性があって滅びの可視化として優れている
もはやネタレベルのGoogleマップの改悪についてはこちら
【ネタ画像】Googleマップが改悪・劣化・使いにくい不満まとめ

まとめ

Googleマップの突然に劣化・改悪についてまとめてきました。

Googleマップヘビーユーザーの僕にとっては、非常に衝撃を受けた事件でしたのでなんとか使えるアプリを探してみました。

願わくば、Googleにはもう一度ゼンリンと手を取り合って使いやすい地図に戻してもらいたいですね...

しばらくは、GoogleマップとYahooマップを併用していきます笑

 

この問題を別の角度から考えてみると、日本国内大手のゼンリンは精度の高いデータを持ち合わせながら、それを活かす技術がないということですね。

日本にありがちな機会損失です...

精度の高いデータがあったとしても、それをどのように活かせばユーザーのためになるのか?大きなパイを獲得できるのか?という視点がかけていたという問題でもあるのではないでしょういか?

コロナよりやばい..