スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドルトン東京学園の学費が高い!ドルトンプランのデメリットとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドルトン東京学園の学費が高い

受験生がインフルエンザを発症した場合は、振替入試をすると発表し話題になったドルトン東京学園ですが、ドルトンプランを実践するという特徴をもった学校となっています。

将来を考えると普通の学校に入学して、そのまま大学に進学するよりも、ドルトン東京学園のように思考力を鍛える教育を受けた方が子供のためだと考える親御さんは多いでしょう!

そこで、ドルトン東京学園の学費についてお伝えしていきます。

・ドルトン東京学園の学費
初年度148万円(入学金40万円)
中2は108万円
中3も108万円となっています。

同じく私立で学費が高いと言われている学校と比較してみると…

・慶応学園SFC → 115万円
・法政第二中  → 102万円
・公文国際   → 91万円となっています。

完全にドルトン東京学園の方が高いですね!

ドルトン東京学園では、最新の設備も備えられており1クラス25人体制という少人数制の授業なので、決して高すぎるという訳ではないと思います。

ドルトンプランとは?

ドルトン東京学園の名前ともなっている『ドルトン』ですが、この学園は河合塾がドルトンプランを実践するために開設した学校なのです!

ということで、ドルトンプランについて解説していきましょう。

ドルトンプランというのは、アメリカのヘレン・パーカースト女史が提案した教育方法です。
ドルトンプランでは、『自由』と『協同』という原理を重要視した教育となっており、生徒1人1人に合わせた教育をしていくという方法です!

ドルトンプランで教育を受けた子供は、自由な発想や自主性が養われつつも、コミュニティの中でも社会の一員であるという認識を持つことができます。

自由な発想で自分が学びたいことを勉強することができるという環境ですね!

日本の学校教育の無駄の権化である「先生の板書を写す」というくだらない作業をやらなくていいのは素敵です笑

ドルトンプランのデメリットとは?

約100年前に提唱されたドルトンプランですが、この内容を見る限りでは子供の個性を伸ばす非常に良い教育方法であることが分かりますよね!

ただ、ドルトンプランを見ていくとデメリットが浮かび上がってくるのも事実です。

ドルトンプランの中には『ホーム』『アサインメント』『ラボラトリー』という考え方がありますが、この中では自主性や計画性を養う『アサインメント』が非常に重要な役割を担っています。

生徒の自主性を育てていくドルトンプランでは強制力を使わないため、いかに自分で自分を制御できるか?という部分が鍵になってきます。

だからこそ、自分と契約する「アサインメント」が重要なのです!

生徒一人一人が関心を持ったものを中心として学習していくため、生徒の関心がどこにあるのか?という部分を教育者は観察していなければいけませんし、仮に関心が薄い生徒であればそれを引き出すようなコーチングをしていかなければいけません。

その関心を引き出した上で、アサインメントを交わし実行していくのです!

教員には生徒が計画通りに行動するように観察しつつ、1人1人が関心をどこに持っているのか?も確認していかなければならないという非常に難易度の高い教育が要求されるのです。

ドルトンプランの理論自体は教育を変えるような手段ですが、実際にそれを実行に移す際には教員の高いスキルが要求されるということです!

つまり、ドルトンプランのデメリットは教員のレベルが追いついていない可能性が高いということです。
いくら良い教育理論を知っていたとしても、使いこなせなければ意味がありません!

ドルトン東京学園は2019年4月より始動するため、今後の動向にも注目していきましょう!

世間の声は?

イエナプランやドルトンプラン教育を取り入れた新しい学校が続々と開校されます。特に長野県は熱い!ドルトン東京学園もとっても気になるので調べました!
キルパトリック:プロジェクトメソッド
モンテッソーリ:子どもの家
ペーターゼン:イエナプラン
パーカースト:ドルトンプラン
ウォッシュバーン:ウィネトカプラン
ブルーナー:教育の現代化
イリイチ:脱学校論
ヘレン・パーカストのドルトンプラン。
検索したら、河合塾がドルトンスクール開校してた。東京名古屋
へぇー。
今気づいた。ネッツの学習方法って完全にパーカーストのドルトンプランからきてるな……
20世紀前半にアメリカで生まれた教育方法「ドルトンプラン」。それが2019年の今、にわかに注目を浴びています。
子どもの自由と協働を重視するそのスタイルは、「答えが見えない」とされる現代だからこそ活躍しそうです。
ドルトンプランは「教える」と「学ぶ」のバランスを大切にしつつ、『子どもたちが自分の学びたいことを、自分にあった方法で学んでいく』もの。各教室の座席配置もグループワーク用になっていました。一方通行の授業はしないということですね。
ドルトンプランは魅力的だし、校舎が機能美に溢れていてカッコいい。初年度不安はありますが「賭ける価値」、アリです。
今ふと思いついたんだけどw
アクティブラーニングとか、小難しいこと言わずに、ドルトンプランでいいんじゃね?。下手に教師が苦労するより、その方が「主体的で」「対話的で」「深い学び」できるよ。大正時代(成城小学校)に戻れ!
私は新規開設のドルトン中の記事が読めたので実りあり。
ドルトンがちゃんと今行かせてる小学校がドルトンプランだった所と伝えてくれているところに感謝。
気になるな。ドルトンプラン。
しかし、提唱されたのが100年前…
日本はその間、教育環境はよくなったのだろうか?
昨日送迎に行った幼稚園がドルトンスクールという所で、そこで初めてドルトンプランというものを知りました。園舎の作りやカリキュラムがモンテッソーリに似ている部分もあるなと思ったら、マリア・モンテッソーリの協力を得て生まれたものらしく、なるほど。興味津々です。

まとめ

ドルトン東京学園についてまとめてきました。

学費は他の学校と比べて高いですが、施設設備やドルトン教育を受けられることを考えれば割高ということはありません。

しかし、ドルトンプランを実践できる教員が揃っていなければ意味がありません!
ドルトンプランのデメリットは、教員側のスキルに大きく左右されるため、スキルが高い教員を集められなければドルトンプランは成立しません。

今年から開校となっているので、今後の動きに注目していきましょう!
評判が良くなって倍率が激高になりそうな予感…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする