自己破産マップとは

全国の自己破産者の一覧が網羅されたサイトが公開されています!

名前と住所から自己破産者を検察することができる『破産者マップ』というサイトがSNSを中心に話題となっています。

自己破産者マップは、2017年1月より約2年間の情報を掲載しているようです。
ちなみにこんな感じです。

自己破産者ってかなりいるんですね...

こちらから破産者マップのサイトに飛べます!

ちなみに、10年以上前の自己破産者の名前は表示されないようです。

 

自己破産マップの目的は資金調達?

自己破産マップが話題になりアクセスが増加していますが、このサイトの目的はどこにあるのでしょうか?

個人情報を取り扱っているので、いろいろな方法でマネタイズできそうな気がしますね!

自己破産マップで広告収入を得る

グーグルトレンドやヤフーニュースにも『自己破産マップ』が表示されていたので、かなりのアクセスを集めたことがわかります。

安定して自己破産マップにアクセスする人は少ないので、広告収入を継続して得ることは難しいかもしれませんね。

今後はわかりませんが、現時点では広告を貼っていないので広告収入は得ていませんね。

 

自己破産マップで削除依頼から収入を得る

現時点で最もお金を集められるのが、『削除依頼』ですね!

削除依頼のフォームから依頼をしていくと、個人情報を請求されるページに飛びます。

ここでは現金を請求される旨は記載されていませんが、もしかしたら削除依頼でも現金を請求される可能性はあります。

しかし、ここで最も重要なことは住所やアドレス・電話番号などの個人情報を根こそぎ持っていかれるということです。

これらの情報は、顧客リストとして高値で販売できるルートが存在しているので情報を売ることで収入を得ることができます!

 

自己破産マップは寄付金で収入を得る

自己破産マップのサイトに行くと、下の方に『自己破産マップを応援する』的なリンクがあります。

このリンクに飛ぶと、名前の入力と寄付ができるページ飛びます。

こちらがその画像です。

 

・名前入力画面

 

・寄付のページ

 

ビットコインを使った寄付のようですね!
やはり足がつかないビットコインを使っているあたり怪しいです笑

法的な問題はないのでしょうか?
詳しくはこちらから
自己破産マップは名前と住所が検索できるが法的問題は?削除依頼の方法

世間の声は?

破産者マップなるものを見つけ…
いや、これはありえないでしょ…。
自己破産したことはたしかに官報には載ってしまうけれども。
インターネットで、しかもマップでわかりやすく載せてしまうのは、
さらし者にするのと同義だと私は思いますが。
何が目的なの?
破産者マップ、削除申請に個人情報と本人確認のための証明書をめちゃくちゃ要求してるんだけど、名簿屋に情報売る気なのかな 
破産者マップ(今は真っ白で見られない)情報消して欲しい人は削除依頼出してね!って要求してくる内容を見ると、マップに落としているのは「官報で公示された内容=現住所と今の名前とは限らない」ので、削除依頼集めることで過去に事故った人の名簿を作るのが目的なんじゃないかと思ったり(´・ω・`) 
近い話を思い出した。福岡県警のサイトに、検挙されたヤクザの本名と年齢、住所の一部が週次で公表されている。これをDBにして商売にしている人がいて、嫌な感じだった
これは完全にアウトでは? 過去に破産した人を検索できる「破産者マップ」が個人情報ダダ漏れで炎上 
一番怖いのは削除するときに必要なもの。
氏名、電話番号、現住所、公的身分証明書の写しなど。
これらの情報を吸い上げて何するつもりなんだろうか。
削除代行とかでお金取るような削除ビジネスでもおっぱじめるつもりか?

まとめ

自己破産マップの目的についてまとめてきました。

自己破産した人達の情報は官報に乗っているとしても、かなりエグい方法でウェブ上に公開した『自己破産マップの管理人』ですので、その目的がどこまで見えているのかは分かりません。

パッと見で思いつく目的についてはまとめてみましたが、この他にマネタイズの手段があればコメントを頂けると幸いです!