スポンサーリンク
スポンサーリンク

池江璃花子の白血病の種類は?辛い症状や治療法・予防策はある?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

池江璃花子が白血病を告白

競泳女子のエースである池江璃花子さんが、2月12日に自身のツイッターで白血病と診断されたと公表しました。

体調不良を訴えた合宿先のオーストラリアから緊急帰国して検査を受けていたそうです。

池江璃花子さんは東京都出身の19歳で、世界選手権に中学生として日本代表入りした期待のルーキーでした。

2018年の8〜9月のアジア大会では、日本選手史上最多の6冠に輝いていた池江璃花子選手に、まさかの『白血病』が見つかったのです。

池江璃花子の白血病の種類は?

池江璃花子さんが発症してしまった白血病ですが、大きく分けると2種類に分けることができます。

・急性白血病
がん細胞が急速に増えるという特徴を持ち、症状としては、貧血や息切れ・動悸などの症状が見られます。
・慢性白血病
ゆっくりとがん細胞が増える特徴を持ち、徐々に進行するため初期段階では自覚症状がほぼない場合が多いと言われています。

白血病は2つの種類に分けることができるのですが、池江璃花子さんのツイッターには『白血病』という記述しかないので詳細は不明です。

しかし、練習時の様子に『珍しく肩で息をしている様子が』という記述がありましたので、急性白血病ではないかと考えられます。

白血病の辛い症状や治療法は?

白血病の症状は、白血病細胞が骨髄や血液中で異常に増殖し、正常な赤血球や白血球、血小板が作られなくなることで現れてきます。

血液の成分については…
赤血球は身体の隅々まで酸素を運ぶ役割があります。
白血球は身体の免疫系に作用しています。
血小板は出血を止める役目があります。

このように、血液の成分にはそれぞれ役割があるのですが、白血病を発症するとこのような作用が正常に働かなくなります。

赤血球が減少すると息切れや動悸などが起き、白血球が減少すると免疫力が低下し感染症にかかりやすくなります。
さらには、血小板が正常に機能しないと鼻血や切り傷などの出血が止まらなかったり、アザができやすいなどの症状も見られるのです。

白血病の具体的な症状をいくつか挙げておきます。
・鼻血や歯茎からの出血
・アザ(皮下出血)
・貧血、動悸、息切れ
・発熱やだるさ
・頭痛やめまい
などが多くの症状が当てはまります。

水泳選手などのスポーツ選手にとっては、循環系と心肺系は非常に重要な要素ですので復帰できたとしてもかなりダメージを負うことになるかもしれません。

白血病の治療法や予防策は?

白血病の治療方法や予防策についてまとめていきます。

白血病は赤血球や白血球、血小板が正常に機能しないとお伝えしましたが、その原因はこれら3つの血液成分を作るのに欠かせない『造血幹細胞』が悪性腫瘍としての性格をもつ事にあります。

簡単に言うと、赤血球・白血球・血小板のどれにでもなれる機能を持っている『造血幹細胞』が正常に働けなくなってしまったということです。

具体的な治療方法としては

・分子標的治療薬
白血病の原因である遺伝子から作られる蛋白質を狙い撃ちして抑える薬です。
狙い撃ちできるので、従来の抗がん剤よりも副作用が少ない特徴があります。
・化学療法
一般的に用いられる抗がん剤を使った治療法です。
白血病細胞の黄色を抑えていき、増殖した白血球数を正常値まで下げる役割があります。
・インターフェロンα療法
人間の元々の力である免疫力を引き上げる方法です。
インターフェロンαには免疫力を活性化させる働きがあるので、その力を利用した治療法です。
造血幹細胞移植などが行えない場合に選択されます。
・造血幹細胞移植
先程説明した、造血幹細胞の正常なものを移植しようという方法です。
まずは、骨髄中の白血病細胞や造血幹細胞を死滅させてから、そこに正常な造血幹細胞を移植していく方法です。
適合するドナーの協力が必要ですが、現在では治癒の可能性がある唯一の方法となっています。

池江璃花子さんがどの治療法を選択するのかは不明ですが、造血幹細胞移植を選択するのだ妥当ではないでしょうか?

近年では、若い世代の白血病は7割以上が完治しているため、池江璃花子さんも完治を目指して治療に励んでもらいたいですね!

ちなみに、現時点では予防策は存在していないので、早期発見のための検査を受けるしか方法がないようです。

世間の声は?

・とにかく復帰を願うのみ
マスコミはしつこくしないでそっと見守ってほしい
・まずは池江さんが選手として再帰できることを祈るのみ
東京五輪に出たいのは本人が一番そう思ってるし、触れないように配慮しないと!
マスコミがいちいち東京五輪が〜とかは聞くな
・マジか!?なんでこんな才能と努力の塊の選手に。。。
余計に応援したくなりました!
・発見が早かったんだから大丈夫ですよ。復帰出来るまで頑張って治療して下さい。
・東京はともかくその次もあるからまずは選手として競技復帰できるようことを祈るのみです
・マスコミは、池江サイドからの発表以外余計な事はしないように
・骨髄バンクに登録しましょう。
治る確率が上がります。
さらに万一急性発症したら一刻を争う事態になります。
・現時点で言える事は早期発見出来た事は良かったという事。どのレベルでの治療となるかは分からないがまずはしっかり快癒して欲しい。個人的には医学的治療と共に神社参拝などもお勧め。

まとめ

池江璃花子さんの白血病公表についてまとめてきました。

最近では、有名人のがんや病気告白が非常に多くなってきた印象を受けます。
池江璃花子さんは、まだ19歳ですし競泳界の未来を背負って活躍するような選手ですから、白血病をきちんと完治させて競技に復帰するところが見たいですね!

最後に、池江璃花子さんのコメントを掲載しておきます。

「応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。

日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。

この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。

私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。

ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。

今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。

池江璃花子」
引用:本人ツイッターより。

19歳とは思えないほどしっかりしていますね!

頑張れ!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする