スポンサーリンク
スポンサーリンク

セブン・ファミマ・ローソンの炎上バイトテロたちの今後の対応は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【動画】セブン・ファミマ・ローソンの炎上バイトテロ

すき家、くら寿司から始まり、大手コンビニチェーンへと波及していった今回の炎上動画ですが、もう一度動画をおさらいしましょう!

・セブンの白滝よりもパンケーキ食べたい少年

・ファミマの商品ペロペロ男

・ファミマのつくね可愛いコロコロ女

・ローソンの商品叩きつけ男

なかなかにクレイジーな集まりですねw
彼らに共通することは、インスタのストーリーを利用しているということです。
ローソンに関しては、tiktokのようですが。

インスタのストーリーは1日経つと自然と消えてしまうので、他のユーザーからは見れなくなるという特性があります。

消えてしまうという機能から、彼らは「少しくらい大丈夫だろう」「ネタになるだろう」という緩い考えでSNSに動画をアップしているのでしょう!

それがどれだけ愚かな選択なのかも知らずに…

セブン・ファミマ・ローソンの炎上バイトテロたちの今後の対応は?

炎上動画でバイトテロを起こしたアルバイトへの正式な対応は公開されていませんが、セブンでは法的な措置を取ることが検討されているという情報が入ってきています。

くら寿司が率先して、バイトテロを起こしたスタッフに対して法的処置を行うことを発表したおかげで後に続く企業も訴訟を起こしやすくなったのではないでしょうか?

くら寿司さまさまですね!
今までであれば、バイトの炎上動画により被害を受けた企業は責任を負って泣き寝入りのような形になっていました。

今回のくら寿司の英断によって、企業側もバイトを訴えるという手段が使えるようになったのは大きいでしょう。

株価だけで考えても、かなりの損失を受けていますから。


しかし、今回の件でバイトを訴えることが慣習化されてしまうと、企業側が起こした不正などを非正規雇用であるバイト1人の責任になすりつけて断罪するという行為が起きないとも限りません。

アホなバイトから企業を守るための英断だったはずの、バイトへの法的措置が企業の黒い活動の隠れ蓑になってしまうという可能性が十分にあるということを考えておかなければいけません。

そのためには、バイトの権利を守るようなしっかりとした労働組合などが必要なのかもしれません。

今後の働き方としては、複業の1つとしてバイトを選択する人が増えていくことが考えられます。

より一層、企業で働く非正規雇用が増加することで企業の在り方が問われてくる時期になっていくのかもしれませんね!

まとめ

たった数日の間に立て続けに明らかになったバカスタグラムたち。

炎上させた本人たちは、まさか自分がこんな炎上騒ぎを起こすなんて!と思っているの違いありません。

ネットという環境が身近であるがゆえに、怖さをしっかりと理解していないというITリテラシーの低さが大きな問題となっているように感じます。

そもそも真面目に働けってことですがw

今後の企業は、今以上に従業員のSNS関係に対策をする必要がありますね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする