日ハム清宮の有鈎骨骨折って何・どこの怪我?治療や復帰時期はいつ頃

日ハムの清宮が右手有鈎骨骨折と診断

日ハムの清宮幸太郎選手が、都内の病院で精密検査を受けて『右手有鈎骨骨折』であることが発表されました。

 

清宮は3月3日のオープン戦での9回の4打席でスイングした際に違和感を覚え途中で交代していました。

 

日ハムとDeNAの一戦のハイライトです!

 

有鈎骨骨折って何?どこの怪我で症状は?

有鈎骨骨折と聞いて、どこやねん!という人も多いのではないでしょうか?
有鈎骨骨折は一般人には馴染みの薄い病名だと思います。

有鈎骨骨折は手の骨の骨折ですが、全体の2%と非常に稀な骨折と言われています。
さらに、その解剖学的な特徴から骨が癒合しにくいとされています。

 

有鈎骨の場所はこちら

特に野球選手の場合は、グリップが当たっている部分の怪我ですので打者に見られる傾向にあり『バッティングでの打ち損じ』で多く発症します。

有鈎骨は、尺骨神経を通すGuyon管という通り道を形成する一部であるため神経や握力に問題が出る場合もあり、非常に厄介な怪我であるとされています。

 

有鈎骨骨折の治療や復帰時期はいつ?

有鈎骨骨折は、その解剖学的な位置から骨が癒合しにくいため、基本的には手術が選択されます。

その手術でも解剖学的に有鈎骨付近は血液循環が悪いため、基本的には骨折した有鈎骨の骨片を取り出す手術が選択されます。(ただし、骨片が手の平側に近い場合)
他には、骨移植や骨接合が選択されますが、いずれにせよ有鈎骨の骨折の状態により判断されます。

[su_box title="有鈎骨骨折後の復帰のスケジュール"]・手術後の2週間は固定 ・術後2週間〜 手首の動きや筋力トレーニング開始 ・術後4週間〜 実践的な運動にシフト ・術後6〜8週間後 スポーツ復帰という流れです。[/su_box]

 

このケースは非常に経過が良好な場合ですし、骨の癒合が極端に悪い場合は手術から1年後までフォローアップされることもあるそうです。

清宮選手は年齢的にも若いので復帰も早いのではないでしょうか!

参考文献:医学論文

 

世間の声は?

過去には原辰徳や中田翔なども骨折した使いすぎで起きる骨折です
治療は保存療法と手術に別けられますが、清宮選手の今後のことも考えると手術をする方がいいかと
清宮、手首骨折!残念すぎる今年はホームラン20本行けそうだったのに。
清宮が骨折した有鈎骨(ゆうこうこつ)について。甲側から見た12番、掌側から見た6番。赤で囲った出っ張りが「鈎(かぎ)」、ここにグリップエンドからの強い衝撃がくると折れる。なんでスイングしたりファウルチップを打ったりしただけで折れるの?ってのはそういうこと。「手首骨折」は大体これ。
ファイターズ清宮幸太郎、右手首の有鈎骨を骨折。9日からの日本代表強化試合は出場辞退。チームの開幕も絶望的になりました。
清宮選手、骨折していたのか。
侍ジャパンの中でも10代で代表入りした清宮選手と村上選手は特に楽しみしていただけにとても残念です。
手首はとても大切だと思いますので、リハビリも含めてしっかりと治して欲しいと思っています。
日本ハム・清宮幸太郎選手、右手首の有鈎骨を骨折したとのこと。先日もオープン戦で特大ホームランを放ち、今シーズンの活躍を期待していただけに、とても残念ですが、まだまだ若い。前途洋々。無限の可能性があります
清宮骨折!?これは可哀想やな、、、侍ジャパンにも選ばれて、今シーズンからバリバリ活躍するぞ!と思っとったのに
清宮骨折に寄せられたバカコメント。何を見て、たるんでると判断したのかわからんし、過去の選手も現在の選手も同じく怪我することはあるし、人気になって有頂天になって、頭ぼけちゃってることは絶対にない。手首の怪我と戦いながら懸命に調整し、オープン戦で成長した守備、打撃を見せてくれた。
清宮くん、骨折だったとは…。
お大事に…。
ちなみに一昨日のホームランは、食べ物を買いにコンコースに出ていたので、ナマでは見てません(^^;
お店の横にあったビジョンで見ました(´・ω・`)
清宮骨折だったか。若いから、あんまり心配してないけど戦力的には厳しいな。去年までのレアードのような役割をしてくれると思ってたから。代わりに出場する若手が経験を積むことによる将来的な好影響を願いたい。
オリックス 西野が前に清宮と同じくスイング後に痛みがきて調べた結果、右手有鈎骨骨折 全治2ヶ月清宮も2ヶ月かかっちゃうのかなー?
清宮くん有鉤骨骨折ですか、杉谷もやったよな
侍ジャパン追加招集誰かな
清宮くん 骨折なんだね
かなり痛そうだったもんね
サムライにも選ばれたのにどれだけ 悔しいか (*>д<)
しっかりと治して帰ってくるの待ってるよ

まとめ

清宮選手の右手有鈎骨骨折についてまとめてきました。

手の骨折の全体で見ると2%しかいない有鈎骨骨折ですが、野球選手においてはファールチップなどで骨折することが多く、野球選手にとっては職業病と言ってもいい骨折です。

有鈎骨骨折は、解剖学的に治りにくい部分にあるため、現時点では復帰時期は明確には分かりませんが、早ければ2ヶ月程度とみておくといいでしょう。

 

中田翔や原辰徳など、過去にも有鈎骨骨折を発症した打者がいますが、復帰後も活躍しているので清宮選手も無事に復帰し、活躍してくれることでしょう!