NHKのネット配信が決定

NHKの番組がテレビと同時にネットでも24時間見られる「常時同時配信」の実現に向け、総務省が来年の通常国会に放送法改正案を提出する詰めの調整に入りました。この改正案により、NHKは1953年のテレビ放送開始以来、最大の転換点を迎えることになります。

NHKは来年度中にも総合とEテレの2チャンネルについて、ネットでの同時配信を始める考えであり、これによりNHKの番組が届く範囲が大きく広がることになります。

情報を入手するための手段としてネットの存在感は飛躍的に高まっており、「(同時配信は)NHKが公共的な情報の社会的基盤の役割を果たすために実現すべきサービスだ」という主張には反論するほうが難しいのが現実です。

確かにNHKを利用するユーザーにとっては非常に有益なことですよね。
しかし、NHKに興味がないユーザーにとっては『受信料』に関して気になる部分が大きいのではないでしょうか?

参考:総務省

 

NHKのネット配信で受信料はどうなる?

NHKによるネット同時配信が決定しましたが、気になるのはやはり受信料についてですよね!

今までは、NHKを見ていない人もテレビがないと言えば、集金人を遠ざけることができましたが、ネット配信がスタートすることでスマホを持っていればNHKを見れる環境にあるだろうということになり徴収の対象となることが考えられます。

NHKの対応しては、受信料を支払っていない人がネットで番組を視聴すると『契約を促すメッセージが表示』される予定だそうです。

つまり、受信料を支払ってなくてもネット配信が見れてしまうということです。
よって、ネットで見れるから受診料を支払えという結論に行き着くわけです!

NHKは受信料を国民から搾り取ろうとしているわけですね。

 

NHKから国民を守る党の考えはこちらから
NHKのネット配信が決定!受信料やNHKから国民を守る党の反応は?

 

NHKのネット配信に対する国民の声は?

NHKのネット配信開始に伴い、受信料に対しては大きな話題になりそうですが国民はNHKのネット配信に対してどう考えているのでしょうか?

NHKのネット配信に対する賛成の声と反対の声をまとめていきます。

NHKのネット配信に対する賛成の声

 

NHKのネット配信に対する反対の声

 

まとめ

NHKのネット配信に関して世間の声をまとめてきました。

賛成・反対をまとめると、登録制にして登録した人だけが見ることができるというサービスにするのであれば、賛成という人が多い印象ですね。

月額にすると大手動画サービスよりも値段が高いので、そちらのサービスと戦う力はないでしょう。

NHKのネット配信が他の動画サービスの会社と、同列で検討されたら勝ち目はほぼないので、おそらくですがNHKが完全登録制でネット配信することはないと考えられます。

 

ちなみに、NHKのネット配信を契約するならU-NEXTを契約した方が安いですし、コンテンツも十分なのでU-NEXTと契約する方がオススメですね!

U-NEXT